足脱毛

足・ひざ下・太ももの医療レーザー脱毛のおすすめクリニック、基礎知識と注意点

更新日:

この数年で医療レーザー脱毛の費用が随分と安くなり、太ももや膝下といった、広い範囲のレーザー脱毛もお手頃な料金で受けれるようになりました。自己処理が大変な足全体の脱毛を医療レーザーでやってしまおうとお考えの方も多いのではないでしょうか?

しかし、気になるのは医療レーザー脱毛の痛みや料金についてです。また副作用や肌トラブルへの対応などにも疑問があるかもしれません。

今回は、足をレーザー脱毛する際に覚えておきたい、基礎知識や注意点を解説します。施術前に不安を感じる部分をまとめていきます。

足の医療レーザー脱毛、痛みと効果について

医療レーザー脱毛で不安なのは、やはり痛みですよね。エステやサロンで行われている光脱毛は、脱毛機器の性質上痛みがかなり軽減されるようになりました。

足脱毛

腕や足ならほぼ無痛でできるということも珍しくありません。エステサロンは効果は弱いが、痛みも少ないというのが特徴です。

一方、医療レーザー脱毛は、まだまだ「痛みが強くて脱毛を途中で断念した」「歯を食いしばって痛みに耐えたけれど、あぶら汗がでて大変だった」といった口コミや経験談が散見されますが実情はどうなのでしょうか?

結論からいえば、レーザー脱毛は効果が出やすい分、ある程度の痛みも伴いますが足脱毛においてはそれほど心配しなくても大丈夫です。ただレーザー脱毛の痛みの感じ方には個人差があり、使用するマシンやレーザー照射を受ける部位によっても痛みも異なります。

また、レーザー照射機器の種類や出力、担当する医療従事者の技術レベル、施術を受ける方の体質や肌質、健康状態などによっても痛みの度合いが変わってきます。

つまり、個人の感覚やどの機器で脱毛するかによって痛みの程度は変わってきます。人によって耐えがたい痛みが生じる可能性がある一方、痛みをあまり感じないケースもある、というわけです。

そのため、大切なのは痛みの程度をあらかじめ知っておき、

  • 施術する部位は痛みが出やすい部分か
  • 使用する脱毛機器は痛みが出やすいマシンか
  • 麻酔などの処置で痛みを軽減できるか

といった点を、カウンセリング時にもしっかりと確認することとなります。

そこでレーザーの種類や機器による痛みの出方や、痛みを感じやすい部位の特徴をまとめておきます。

レーザーの種類と特徴

ダイオードレーザー

現在、脱毛で最も多く採用されているレーザー。痛みが少なく、膝や太ももなどの細く薄い毛もある程度脱毛できます。

ダイオードレーザー

代表的な医療用脱毛器
メディオスターNeXT
ライトシェアデュエット

*画像はライトシェアデュエット

アリシアクリニック、リゼクリニック、新宿クレアクリニックで使われています。

ロングパルスヤグレーザー

肌のトーンレベルに関わらず脱毛ができるのが特徴。ただし、産毛には効果が低く、痛みは3つのレーザーの中で一番出やすいとされています。

ヤグ(YAG)レーザー

代表的な医療用脱毛器
ジェントルYAG

リゼクリニックで使用されています。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトという宝石を使用してレーザーを照射します。脱毛だけでなく、難治性のニキビ治療や美顔などに用いられることも多いです。痛みはダイオードレーザーよりも強いです。

アレキサンドライトレーザー

代表的な医療用脱毛器
Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー
ジェントルレーズなど

湘南美容外科で使われています。

ポイント

レーザーの特徴からいえば、YAGレーザーが一番痛みを感じやすいということになるのですが、実際には、レーザー脱毛器に発生する熱を緩和する「冷却装置」が搭載されているかどうかによって、痛みの出方が大きくことなると言われています。カウンセリングで質問する場合は、レーザーの種類だけでなく、使用されている機器や冷却装置の有無なども確認しておくとよいでしょう。

痛みが出やすい部位の特徴

  • 色素沈着がおきている
  • 太く濃い硬毛が密集して生えている
  • 粘膜に近い
  • 皮膚が薄く、皮膚の直下に骨がある
  • 産毛のような細く色素の薄い毛が多い(※)

※メラニン色素が薄くレーザーの出力を上げるため

足に限れば、骨に近い膝の周辺や産毛の多い太ももなどが該当すると言えそうですね。また、膝下の体毛が濃い場合も注意が必要かもしれません。これらの部位の脱毛を希望する場合は、痛みの出方や対策について事前確認しておきましょう!

「太もも」「膝下」「脚」キレイになるまでの回数や料金は?

足、膝下はどのくらいの回数でキレイになる?

医療レーザーは、一般的に光脱毛の半分程度の回数で脱毛が完了するとされています。これは、医療用レーザー照射機器の出力が、光脱毛の業務用脱毛器の出力よりも高いことに関係しています。

では、具体的にどの程度の回数でキレイになるのか?今回、インターネット上の体験談や口コミなどを200ほどサンプルとして収集・調査したところ、以下ような結果になりました。

  • 脱毛効果を実感するまでの回数は3~4回
  • 自己処理が必要ないほどキレイになる脱毛完了までの回数は5~6回

もちろん、施術を受ける人の毛質や肌質、体質などによってキレイになるまでの回数は異なります。しかし少し余裕を考えてキレイになるまでには5~6回というのが一般的な目安として覚えておきましょう。

また、施術や契約前に行われるカウンセリングでは、医師やカウンセラーが肌質や毛質などを見ながら、施術完了までにかかるおおよその回数や時間を判断してくれます。

脱毛を受ける医療機関やクリニックを比較検討する場合は、とりあえず脱毛完了までの回数を5~6回に設定して、料金を比べましょう。

レーザー脱毛で脚の脱毛をすると、料金はどのくらいかかる?

医療レーザー脱毛は1回あたりの料金が光脱毛よりも高いため、申込みに躊躇してしまう方も多いと思います。

しかし、レーザー脱毛にかかる費用は各クリニックや医療機関独自で設定できるため、近年料金相場はかなり落ちてきています。脱毛業界が価格競争の時代に入っていることが、医療レーザーにも影響を与えているんですね。

では、脚をレーザー脱毛した場合の料金は実際どのくらいかかるのでしょうか?実績・人気共に上位にある5つのクリニックを比較してみましょう。

人気レーザー脱毛クリニックの「脚・足」の料金プラン

クリニック プラン 箇所 料金
アリシアクリニック 脚脱毛セット 両ひざ上
両ひざ下
両ひざ
両足の甲と指
5回92,900円
8回139,960円
脱毛し放題178,380円
(税抜)
リゼクリニック 足全体セット 太ももから足の指先までの足全体(ヒップ・VIOラインは除く) 5回118,800円
(税込)
湘南美容外科クリニック Lパーツ(足専用プランはなし) 両ひざ下
(ひざ下~足先)
6回81,000円
(税込)
新宿クレアクリニック ベストチョイス3部位 脚(ひざ下)、足の甲、指 5回98,820円
8回146,400円
(税抜)
KMクリニック 足セット 太もも
ひざ
すね
ふくらはぎ
足の指・甲
5回100,000円
(税抜)

アリシアクリニックやリゼクリニック、KM新宿は足専用のセットプランがあるため割安でお得です。湘南美容外科は足のプランがなく、Lパーツを使用することで、ひざ下〜足先まで脱毛出来ます。一見安いのですが、太ももは範囲外となります。

新宿クレアクリニックはベストチョイス3部位を使うことが出来ますが、湘南美容外科と同様に太ももが範囲外となっています。

ただ、どのクリニックも定期的にキャンペーンや割引コースなどをリリースしているため、それらのお得なサービスを活用することで、正規コースよりも安く足脱毛を完了できる可能性があります。できるだけ安い料金で足の医療レーザー脱毛をしたいという方は、小まめにサイトをチェックし、キャンペーン・割引情報をゲットするようにしましょう。

ポイント

レーザー脱毛で足・ひざ下・太ももを脱毛する場合、太ももを含めるかで判断が大きく分かれることがポイントです。太ももをいれるならアリシアクリニック、ひざ下から足先で十分であれば湘南美容外科が料金は安いです。

医療レーザーのここが不安…対策・対処法は?

痛みに耐えきれない時はどうすればいいの?

医療レーザー脱毛と痛みは、残念ながら切っても切れない関係にあります。レーザーを照射して熱で体毛の発生と育成を担う毛母細胞を破壊するという仕組み上、痛みをゼロにすることはできません。

ただ、痛みを緩和することや、医療処置をして痛みを感じないようにすることは十分可能です。施術中にどうしても痛みに耐えきれない場合は、医師に相談して対策・対処をしてもらいましょう。

レーザー脱毛の痛み対策には次のようなものがあります。

レーザーの出力を下げる

レーザー脱毛の痛みは脱毛機器の出力に比例します。そのため、出力を下げることで痛みを軽減することが可能です。ただし、出力を下げると発生する熱エネルギー量も減少するため、脱毛効果も弱まってしまう点に注意が必要です。

麻酔処置をしてもらう

どうしても耐えられない痛みを感じる場合は、医師に麻酔処置を依頼することができます。これは医療機関ならではですね。麻酔には吸入するタイプの笑気麻酔(ガス麻酔)と、肌に塗布する麻酔クリーム(皮膚麻酔)があります。

注意点としては、笑気麻酔も麻酔クリームも体質や肌質によっては使用できない可能性があることが挙げられます。麻酔使用を検討する場合は、事前のチェックや問診に正直に答えましょう。

肌の状態によっては施術が受けられないって本当?

肌に炎症や湿疹、傷などがある場合は当然脱毛を受けられませんが、その他の理由で施術を断られることもあります。中には「えっ!こんな理由でレーザー脱毛ができないの!?」というものもあります。

では、脱毛できない肌の特徴と種類をみていきましょう。

日焼けした肌

日焼けした肌は、レーザーに反応するメラニン色素量が過剰になっているため、火傷や炎症を起こすリスクが高く施術NGとなっています。加えて、日焼けによる肌のバリア機能低下も肌トラブルを引き起こす要因にもなります。

脱毛を行う医療機関には、レーザーを照射できる肌の色を判定する機器が導入されていて、規定値よりも肌の色素が多いと測定された場合は脱毛できません。この点は地肌の色にも関係していて、肌が黒い方の場合は、日焼けしている・していないに関わらず、レーザー脱毛不可と判断されるケースもあります。

色素沈着やシミ、ホクロがある部分

色素沈着やシミ、ホクロがある部分にもメラニン色素が存在するため、レーザーを照射することができません。また、同じ理由から刺青(タトゥー)が入った箇所に対しても、脱毛施術は行えません。

脱毛を希望する部位に色素沈着やホクロ、シミなどがある場合は、まず医師に相談して対処法がないか確認しましょう。ホクロや小さなシミの場合は、その部分だけを専用のシールなどで保護し、周辺を施術してもらえることもあります。

色素沈着や大きなシミがある場合は、美白施術を行い、効果が十分見られてから脱毛に進むといったケースもあります。

アトピー体質、ケロイド体質

アトピー体質やケロイド体質の方の肌は非常に敏感なため、施術による熱や刺激に肌が耐えられず、想定外の症状や反応を示す危険性があります。そのため、カウンセリングや診察の結果、レーザー脱毛不可と判断されることがあります。

もちろんアトピー体質、ケロイド体質だからといって絶対にレーザー脱毛できないというわけではありません。レーザー脱毛を行うのは医療機関ですので、肌質の改善と治療を行いながら、平行して脱毛施術をできる可能性もあります。

ただ、アトピー体質やケロイド体質の方がレーザー脱毛の施術を受ける場合、リスクがあることは事実です。契約する際は、担当医師に十分な説明を受け、少しでも不安や疑問がある場合は契約を取りやめる。そういった慎重さは必要です。

医療レーザー脱毛の副作用にはどんなものがあるの?

レーザー脱毛は、体毛の毛根周辺に熱ダメージを与えて毛母細胞を破壊する仕組みになっている関係上、肌や毛穴にも負担をかけてしまいます。そのため、肌トラブルなどの副作用がみられることがあります。

医療レーザー脱毛で見られる副作用には次のようなものがあります。

赤みや炎症

レーザー脱毛後、数時間〜数日にかけて、肌に赤みやヒリヒリとした痛みが残ることがあります。これは、レーザーの熱によるもので、肌や毛穴全体が熱を帯び軽い火傷状態になっていることによるものです。

副作用としては軽いものですが、放置していると皮膚が水分を失って乾燥肌になったり、毛穴が傷んで化膿したりする危険性があるので必ず保湿しましょう

火傷

脱毛後、2~3日経っても肌に炎症が見られる、レーザーを当てた部分に色素沈着が生じるといった場合は、火傷の可能性があります。

脱毛による火傷は、レーザー出力の調整ミスや脱毛機器の異常、肌のトーンチェックが十分でなかったことなどが原因として考えられます。ただ、クリニックなどの医療機関の場合は、チェックがしっかりしているため、火傷が起こることはほとんどありません。副作用として起こる可能性がある、ということだけ覚えておきましょう。

硬毛化

レーザー脱毛の副作用の代表格が硬毛化です。硬毛化とは、レーザーを照射した部分の体毛が濃く太くなる症状で、原因は科学的にも医学的にもまだ明らかにされていません。ただ「脱毛前よりも体毛が濃くなる」という現象が起こることは事実で、硬毛化のリスクについては、クリニック・医療機関で十分な説明が行われるのが一般的です。

硬毛化は、特に産毛のような細く薄い体毛に見られる現象です。そのため、足全体を脱毛する場合は、太ももやひざ周りなどに症状が現れないか、小まめにチェックしましょう。

毛嚢炎

毛嚢炎は、傷ついた毛穴にブドウ球菌のような雑菌が感染・繁殖することで起こる症状です。毛嚢炎自体は比較的ポピュラーな肌トラブルですが、レーザー脱毛後の熱がこもって痛んだ肌には特に発生しやすいので、注意が必要です。

埋没毛

埋没毛は、本来肌表面にでてくるはずの体毛が、毛穴の中に埋もれて出られなくなる症状です。これは、毛穴が傷ついて薄いかさぶたができてしまったり、古い角質でふさがったりすることで起こるものですが、脱毛による肌ダメージによって引き起こされることもあります。

副作用が出たら早めに相談することが大切

これらの副作用、肌トラブルが出てしまった場合、症状が軽ければ保湿ケアを行ったり、アイシングをしたりすることで対処・改善することも可能です。しかし、症状が中程度以上の場合は、速やかに医師に相談することが大切です。

医療レーザーの場合、脱毛を行っている場所が医療機関ですので、エステやサロンよりも迅速かつ的確な処置を受けられます。次の項目では、副作用や術後トラブルが出た際、クリニックや医療機関がどのような対応を行うかご紹介しましょう。

医療レーザー脱毛なら術後トラブルがあった場合にもきちんと対応してくれる

最近の医療用脱毛機器は、冷却機能を搭載し肌ダメージを抑制できるマシンが多くあります。

ですが、前述の通り、レーザー脱毛は熱で毛母細胞にダメージを与える施術のため、皮膚は軽いやけど状態になります。そのためにどんなに細心の注意をはらってレーザー照射を行っても、毛穴や周辺の皮膚にある程度の熱や負担は避けられません。

また医師や医師の監督下にある看護師も、可能な限り肌トラブルや副作用を引き起こさないよう、高い技術力を駆使して施術にあたっていますが、稀にトラブルが起こる場合もあります。

その場合でも、レーザー脱毛を実施しているクリニックの多くは、術後トラブル、特に足脱毛であれば太ももでよく見られる毛嚢炎や硬毛化、火傷や炎症などに関して保証を行っており、症状が出た場合の速やかな診察と治療、処方される薬の無料化などを約束している所がほとんどです。

これはエステサロンではできない医療クリニックならではの強みです。医師などが術後トラブルにきちんと対処できるというのが、医療レーザー脱毛の大きなメリットです。

レーザーの足・ひざ下・太ももの脱毛に関するまとめ

足・ひざ下・太ももを脱毛するときは太ももを脱毛範囲に含めるか否かがクリニック選びでの重要なポイントです。太ももも脱毛するならアリシアクリニック、ひざ下から足先で十分であれば湘南美容外科クリニックが料金は安いことを紹介しました。

足脱毛における医療レーザーの基礎知識や注意点を解説してきました。今回の記事で医療レーザーで足を脱毛する気持ちが高まったという方がいらっしゃれば嬉しく思います。

レーザー脱毛は、光脱毛よりも高い効果が見込める反面、料金が高い・痛みが強いといったマイナス面があるのは確かです。

しかし、これらの問題への対処はお医者さんがいるクリニックなので、どの問題に対しても適切な処置を行ってくれます。少ない回数でしっかりと効果が得られるのがレーザー脱毛です。

不安や疑問、苦手意識が解消されたなら一度、クリニックの無料カウンセリングに足を運んでみて下さい。医療レーザー脱毛なら必ずキレイな脚を手に入れましょう。

-足脱毛
-, , ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.