不安・疑問

脱毛で起きる副作用について正しく知ろう!対処・予防方法をチェックして安心して脱毛しよう

更新日:

レーザー脱毛もサロン脱毛も、基本的には安全に施術を行うことが可能ですが、副作用が一切ないというわけではありません。

肌にレーザーや光を当てて毛にダメージを加えて脱毛を行うため、少なからず肌にダメージを与えることになり、副作用のリスクもあります。

ですが副作用とは病気になるといったものではありませんし、対処方法を知っておけば怖くありません。今回は脱毛の副作用について詳しくご紹介していきます。

今回のテーマ

脱毛することで起きる副作用を正しく理解しよう!

脱毛を行う前に副作用について不安を感じている方や、副作用の対処方法を知りたいという方はチェックしておきましょう。

脱毛で起きると考えられる副作用

脱毛の副作用について

脱毛で起きる可能性のある副作用は「皮膚」や「毛」に対するものであって、一部で言われているような皮膚がんなどのリスクは全くありません。後遺症が残るといったこともありません。

レーザーが体内に何か影響を与えるということもありません。レーザーが届くのは皮膚の中数ミリ程度で、身体の中には全く届きません。毛根より奥に届いて何か悪い影響を与えるということは無いので安心してください。

皮膚や毛に対する副作用も、どのようなものかきちんと理解しておけば慌てることはありません。脱毛をする前には必ずどんなことが起きるのか、考えられる可能性を把握しておきましょう。

主な副作用は「やけど」によるもの

脱毛のレーザーで起きると考えられる副作用は基本的に「やけど」によるものです。

脱毛はサロンもクリニックも基本的な仕組みは同じです。毛根に熱を加えて破壊し、もう毛が生えてこないようにするという仕組みで脱毛を行います。

この際に、レーザーが毛だけではなくその周辺の皮膚にもダメージを与えてしまうため、火傷によって副作用が起きてしまうのです。やけどが原因となる副作用には以下のようなものが挙げられます。

赤み

皮膚が火傷によって軽い炎症を起こして赤みが出ることがあります。そのほとんどは時間が経つと落ち着いて元に戻ります。

かゆみ

レーザーによる軽い炎症によってかゆみが生じることもあります。これも時間が経つと落ち着いてきます。保湿をすることで和らげることが可能です。

ニキビや肌荒れ

やけどでニキビが悪化したり吹き出物が出ることがあります。適切なアフターケアをしていればすぐに改善されます。

シミなどの色素沈着

炎症の起きた部分を掻きむしって擦ったりしてしまうと、色素沈着になる可能性が高くなります。

毛嚢炎

熱で燃えた毛根のカスが詰まり、白ニキビのようなものが出来ることがあります。これを毛嚢炎といいます。適切なケアですぐに改善されます。

稀に体調不良や毛の異常が起きることがある

やけど以外の副作用として挙げられる事柄としては以下の2つがあります。

・体調不良
・毛の異常

それぞれの副作用の特徴などについてチェックしてみましょう。

脱毛による体調不良

脱毛をすることで体調不良を起こしてしまう人がいます。ですがレーザーが身体に悪影響を与えて体調不良を引き起こすということはありません。

「長時間バスタオル1枚で施術を受けていたため、体調が悪くなってしまった」「もともと体調が悪いのに脱毛を受けたことによって風邪を引いた」といったことは考えられます。レーザー自体と体調不良には関係性はありません。

くれぐれも体調が優れないときは無理して脱毛をするのは避けましょう。

また、全身脱毛の場合は数時間バスタオル1枚で施術を受けるということもあります。服装や室温などにちゃんと気を配ってくれるサロン・クリニックを選べば風邪を引くといったことはないでしょう。大手サロンやクリニックならきちんと対策をしているケースが多いです。

毛の異常

毛の異常というのは「硬毛化」「増毛化」というものです。脱毛前より毛が増えてしまったり、脱毛前より毛が硬くなってしまうといった異常が起きたという事例が報告されていますが、原因は解明されていません。ただしこのトラブルは非常にまれでほとんど起きる可能性は無いと言っていいでしょう。

ですが100%起きないというものでもないので、万が一起きたときには適切な対応をしてもらえる大手のサロンやクリニックを選んでおくことをオススメします。

ちゃんと知っていれば副作用は怖くない!

副作用などについて何も知らないと脱毛へのハードルは高くなってしまいますが、知っていれば副作用が出たとしても不安に感じることはありません。

どの副作用もちゃんとサロンやクリニックから指示されているとおりにアフターケアや保湿をしていればすぐに改善されるものばかりです。どんな副作用が脱毛によって引き起こされる可能性があるのか知っていれば、実際に副作用が出たときも慌てずに済みます。

脱毛前に行う副作用の予防方法

脱毛の副作用の予防方法

やけどによる副作用やそのほかの異常などは脱毛前に予防をしておけば症状を抑えることが可能です。どのような予防方法があるのか確認しておきましょう。

保湿ケアで肌を整えておき副作用が起きにくいようにしておく

脱毛において最も大切なのが保湿ケアです。乾燥した状態の肌は通常よりも肌がダメージを受けやすくなります。そのため乾燥したまま脱毛するとやけどのリスクも高まってしまいます。

前日や当日だけ保湿していればいいというものではありません。当日にはボディローションやクリームなどが毛穴をふさいでしまい、ちゃんと脱毛できない可能性もあります。

そのため脱毛の契約をしたら、その日から日常的な保湿ケアを見直していきましょう。そして当日にローションやクリームなどを塗らなくても乾燥しない肌作りを行うことが大切になります。

お風呂上りにボディローションを使ったり、保湿力の高いボディソープを使うといった方法がオススメです。

日焼けを絶対にしない

脱毛機器の光やレーザーは基本的にメラニンの「黒色」に反応して熱を与えます。そのため肌が日焼けをして黒くなっていると過剰に反応し、肌へのダメージが強くなってしまいます。

サロンやクリニックによっては日焼けをしているとやけどのリスクが高まるため施術を断られるということもあります。

脱毛を始めると決めたら、日焼け対策はいつもより十分に行いましょう。日焼け止め・帽子・日傘などの基本の日焼け対策を行っていればOKです。

自己処理の方法に気を付ける

脱毛前には自分で毛を剃ってから施術を受けるというサロン・クリニックがほとんどです。

自己処理は必ずカミソリ・シェーバーを使って行うように指示されます。毛抜きなどで処理をすると肌へ大きなダメージを与えてしまい、脱毛の施術をすると炎症が起きる可能性が高くなってしまいます。

できれば肌へのダメージが小さい電気シェーバーを使って自己処理を行うようにしましょう。

ムダ毛の自己処理
脱毛後のアフターケアの基本の3点、注意すべき自己処理の正しいやり方とNG行為を完全解説

サロンやクリニックでの脱毛を行う際には、いくつか気を付けなければならない点があります。基本的にはカウンセリングの際に説明を受けますが「ちゃんと覚えていられるかな…?」「脱毛後のケアがちゃんとできるかど ...

続きを見る

直前には運動などをしない

脱毛の際に汗をかくような運動をすると体温が上昇し、肌が敏感になります。そのまま施術を行うとやけどによる副作用が起きやすくなってしまうので要注意。

運動はもちろん、サウナなど体温が上昇するようなことは脱毛の直前には行わないように注意しておきましょう。

脱毛後に行う副作用の対処・予防方法

脱毛のアフターケアのやり方

脱毛前に予防をしておけば十分に副作用を防げますが、脱毛後のアフターケアもちゃんと行っておきましょう。

脱毛後の肌は非常に弱い状態になっているので、脱毛前の予防よりも、アフターケアの方が重要です。しっかりチェックしておきましょう。

肌を冷やす

脱毛した後の肌は火照っていて刺激を受けやすい状態になっています。

赤みも出やすいので、施術の直後にサロンやクリニック内でクールダウンを行いますが、自宅でも冷やしておけばさらにトラブルを防止できます。

帰宅後はアイスノンや氷水に浸したタオルなどで冷やすことをオススメします。

保湿

脱毛後の肌は敏感かつ乾燥にも弱い状態になっています。クリームやローション、軟膏などで保湿ケアを行いましょう。

乾燥を防ぐことで、脱毛後に肌が荒れたり炎症が起きるのを防ぎます。

脱毛直後はもちろんのこと、次の脱毛までしっかりと続けることをオススメします。詳しい保湿の方法は以下の記事も参考にしてみて下さい。

日焼け対策

脱毛前も日焼けはNGですが、脱毛後は肌が敏感で日焼けをしてしまうと通常より焼けやすく、炎症が起きやすい状態になっています。

施術が終わってサロン・クリニックから出たときから日傘などでしっかりと肌を守りましょう。こうすることで炎症を防げます。

サロンとクリニック、どちらが副作用が起きやすいの?

どちらが副作用が起きやすいのか

脱毛の副作用が気になる方の多くは「サロンとクリニックどっちが副作用が起きやすいの?」と疑問を抱いていると思います。

結論から言えば、どちらかが副作用が起きやすい・起きにくいということは言えません。どちらにもメリットデメリットがあり、副作用の起きやすさにはサロンかクリニックかという点よりも、レーザーを照射する力の強さが影響します。

サロンは照射するレーザーの出力が弱いため、やけどによる副作用のリスクは低くなります。クリニックでは免許を持つ医師や看護師がレーザーを取り扱うのでサロンよりも強い力のレーザーを当てることができます。強いレーザーを当てれば効果は高まりますが、その分やけどによる副作用のリスクも高まります。

出力の強さだけを見ればクリニックの方が副作用が起きやすいように感じますが、クリニックは万が一トラブルが起きても医師が適切な処置を行ってくれますし、薬の処方もしてもらえます。

サロンでは一部病院と提携していてトラブルが起きても適切に対処してもらえる場合もありますが、クリニックと比べるとトラブルへの対応力は劣ってしまいます。

このようにどちらにもメリット・デメリットがありますし、取り扱っている機器によっても副作用の出やすさには違いがあります。

蓄熱式と呼ばれるタイプの脱毛機器は火傷のリスクがほとんどなく、やけどによる副作用が出ることはまずありません。

サロンならハイパースキンカレン、クリニックならメディオスターNextPROソプラノレーザーなどが蓄熱式の脱毛機となります。副作用が気になる方は蓄熱式の脱毛機器を取り扱っているサロンやクリニックもチェックしておきましょう。

おすすめのサロン・クリニック

副作用に対しての不安がある場合はサロンならドクターサポートがあるところ。クリニックなら無料診察をしているところを選ぶことをオススメします。

トラブルへの対応がしっかりしているところなら「副作用が起きるかも…」と不安を感じることなく脱毛ができますし、万が一副作用が出たとしてもすぐに対応してもらえるので安心です。

小さいサロンやクリニックを選ぶよりも、お客様センターなどが用意されている大手の方が対応も早いのでオススメできます。

副作用が気になる方にオススメできる、トラブル対応が充実しているサロン・クリニックは以下のとおりです。

安心して脱毛できるクリニック

リゼクリニック…脱毛前からしっかり医師がチェックをして脱毛を行います。脱毛専門のクリニックでサポートの充実度も高く人気があります。

アリシアクリニック…関東を中心とした大手脱毛クリニック。脱毛をメインに行っています。価格も安く対応も高評価で人気があります。

安心して脱毛できるサロン

銀座カラー…「7つの安心宣言」というサポート体制の充実したシステムがある銀座カラー。病院と提携しているのですぐにトラブル対応してもらえます。

エピレ…ドクターサポートがあり、カウンセリング時にも医師のサポートを受けることもあります。大手エステサロンTBC系列なので安心できるという声も多いです。

脱毛ラボ…トラブルが起きたときは病院を紹介してくれるだけではなく、治療費などを負担してくれる「ドクターサポート全額保証」を行っています。

脱毛の副作用に関する間違った知識を正そう!

脱毛の副作用についてネットで調べると、間違った知識がたくさん掲載されていて勘違いしている方が非常に多いです。

不用意に不安になるような情報が流れていることもあるので注意しましょう。特に勘違いしている方が多い副作用に関する情報についてご紹介します。

妊娠中・授乳中は胎児に影響を与えるわけではない

妊娠中や授乳中は避ける、というのは聞きますが、妊娠中でなくても、レーザー脱毛によって今後の妊娠(不妊、胎児への影響など)に影響はないのでしょうか。
参考Yahoo!知恵袋:医療レーザー脱毛、今後の妊娠への影響について。 現在全身脱毛を...

最初の方でも説明したように、レーザーが体内に何か影響を与えることはありません。赤ちゃんに後遺症が出るのでは?と不安に感じる人もいますが、影響はないので安心してください。

妊娠中や授乳中に脱毛を避けるのは妊娠中や授乳中は肌が敏感になったり、急に破水すると対応できないといった理由があるからです。

脱毛している途中で妊娠が発覚したとしても不安になることはないので、これから妊娠の予定があるという方も安心して脱毛してください。

ワキ汗の量が増えたと感じるのは勘違い!

脇脱毛後、以前より脇汗が増えた気がするのですが、脇脱毛された方どうですか?ネットで調べると、わき毛がなくなった為そう感じるのだと書かれてありましたが、うーん 、明らかに脇汗増えたような…
参考Yahoo!知恵袋:脇脱毛について☆脇脱毛後、以前より脇汗が増えた気がするのです...

実はこう感じる人は多いよう。毛が無くなると汗をダイレクトに感じるため、「脱毛したら脇汗が増えた」と思う人が多いようです。汗の量が増えるわけではないので安心してください。

皮膚がんにはなりません!

脱毛ってなんか光放射してますけど、将来皮膚ガンとシミとかにはならないんですか?
参考Yahoo!知恵袋:脱毛しようと思ってるのですが、痛そうでなかなか勇気が出ません...

皮膚がんの原因となるのは紫外線の光ですが、レーザーの光は赤外線に近いものなので照射することで皮膚がんになるということはありません。

ホルモンバランスが乱れることもない

友人がレーザー脱毛は女性ホルモンのバランスをくずすから将来更年期障害になる。とか30過ぎたらぐっと崩れると言います。
参考Yahoo!知恵袋:友人がレーザー脱毛は女性ホルモンのバランスをくずすから将...

こちらもレーザーが体の内部に影響を与えることは無いので完全なデマです。ホルモンに影響することは無いので安心してください。

準備とアフターケアをしていれば副作用は怖がらなくていい!

脱毛で起きる副作用は主にやけどによる副作用です。ご紹介したように保湿ケアや日焼けなどに注意しておけばほとんどは防げます。

もしやけどによる副作用が起きてもそのほとんどは数日で元に戻るので慌てなくても大丈夫。

心配な場合は、アフターサポートが充実しているサロン・クリニックを選んで脱毛することをオススメします。

副作用に対して不安があるという方は、上記でもご紹介したドクターサポートや無料診察のサービスがあるサロン・クリニックをチェックしてみて下さいね。

今回のまとめ

副作用について正しく知れば安心して脱毛できる

  • 副作用の多くはやけどが原因
  • 脱毛によるやけどは事前の準備やアフターケアで防げる
  • ドクターサポートや診察無料サービスのある大手脱毛機関なら安心して脱毛できる
  • 正しく副作用について知ってから脱毛しましょう

-不安・疑問
-, , , , ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.