VIO脱毛 不安・疑問

VIO脱毛は痛い?痛くない?痛みを抑える方法とオススメの脱毛方法をチェックしよう!

更新日:

VIO脱毛は今や女性にとっては当たり前のケアになりつつあります。カミソリなどでの自己処理だと色素沈着して黒ずんでしまったり、生えかけの状態はみっともない…といった理由からサロンやクリニックでのVIO脱毛を検討している方も増えています。

実際にサロンやクリニックでVIOは人気の部位でお得に脱毛できるコースを用意しているところも多いです。

そこで最も気になるのは、VIO脱毛の痛みについて。

ネットで調べると「VIOのサロン・クリニック脱毛は痛い」という口コミや体験談ばかり出てくるので「痛いのならやりたくないな…」と思っている方も多いでしょう。

ですが一方で「そこまで痛くなかった」「全然平気」という声もあります。

実際のところは痛いのか、痛くないのか…。今回はそんな疑問を解消するために、VIO脱毛の痛みに関して徹底的に調査しました!

今回のテーマ

VIO脱毛は痛いのか痛くないのか、実際のところが知りたい!痛みを感じずにVIO脱毛をする方法はあるの?その方法は?

VIO脱毛は痛い?痛くない?

VIO脱毛は痛い?
様々な口コミやネットの体験談、Twitterなどを調べてみましたが、正直なところVIO脱毛の痛みに関する意見は本当に様々で、その数も半々くらいであるといえます。実際のTwitterでの口コミを見てみましょう。

VIO脱毛は痛いという意見

痛くないという意見

他にも似たような意見が様々ありました。人によって意見は本当に分れます。

これは痛みに対する体制や出力の高さ、毛の太さや濃さなどによって感じる痛みが違うからだと考えられます。

一般的には医療脱毛より光脱毛の方が痛みが少ないと言われていますが、医療脱毛でも痛くなかったという人もいますし、光脱毛でも痛かったという意見もあります。

人によって意見が全く違うので、ここでVIO脱毛は痛い・痛くないという結論を出すことはできません。

では、なぜここまで差が出るのか、そもそもVIO脱毛が痛いと言われている理由や原因について解説しつつ、その理由について掘り下げていきましょう!

VIO脱毛が痛いと言われる理由

VIO脱毛で痛いと感じる人がいるのはなぜ?
どうしてVIO脱毛は他の部位の脱毛よりも痛いと言われるの?

こういった疑問を持っている方も多いと思います。VIO脱毛が痛いと言われている理由としては以下のようなものが挙げられます。

VIO脱毛が痛い理由

  • 皮膚が他の部分よりもデリケートで痛みを感じやすい
  • 毛が密集しているため痛みを感じやすい
  • 毛が他の部位よりも濃いため、熱が強く伝わり痛みを感じやすい

これらの特徴はほとんどの人に当てはまります。もちろん毛の濃さなどには個人差がありますが、他の部分よりも濃い、毛が密集しているといった特徴は共通しています。

全身の中でも一番痛いという意見が多い

VIO脱毛は全身脱毛をした人などに意見を聞いても、「一番痛かった」という声が多い部分です。上記のような理由があるのでそのような意見を持つ方が多いのも仕方がありません。

中でも最も粘膜に近く皮膚がデリケートなIラインは特に痛みを強く感じる人が多いです。逆にVライン・Oラインは「慣れれば平気」「そこまで痛くなかった」という方も少なくありません。

他の部位と比較するとどのくらい痛いの?

痛みのレベルを5段階で評価すると、当サイトでは以下のようにご紹介しています。

脱毛箇所 痛みレベル 麻酔使用状況
VIO ★★★★☆ 40%
ワキ ★☆☆☆☆ 0%
★★☆☆☆ 5%
★★☆☆☆ 5%

脱毛経験者の多いワキと比べると圧倒的に痛みが強いということが解ります。ワキ脱毛をしたことがある方は、それよりもはるかに痛い可能性がある…と思っておいた方がいいでしょう。

痛いのは最初だけ?段々痛みは少なくなってくる

脱毛は上記でもご紹介したように、毛が濃かったり密集していると痛みが増す傾向にあります。そのため回数を繰り返す中で脱毛効果が出てきて毛が薄くなってきたり少なくなってくると感じる痛みが小さくなってきます。

実際に、VIO脱毛でも「3回目以降はだいぶ痛みがなくなってきた」「毛が薄くなってきたから痛みがあまりなかった」といった声もよく見られます。

効果がちゃんと出ていれば痛みは和らいでいくと思っておいていいでしょう。特に医療脱毛の場合は1回あたりの効果が高いので2回目・3回目から痛みの軽減を実感できる方も多いです。

VIO脱毛の痛みを抑える方法

上記でご紹介したような痛いと言われてしまう理由は、どうしても避けられないもの。ですができるだけ痛みを抑える方法はあります。

その方法を知ってしっかり予防していれば、VIO脱毛で感じる痛みを抑えることができて、快適に脱毛をすることが可能です。

具体的に痛みを軽減させる方法をご紹介します。

保湿をしっかり行う

デリケートゾーンの皮膚は乾燥しやすい部分です。ちゃんとケアをしないとすぐに乾燥してよりダメージを受けやすくなってしまいます。顔や身体と同じように、保湿をしっかり行うことが重要になります。

ですが、脱毛の施術直前に保湿クリームなどを塗るというケア方法はNGです。毛穴をふさいでしまって効果が出なかったり、火傷の原因になってしまう可能性があるのでやめましょう。

だからこそ、普段から乾燥しづらい状態になるように保湿ケアを行うことが重要になります。

VIOの保湿はできれば専用のデリケートゾーン用保湿クリームなどを使ったケアがオススメです。顔や身体用のものだと合わない可能性があるので注意しておきましょう。

デリケートゾーン専用の保湿クリームをわざわざ購入するのはちょっと…。と考えている方はワセリンや馬油といった添加物が少ない保湿剤をお風呂上りなどの清潔な状態の時に塗ってケアしましょう。

デリケートゾーンの皮膚が弱くなっている時を避ける

生理前や生理直後は皮膚が敏感になっていて、感じる痛みが強くなる可能性があります。そのため生理前後はできるだけ脱毛を避けておいた方がいいでしょう。

できれば生理の前後5日は脱毛を避けたほうがいいと言われていますが、それだとどうしても予約が取れる期間が短くなってしまうので、予約が混み合うサロンやクリニックだと難しいケースもあるでしょう。

そのため「3日前後は避ける」ということを目安に予約を取るようにすることをオススメします。

また、体調が悪いときも皮膚がデリケートになっているので痛みを感じやすい可能性があります。予約日が近くなったのに体調がすぐれない…という場合は無理をせずに予約変更の手続きを行いましょう。

サロンやクリニックによってはちゃんと連絡すればキャンセル料やペナルティ無しで予約変更できる場合もあります。以下の記事では大手サロン・クリニックの予約について詳しく解説していますのでチェックしてみてくださいね。

脱毛予約のキャンセルについて
脱毛の予約を忘れてた!変更やキャンセルの方法は?遅刻したらどうなる?サロンやクリニックの仕組みを徹底解説!

「脱毛の予約をしていたのに、忘れてしまった!」 実は、こういったことは少なくないんです。 あ、だめだ脱毛の予約してたの忘れてた — 陸平 (@okahira_2b) 2017年7月9日 今日脱毛予約し ...

麻酔を使って痛みを軽減させる

VIOの脱毛は、麻酔を使うことで痛みを軽減させることが可能です。麻酔と言っても完全に痛みを無くす麻酔薬を注射するものではありません。脱毛の際に使われる麻酔には2種類のものがあります。

脱毛で使われる麻酔の種類

  • 麻酔クリーム…塗るタイプの麻酔 30分から1時間で皮膚に与えられる刺激を抑える
  • 笑気麻酔…ガスを吸ってお酒に酔ったような感覚になり、痛みを感じにくくなる

基本的に脱毛で麻酔を使う人は少ないのですが、VIOだけは念のため麻酔をお願いしているという方や、一度VIO脱毛をしたけれど痛みに耐えられなかったので麻酔をすることに決めたという方もいます。

麻酔を使うとかなり痛みが軽減された!という声も多いので気になる方は使ってみましょう。有料オプションですが数千円で使えるので比較的手軽に使えます。

注意しておきたいのは、麻酔が使えるのはクリニックのみという点です。麻酔は医療行為なので病院ではないサロンでは使えません。

麻酔が使えるクリニックの中でもオススメの大手クリニックを以下でご紹介します。

麻酔が使える大手クリニック

痛みが少ない脱毛機器を選ぶ

最初から痛みが少ないと言われている脱毛機器を選ぶという方法もオススメです。「蓄熱式」と呼ばれるタイプの脱毛機器は痛みややけどのリスクが少ないと言われています。

一般的な脱毛機器はショット式と呼ばれるもので、高熱を1点に集中させて照射して毛の細胞を破壊します。一方蓄熱式は温度の低い熱をじわじわと照射させて毛の細胞や毛の種と呼ばれる部分を破壊します。照射されるレーザーの温度や感じ方が違うので痛みが弱く、敏感肌や痛みに弱い方には適した脱毛機器となっています。

蓄熱式の脱毛機器としては以下の機器があります。

・ハイパースキンカレン…一部の脱毛サロンで使用されている
・メディオスター…一部の脱毛クリニックで使用されている

以下のリンクでも蓄熱式の脱毛機器について詳しくご紹介していますので気になる方はチェックしてみましょう。

バルジ領域について
バルジ領域の全てを解説!痛みの少ない脱毛方法の効果や機器の違い・仕組みを詳しく紹介

一般的なレーザー脱毛機器は毛の黒い色に反応して毛そのものや毛の根元を破壊するという方法で行われます。 しかしこの方法とは違ったバルジ領域という部分をターゲットにした脱毛が可能なレーザー脱毛機器が注目さ ...

ただしバルジ領域を狙った蓄熱式脱毛機器には効果が実感しづらい、効果が出るまでに時間がかかってしまうといったデメリットもあります。

効果がすぐに現れるショット式の脱毛機器の中では冷却機能があるライトシェアデュエットという脱毛機器も比較的痛みが少ない機器だと言われています。

ただし複数の脱毛機器を取り扱っていても、自分では脱毛機器が選べないサロンやクリニックもあります。例えばリゼクリニックは3種類の脱毛機器を取り扱っていますが、VIO脱毛では蓄熱式の脱毛機器は選べません。医師の指示などがあり必要な場合に限り機器の変更が行われます。このように自分では選択できないケースも多いので注意しておきましょう。

VIO脱毛の痛みへの対処法が充実しているおすすめサロン・クリニック

各サロンやクリニックではそれぞれVIO脱毛の際に痛みが軽減されるように工夫をしているケースがあります。以下でVIO脱毛での痛み軽減の努力をしていると人気のサロン・クリニックをご紹介します。

湘南美容クリニック

湘南美容
医療脱毛は痛みが強いと言われていますが、湘南美容クリニックは脱毛を行う医療クリニックの中でも症例数が非常に多くベテランのスタッフも多いので安心して脱毛ができます。

VIO脱毛はまずどんな痛みなのか試してみたいという方のために14,580円のお試しコースがあります。他のクリニックでVIOのお試しコースを用意しているところはありません。

また、カウンセリングの際にテスト照射としてVIOのテストが出来るケースがあります。(照射する部屋が空いているかどうかによっても変わりますし、院によって対応は少し違うようです)

痛みに不安があり、一度試してみたいと考えている方には特におすすめできるクリニックです。

ディオーネ

ディオーネ
「敏感肌専門サロン」として痛くない脱毛を行っている脱毛サロンです。蓄熱式のハイパースキンカレンという脱毛機器を使っていて痛みの少なさには定評があります。

「痛みに弱いため、痛くない脱毛サロンを探してディオーネにたどり着いた」という方も多いです。

ハイパースキンカレンは効果の表れ方が他の脱毛機器とは違っているので、他の部位は別のサロンで行い、痛みが特に気になるVIOだけはディオーネにするという方もいるので気になる方はチェックしてみましょう。

VIO脱毛のお試しコース・テスト照射をやってみよう

以下のサロン・クリニックではVIO脱毛のお試しコースやテスト照射を行うことが可能です。

どうしても痛みへの不安があり、「いきなり契約するのはちょっと怖い…」という場合は一回試してみることをオススメします。

VIOお試し・テスト可能な脱毛機関

まとめ:VIO脱毛の痛みは軽減させる方法があるから心配する必要なし!

VIO脱毛は痛みが強いと言われていますが、色々な痛み軽減方法を実践することで抑えることができます。そこまで心配する必要はありません。

保湿や脱毛するタイミングを調節するといったことは簡単にできるのでぜひ実践してみましょう。

麻酔は追加料金がかかりますが、他の方法よりも痛みを軽減させられる可能性が高いのでオススメです。

麻酔を使いたい方は医療脱毛ができる脱毛クリニックを選ぶといいでしょう。

今回のまとめ

VIO脱毛の痛みは軽減させられる

  • 麻酔を使えばかなり痛みは抑えられる
  • 保湿などのケアでも痛みは軽減できる
  • 痛みを感じにくい蓄熱式の脱毛機器もある
  • 不安ならVIO脱毛のお試しやテストをしてみましょう

-VIO脱毛, 不安・疑問
-,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.