不安・疑問

【絶対安心】脱毛当日・前日の準備を徹底解説!自己処理や持ち物・服装などの注意点をチェックしよう

更新日:

新宿クレアクリニック脱毛サロンや美容皮膚科、美容外科などで行う脱毛は、初めての人にとってはとても緊張する場所です。

初めての脱毛では忘れ物や準備不足で困ってしまった…という体験談も見られます。誰もが初めて行くときはしっかり準備をして何も不備が無い状態で脱毛を行いたいですよね。

そこで今回は、以下のテーマに沿って脱毛の準備について解説します。

今回のテーマ

  • 脱毛前日や脱毛当日の準備について
  • 脱毛前の自己処理について
  • 脱毛の際に持っていく持ち物
  • 脱毛に行く前、準備に関する注意して起きたい事柄
  • 脱毛に行くときの服装について

このページを見て準備をすればスムーズに脱毛できるので、ぜひ脱毛を検討している方は確認しておいてくださいね。

脱毛前日までの準備

脱毛の前日までに行っておくべき準備は以下のとおりです。

前日までに行う準備

  • シェービングによる自己処理
  • 脱毛する部位の保湿ケア
  • 日焼け対策

以下でそれぞれの準備について解説します。

シェービングによる自己処理

電気シェーバー
脱毛の際には光・レーザーを照射する部分のムダ毛をすべて剃っておかなければなりません。

処理ができていないと、その部分には照射が出来ないケースもあります。できれば脱毛の1、2日前にカミソリまたは電気シェーバーでの処理を行いましょう。

自己処理は脱毛の何日前が良い?

自己処理をするタイミングとしては「当日」「前日」「前々日」を推奨しているサロン・クリニックが多いのですが、ベストな自己処理の時期は個人によって違います。

毛が伸びるのが早いという方は前日または当日がオススメ。肌が弱い方は前々日がオススメです。

カミソリによるダメージから肌をある程度回復させておいた方が光・レーザーによる負担を軽減できます。適した自己処理のタイミングはカウンセリングの際に相談するといいでしょう。

自己処理では剃り残しが無いようにしっかりとシェービングをしなければなりません。

剃り残しに関しては各サロン・クリニックで対応が異なります。剃り残しに関しては主に以下4のつの対応方法があります。

剃り残しの対応パターン

  • 剃り残した部分はスタッフが無料で剃ってくれる
  • 背中や剃り残しやすいIラインなど一部のみ無料で剃ってくれる
  • 有料で剃り残した部分を剃ってくれる
  • 剃り残しがあった場合はその部分の施術不可

必ずサロン・クリニックごとのシェービング対応についてチェックしておきましょう。

サロン・クリニックに聞いてみた

大手サロンやクリニックではどのような自己処理対応をしているのか、参考に特に人気が高い大手サロン・クリニックでの対応について問い合わせてみました。

キレイモの場合
剃り残しがあった場合、月額制の場合は1,000円でシェービングサービスを行います。回数パックの場合はシェービングサービスは無料となります。
(キレイモカスタマーセンターより回答)

ミュゼの場合
剃り残しがあった場合は該当箇所を避ける、またはお手入れをお断りさせていただきます。ただし襟足・背中上下・ヒップ奥のみは剃り残しがある場合はスタッフがお手伝いさせていただきます。
(ミュゼカスタマーセンターより回答)

アリシアクリニックの場合
背中とOラインに限り、剃り残しがあった場合は無料でシェービングをお手伝いさせていただきます。その他の部位で剃り残しがある場合はその部分は避けて照射いたします。事前予約をしていただければ2,000円で有料のシェービングサービスを受けることも可能です。
(アリシアクリニック銀座院より回答)

リゼクリニックの場合
脱毛前には自己処理をお願いしておりますが、剃り残しがあった場合は無料でシェービングサービスを行います。
(リゼクリニック渋谷院より回答)

脱毛する部位の保湿ケア

脱毛で照射する光やレーザーは少なからず肌にダメージを与える可能性があります。

乾燥してカサカサしていると肌のバリア機能も損なわれているので刺激に弱く、脱毛によるダメージを強く受けてしまう可能性があります。

普段から保湿ケアは行っておくべきですが、脱毛する部位は特に入念に保湿ケアを行っておきましょう。

脱毛の予定が決まったら、前日まで保湿クリーム等での保湿を習慣づけることをオススメします。

日焼け対策

脱毛する部位が日焼けしていると光・レーザーによるダメージでやけどなどのリスクが発生してしまう可能性があります。

強く日焼けしていて肌がダメージを受けていたり、日焼けで黒くなっている場合は脱毛ができない可能性もあります。

脱毛の契約をして予約日が決まったら日焼け対策は入念にしておきましょう。カウンセリングの時より日焼けしてはいけません。

脱毛前にやってはいけないNG行動

脱毛時にやってはいけない行動

脱毛前にはいくつかやってはいけないNG行動があります。場合によっては脱毛そのものができなくなってしまうこともあるので注意しておきましょう。

飲酒してはいけない

多くのサロン・クリニックでは脱毛前の12時間以内の飲酒を禁止しています。できれば前日からお酒を控えておいた方が安心です。

薬の服用、風邪薬も控えて

当日の薬の服用はNGとなっているケースが多いです。持病等で服用しなければならない場合は相談しましょう。

もし風邪をひいてしまったりして体調を崩し「脱毛を休むほどではないけれど、薬を飲みたい…」という場合もあるでしょう。

ここで軽い気持ちで風邪薬を飲むのはNG。

必ず事前にサロンまたはクリニックで薬を飲んでもいいかどうか確認しましょう。

サロンよりもクリニックの方がもしもの場合にすぐ対処できるので、薬を服用していても脱毛できる可能性が高いです。ですがトラブルが起きてしまっては大変なので絶対に自己判断で薬を飲むのはやめておきましょう。

激しい運動、入浴、サウナ、マッサージ、ホットヨガも控えて

当日は汗をかく運動が禁止されています。体温が上昇して肌が敏感になるからです。

運動だけではなく入浴やサウナ、マッサージなど身体の血行が良くなり発汗するようなことは控えましょう。

予防接種

脱毛の直前に予防接種していると脱毛できないことがあります。インフルエンザなどの予防接種をする場合は最低でも一週間は期間を空けるように注意しましょう。

保湿クリーム、制汗剤の使用

肌に何かを塗った状態では脱毛できません。当日は何も塗らないように注意しましょう。

普段から毎日縫っているクリームがあるという場合も、当日だけは塗るのを我慢。制汗剤も当日は止めておきましょう。

皮膚トラブルなどがあり、医師から軟膏等を処方されている場合は必ず塗ってもいいか相談してください。

サロンだと施術そのものを断られてしまうケースが多いですが、クリニックの場合は皮膚に関する専門知識を持っている医師がいるため状況に応じて対処してくれる可能性が高いです。

脱毛後にも注意すべき点があるのでチェックしておこう

脱毛前はもちろんですが、脱毛後にもやってはいけないNG行動がいくつかあります。

脱毛後のNG行為の一例

  • 血行が良くなる運動や入浴
  • 日焼け
  • 1週間以内の予防接種など

カウンセリングの際に説明を受けますが、忘れないようにちゃんと確認しておきましょう。

脱毛に行く前に持ち物チェックをしよう!

脱毛時の持ち物をチェックしよう

脱毛をする際にはいくつか持って行った方が良いもの、必ず持っていかなければならないものがあります。

脱毛の施術に行く場合と初回のカウンセリングに行く場合で持ち物に違いがあるので忘れて行って困らないようにチェックしておきましょう。

カウンセリングでの持ち物

  • 身分証明書(保険証や免許証など)
  • 未成年の場合は親権者の同意書
  • クレジットカード
  • 口座情報(キャッシュカードなど口座番号が解るもの)
  • 印鑑

基本的に持っていくものは少ないですが、カウンセリング後に契約することになった場合に必要になる証明書やカードなどが必要になります。

未成年者の場合は親権者の同意書が必要になるので、事前にサロンやクリニックのHPからダウンロードして親権者に記入してもらいましょう。

施術の際の持ち物

  • サロン・クリニックの会員証
  • 日焼け止め
  • 現金やカード
  • メイク道具

会員証は忘れないように持っておきましょう。脱毛後は日焼けをしてはいけないので、できれば日焼け止めを持参しておいて、帰る前に塗っておくと安心です。

サロンやクリニックによってはシェービングや麻酔といった追加料金が必要になることもあるため、先に一括で支払いをしている場合や月額制で引き落とされているという場合でも現金やカードを念のため持っていきましょう。

顔の脱毛をする場合はメイクを落とすので、その後メイクを直してから出たい場合はメイク道具も一式持っていくといいでしょう。

サロンやクリニックによってはメイクルームが用意されているところもあります。

脱毛当日の服装をチェックしよう

脱毛当日にチェックしておくべき点としてもう1つ気になるのが服装です。基本的に脱毛中はガウンやキャミソールなどサロン・クリニックが指定した服に着替えます。

例えばリゼクリニックでVIO脱毛を受ける場合はこのような服装に着替えることになります。

リゼクリニックの脱毛時の服装

このように脱毛する箇所は脱毛しやすいように着替えるため、着ていく服は何でも構いません。ただし、以下の注意点に気を付けて服選びをすることをオススメします。

着替えやすい服がベスト

着替えをすることになるので、「着替えやすい服」を選ぶことをオススメします。

背中にチャックがついていて着脱に時間がかかるものなどは、スムーズに着替えができないので避けておきましょう。

比較的ゆったりめでサッと着脱が出来るものであればよりスムーズに準備ができます。

肌への刺激が少ない素材の方が安心

脱毛後の肌は非常にデリケートになっています。服の素材によっては線維が肌に刺激を与えてしまい、痒くなってしまうことも考えられます。

ニットなど肌に触れるとチクチクする素材は避け、肌触りの良い刺激の少ない素材の服を選ぶと安心です。

夏場は羽織れるものを持ってきて日焼け対策を

脱毛後は日焼け厳禁。夏場は薄着で出かけることが多いと思いますが、1枚薄手のパーカーやカーディガンを持って行きましょう。

脱毛が終わって帰る際には羽織ってUV対策を行えばその後の肌トラブルも予防できます。

同様の理由から、脚の脱毛をする際は脚が隠れるロング丈のズボンやロングスカートを選んで露出を抑えておきましょう。

脱毛準備をする際に確認しておきたい3つのポイント

脱毛前の準備とは少し違いますが、初めての脱毛をするなら事前に確認しておきたいポイントが3つあります。

  1. 脱毛の流れについて確認しておく
  2. 2回目以降の予約方法を確認する
  3. サロン・クリニックのHPや口コミをしっかりチェックする

以下のポイントを確認しておけば初めての脱毛でも安心して施術を行うことができます。

①脱毛の流れについて確認しておく

カウンセリングの際にも説明されると思いますが、大体どのような流れで脱毛を行うのか確認しておくと安心です。サロンやクリニックによって細かい部分は違ってきますが、多くは以下のような流れで脱毛を行います

脱毛の一連の流れ

  1. 肌の状態や健康状態をチェックする
  2. ジェルを塗る
  3. 光・レーザーを照射する
  4. クールダウンする(肌を冷やす)
  5. アフターケアを行う

簡単な流れだけでも頭に入れておきましょう。

②2回目以降の予約方法を確認する

サロンやクリニックによっても違いますが、1回目の施術の後は自分で予約を取らなければなりません。施術の際に次の予定が決まっていれば予約を取ってから帰宅することになりますが、予定が変わって予約日を変えたい場合や、予約を取らずに帰宅した場合は早めに2回目の予約を取りましょう。

予約は電話またはネットで可能です。ネットやアプリで予約が取れるシステムを導入している大手サロン・クリニックも増えてきています。どの方法で予約を行うのかちゃんと確認しておきましょう。

大手脱毛機関の予約方法

③サロン・クリニックのHPや口コミをしっかりチェックする

初回カウンセリングの際や、初回の施術の時はどうしても緊張してしまいます。それを和らげるための心の準備も必要です。

そのためには、サロンやクリニックのHPをしっかりチェックして雰囲気を確認してみたり、口コミに目を通してみることをオススメします。

多くのサロンやクリニックではこのように店内の画像を記載しています。

アリシアクリニック

どんな店内なのかある程度知っていれば気持ちも落ち着きそう。

また、口コミなどを掲載しているサロン・クリニックも多いです。

リゼクリニックのモニターブログ

ためになる情報が掲載されていることもあるのでチェックしてみましょう。

脱毛当日に不安にならないためにも、事前の準備はしっかり行おう

脱毛が初めてだという場合は、何を準備していいか解らない、カウンセリングで説明を受けたけどやっぱり不安…。と感じることも多いでしょう。

今回ご紹介した準備の注意点や持ち物などを確認しておけば基本的には問題なく脱毛ができると思います。前日・当日はこのページをチェックして忘れ物や準備不足が無いようにしておきましょう。

今回のまとめ

準備万端でスムーズに脱毛しよう!

  • しっかり準備をしていれば脱毛を快適に行える
  • 準備を徹底していればトラブルなども防ぐことができる
  • NG行動などもあるため要注意
  • 各サロン・クリニックによって準備するものが違うため必ず確認しておこう

-不安・疑問
-, ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.