VIO脱毛 不安・疑問

VIO脱毛で黒ずみを解消したい!黒ずみを薄くする脱毛方法やケア方法をご紹介!

投稿日:

VIOは下着や自己処理などの摩擦で黒ずみが起きやすい場所だと言われています。

普段は毛におおわれていてよく見えないという方も多いと思います。ですが「Vラインをちょっと剃ったら思ったより黒ずんでいて驚いた」ということはありませんか?

実は、VIOの黒ずみは目立っていなくても自己処理を繰り返していると黒ずみがどんどん悪化してしまう可能性があるんです。

そこでオススメしたいのがVIO脱毛。脱毛サロンやクリニックで脱毛してしまえば毛がなくなって水着や下着からはみ出ることが無くなるのはもちろん、黒ずみの解消まで期待できるんです。

今回は以下のテーマに沿ってVIO脱毛と黒ずみについて解説していきます。

今回のテーマ

VIO脱毛をすれば黒ずみは改善されるの?ケア方法や黒ずみが気になる人向けのサロン・クリニックが知りたい!

ネットでは「VIO脱毛をすると黒ずみが目立つ」といった意見もありますがこれは「VIO脱毛が原因で黒ずみが悪化してしまう」ということではありません。この噂に関しても詳しく解説していきます。

黒ずみが気になっていてVIO脱毛を検討中だという方も参考にしてみてください。

VIO脱毛をは黒ずみを薄くするための近道

VIO脱毛は黒ずみを薄くすることに繋がります。なぜVIO脱毛をすることで黒ずみが薄くなるのかその理由についてご紹介します。

カミソリによるシェービングは皮膚の黒ずみを引き起こす

VIOの黒ずみの原因のほとんどは摩擦です。中でもカミソリによる自己処理の摩擦は肌へのダメージが大きく、黒ずみを悪化させてしまいます。

VIOのみだけではなく、脇などどの部分であってもカミソリでシェービングを行うと色素沈着による黒ずみを招いてしまいます。VIOはその中でも特に皮膚が薄く色素沈着しやすいので黒ずみやすい場所であるといえます。

かゆみで掻いてしまうのも黒ずみの原因に

VIOは毛が多いと蒸れやすく、かゆみが発生しやすい場所でもあります。かゆみが発生してその部分を掻いてしまうと肌の表面にダメージが残り、色素沈着してしまいます。

毛がなければ蒸れにくいのですが、ここでカミソリによる自己処理をすると逆効果になってしまいます。

カミソリによるダメージも起きてしまいますし、カミソリでの自己処理はしばらくすると短い毛が生えてきて毛の先端が肌にダメージを与えたり、激しいかゆみを引き起こしてしまいます。

陰部なのでどうしても蒸れやすくかゆみも発生しやすいのですがくれぐれも掻きむしって摩擦を起こさないように注意しましょう。

セルフ脱毛で黒ずみを悪化させる前に速くVIO脱毛をしましょう

VIOの黒ずみを改善するには以下の2つを極力なくすことが大切です。

・カミソリによる皮膚へのダメージ
・かゆみによる皮膚へのダメージ

そのためにはVIO脱毛をして<自己処理が不要な状態>にすることが一番の近道となります。

脱毛して毛が無くなってしまえば、カミソリで肌を傷つけて黒ずみを起こすことが無くなりますし、かゆみも起きづらくなるのでVIOにかかるダメージが最小限に抑えられます。

VIO脱毛の際にハイジニーナにすると黒ずみが目立つ?!

VIO脱毛をすることで黒ずみの解消につながるとご紹介しましたが、中には「VIO脱毛すると黒ずみが目立つ」という声もあります。

これは「VIO脱毛をすることで黒ずみが悪化する」ということではありません。原因は毛が無くなって皮膚が露出すること。

今まで毛に隠れて見えていなかった部分が実は黒ずんでいただけであって、VIO脱毛が黒ずみを引き起こすということはありません。

日本人の中にはVIOを自己処理したことが無いという方もいます。そういった方の多くは自分のVIOをちゃんと見た経験も少ないでしょう。

そのため脱毛前のシェービングの際に初めて自分のVIOをちゃんと見て「こんなに黒ずんでいたの?!」と驚いてしまうことも少なくはないようです。

脱毛完了時には黒ずみが薄くなるというケースもある

最初は慣れないかもしれませんが、脱毛が終わるころには自分のVIOにも見慣れて黒ずみが気にならなくなるケースも多いといいます。

IOをし始め 剃った後は今まで毛で隠れた皮膚の黒さにビックリした物です…
でもこれは個人差もあるでしょうが エステの方によると皆黒ずんでいるようです。
最初はビックリしますが脱毛し終る頃にはビックリもしなくなります。
引用元:Yahoo!知恵袋

また、医療脱毛を繰り返し行うことで黒ずみが薄くなり気にならなくなったという声もあります。

私自身少し黒ずんでいましたが
通院していくうちに薄くなりました医療レーザー以外の治療法では
脱毛効果も良くなく黒ずみは変わらなかったので医療レーザーでの処理をおすすめします
引用元:Yahoo!知恵袋

黒いVIOゾーンが気になるなら脱毛方法を工夫しよう

ハイジニーナと呼ばれる全部をツルツルにする脱毛方法だと、どうしても黒ずみが目立ってしまいます。そこでオススメしたいのがVゾーンを残すという脱毛方法です。

多くのサロン・クリニックでは希望の形のVゾーンの毛を残して脱毛することが可能です。

いきなりハイジニーナにするのは抵抗があるという女性も多いためVIO脱毛では逆三角・オーバルといった形に毛を残して脱毛するのが一般的です。

【気になるVIO脱毛の形】人気の形や毛量や範囲について正しく知って理想の形に仕上げよう!

VIO脱毛をするにあたって決めなければならないのが、VIOの形。色々なデザインがありますし、毛の量や形は自由自在な分、どうすればいいのか解らない!と悩んでいる方も多いです。 VIOの形をどうするのかは ...

続きを見る

Vゾーンは脱いだ時にも前面から見える部分なのでどうしても黒ずみが目立って気になる部分です。

毛をある程度薄くするだけにしたり、形を整えて残すという方法で脱毛すれば黒ずみもそこまで気にならなくなるでしょう。水着や下着からはみでないくらいに整えるのが一般的です。

ただしIOラインは残すメリットが無いので全部ツルツルにするのが基本です。衛生面から考えても薄くするだけではあまり意味がありません。IラインとOラインだけは黒ずみが気になっていてもツルツルにすることをオススメします。

脱毛後に黒ずみを消したいと感じたら、黒ずみ解消のケアを!

そこまで黒ずみが酷くないという場合は、脱毛が終われば見慣れてきますし、黒ずみもある程度改善される可能性が高いのでそこまで心配することはないでしょう。

もし脱毛が完了した後にも黒ずみが気になる…という場合は脱毛とは別に黒ずみのケアを行うことをオススメします。以下でVIO脱毛後に黒ずみが気になった人のためのケア方法をご紹介します。

VIO脱毛後の黒ずみをきれいにする方法

脱毛が完了した後も黒ずみが気になるという場合は以下のような方法で色素沈着を薄くするケアを行うことをオススメします。

特にVIOの黒ずみは男性ウケを気にしてしまう部分なので、ちゃんとケアをしておきたい!という方も多いでしょう。脱毛をして毛もキレイにしたら黒ずみも治してより美しいVIOを目指しましょう!

脱毛が完了していれば毛が邪魔になることもないので、クリームなどでのケアも行いやすいです。

黒ずみ改善クリームを使う

デリケートゾーンの黒ずみを改善する専用のクリームというものがあります。いくつか種類があるので価格や成分などを見て自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

後述しますが、サロンやクリニックでは黒ずみ改善のクリームを一緒に販売しているところもあります。

下着をきつくないものに変える

下着による摩擦は、自己処理の次に黒ずみの大きな原因となってしまいます。きつい下着だとVラインを締め付けて黒ずみが悪化してしまうので、きちんとフィットするものに変えましょう。

素材もできるだけ摩擦が起きづらい肌に優しいものを選ぶといいですね。

サロン・クリニックによっては黒ずみケアを同時に行える

サロンやクリニックでは黒ずみをケアする美白クリームなどを販売しているところもあります。特にクリニックでは医療用のクリームを販売してくれるケースも多いです。

医療用のクリームは効果が高いものが多いのですが、医師が診断しなければ処方できないものなので、クリニックなどの医療機関でしか購入できません。

また、サロンではボディトリートメントコースとして黒ずみ改善の別コースがあり、それを一緒に受けるということも可能です。

黒ずみケアも同時にやっておきたいと考えるなら、黒ずみケア対策ができるサロンやクリニックを選ぶといいでしょう。以下でオススメのサロンやクリニックをご紹介します。

黒ずみが気になる方のためのVIO脱毛サロン・クリニックの選び方

VIO脱毛をして黒ずみが気になってしまった場合、脱毛後または同時にケアができるサロン・クリニックを選びましょう。

どこを選べばいいのか、サロンやクリニックの特徴ごとにオススメしていきます。

黒ずみに効果のあるクリーム・薬を処方してもらえるクリニック

クリニックによっても違いはあるものの、基本的には美容皮膚科・美容外科では病院でしか処方できない効果が高く肌の漂白剤と言われている「ハイドロキノン」や「トレチノイン」と呼ばれるシミや黒ずみに高い効果のあるクリームを処方してくれます。

市販のハイドロキノンは含有量が制限されているのであまり多く配合させることができず、効果があまり実感できないというケースもあります。

ですが病院で処方されるハイドロキノンは含有量を多くできるのでその分効果が高まります。

その分副作用(ヒリヒリする、一時的に赤みが出るなど)も強く出る可能性があるので注意する必要はあるものの、より効果的なケアを希望する方は医療脱毛でハイドロキノンなどを処方してもらうことをオススメします。

湘南美容クリニック

湘南美容

湘南美容クリニックではハイドロキノンを5g7,020円で処方してもらえます。他にもシミや黒ずみに効果のある薬を自分に合わせて処方してもらうことが可能です。

また、ホスピピュアという湘南美容クリニックが共同開発している専用クリームを勧められることもあります。

こちらは価格が手ごろでネットでも購入できるものです。デリケートゾーンの黒ずみにも使えます。効果も高く人気があるのでオススメです。

湘南美容外科ではクリニックで唯一VIOのトライアルコースが用意されています。クリニックは高くてちょっと…と感じている方にもオススメできる低価格なのでチェックしてみましょう!

黒ずみ対策のコースのあるサロン

ボディケアとして黒ずみケアができるコースを用意しているサロンを選ぶという方法もあります。

ただし、こういったサロンのコースは価格が高いので、予算が少ない人にはあまりオススメできません。

TBC

ボディトリートメントとしてワキ・ビキニラインのくすみ取りコースがあります。会員になれば6,180円で受けることができます。

1回ではあまり高い効果は得られないかもしれませんが、薬などを使うのに抵抗がある方にはこちらがオススメです。

TBCでは6,000円のVIOのお試しコースも用意されています。サロンでのVIO脱毛を検討している方は一度試してみて、カウンセリングの際にエステの内容について聞いてみるのもいいでしょう。

アフターケアが充実しているサロン・クリニック

「薬による治療や、クリームを塗ったりエステを受けるほどではないけれど黒ずみは気になる」という方には、アフターケアで使うローションにこだわっているサロンがオススメです。

ミュゼプラチナム

ミュゼの10月のキャンペーン

アフターケアに使われているローションはプラセンタエキスが配合されているミルクローションです。美肌効果が期待できると掲載されています。

プラセンタは美白有効成分としても認められていて、配合量が多くなければそこまで高い美白効果を得ることはできませんが、黒ずみに対する効果を期待してもいいでしょう。

ミュゼは1,000円以下でワキとVラインが脱毛できるお試しコースもあります。人気が高く低価格で脱毛できるのでVIO脱毛を検討していて「まずは試してみたい」と考えている方には特にオススメのサロンです。

まとめ:VIOの黒ずみを改善したいなら同時にケアできる脱毛機関がオススメ

VIO全体があらわになると、思ったより黒ずんでいてびっくりしてしまう人も多いです。

しかしVゾーンやIOラインはほとんどの人がある程度は色素沈着しているもの。あまり気にする必要はないかもしれません。

自己処理で黒ずみが悪化している場合は、一刻も早くカミソリでのシェービングをやめてVIO脱毛したほうがいいでしょう。黒ずみをこれ以上悪化させないことが大切です。

色素沈着することが無くなれば、次第に黒ずみもなくなっていきます。

「脱毛後に黒ずみが気になってしまうかも…」と不安に感じるなら黒ずみケアも一緒に出来るサロンやクリニックを選びましょう。

特にクリニックは市販のものを使うよりも適切な処置をしてくれるケースが多いです。今回ご紹介した湘南美容クリニックは特にオススメなので参考にしてみてください。

黒ずみはVIOだけではなく、カミソリで自己処理している部分すべてに起こるものです。ワキも特に黒ずみが気になる部分で、シェービングを繰り返すと黒ずみは悪化してしまいます。

黒ずみが気になるならVIO脱毛ではなく全身脱毛してしまったほうがいいというケースも多いです。

特に以下の全身脱毛はオススメなので、全身脱毛が気になる方はチェックしておきましょう

全身脱毛でおすすめのクリニック

  • 湘南美容クリニック…前述したように黒ずみケア専用クリームも用意されている。全体的に価格も安くて店舗数も多いので人気が高い
  • アリシアクリニック…医療機関でしか取り扱えないHQクリームというものをVIOの黒ずみが気になる人にオススメしてくれることもあります。全身コースもコスパが高く早く脱毛が完了する「スピードコース」などもあり、人気です。
今回のまとめ

VIOの黒ずみは脱毛と同時にケアしましょう!

  • 黒ずみが濃い、絶対に薄くしたい人はクリニックで効果の高いクリームを処方してもらおう
  • そこまで黒ずみが濃くないならエステコースがあったりローションにこだわっているサロンを選ぼう
  • 他の部分の黒ずみも気になるなら全身脱毛も検討してみよう

-VIO脱毛, 不安・疑問
-, ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.