不安・疑問

妊娠中レーザー脱毛できる?妊活中・授乳中は?妊娠と脱毛について知ろう

更新日:

妊娠中でもレーザ脱毛をしたいと考えている女性は少なくありません。むしろ妊娠中はムダ毛が増えることがあり、普段よりも脱毛に対しての意識が高まる時期でもあります。

しかし妊娠中は「美容院に行くのは控えたほうがイイ」「温泉に行くのは控えたほうがイイ」と言われることが多く、行動に規制がかかりがちです。レーザー脱毛がしたくても、赤ちゃんへの影響や体調に何か問題が出ないかといったことが気になりますよね。

  • 妊娠していてもレーザー脱毛はできるの?
  • 脱毛に通っている途中で妊娠してしまったら?
  • 授乳中はレーザー脱毛してもいいの?
  • 妊娠に気が付かずにレーザー脱毛をしたらどうなるの?

こういった疑問を持っている方の不安を解消するため、レーザー脱毛が妊娠に与える影響について詳しくご紹介します。

妊娠中でもレーザー脱毛できるの?レーザー脱毛が妊娠に与える影響について

妊娠中の脱毛
まずは「妊娠中でもレーザー脱毛ができるのか」という点からご説明します。基本的には、クリニックでは妊娠中のレーザー脱毛はオススメしていません。「妊娠中である」ということを伝えると、施術を断られることがほとんどです。

医療レーザーが胎児に与える影響はない

妊娠中はレーザー脱毛をすることができませんが、これは「胎児に何か影響があるから」というわけではありません。

レーザーを当てることで胎児の発育に影響が出たり、妊娠しづらくなるといったことは全くありません。ネット掲示板等で「レーザー脱毛をして初期流産をしてしまった」と投稿している方もいるようですが、これはレーザー脱毛が原因となったわけではありません。

レーザーによって化学物質が体内に入ることはありませんし、レーザーの熱や光が体内の機能に影響を与えることは無いので安心してください。

妊娠中にクリニックがレーザー脱毛の中断を勧める4つの理由

では、なぜ妊娠中は脱毛を断られてしまうのか?その理由は大きく分けると4つあります。それぞれの理由について詳しくご紹介します。

①ホルモンバランスの影響で肌が敏感になる

妊娠中はホルモンバランスが崩れ、肌が荒れやすくなることがあります。また、汗をかきやすくなるので肌が乾燥して湿疹やかゆみが出やすくなることもあります。

普段はトラブル知らずの肌であっても、妊娠してホルモンバランスが崩れることで肌が敏感になります。そのために下記のようなトラブルが起きる可能性があるのです。

  • 普段使っている化粧品が肌に合わなくなる
  • 湿疹やかゆみが出る
  • 色素沈着しやすくなる
  • シミができやすくなる、濃くなる

妊娠中は肌が敏感になっている可能性が高いため、レーザーの刺激により痒みや痛みが出やすくなる可能性があります。思わぬ肌トラブルを避けるためにも、肌が敏感になりがちな妊娠中はレーザー脱毛をしないほうがいいと考えられています。

②思わぬ体調変化が起きる可能性がある

妊娠中は急に具合が悪くなることもあります。妊娠初期ならつわりで突然吐き気を催したりする可能性もあります。腹痛が起きやすくなったり、めまいが突然起きる可能性もあります。

レーザー脱毛の施術中に体調不良になる可能性も0ではありません。もちろん体調が悪くなればすぐに対応してもらえます。しかし無理をして脱毛の施術を受けることは身体によくありません。体調が良くない状態だとレーザーに過敏に反応してしまう可能性もあります。

妊娠中でなくても、体調不良の場合はレーザー脱毛はすべきではないと言われています。特に体調変化が起きやすい初期や、いつ出産に繋がる陣痛や破水が起きてもおかしくない妊娠後期は特にレーザー脱毛をするべきではないでしょう。

安定期に入っていても、体調が急に悪くなることがあります。そのため、妊娠中は一度中断することを勧められたり、施術を断られることがあるのです。

③痛みでお腹が張る可能性がある

安定期以降は体調も安定するので美容院に行ったり、旅行に出かけたりする方も多いでしょう。しかしレーザー脱毛は安定期でもNGです。

「急に体調が悪くなる可能性がある」ということはもちろん、レーザーの痛みでお腹が張ってしまう可能性があるからです。レーザーの痛みはそこまで強くありませんが、痛みに弱い人やお腹が張りやすい人だと、その刺激で子宮が収縮してしまうことがあります。いわゆる「お腹が張る」といった状態です。

お腹が張っても少し安静にして張りが治れば問題はありません。しかし胎児への負担を出来るだけ減らすために、お腹が張らないように心がけることは重要です。

可能性が低いとはいえ、お腹が張ってしまうかもしれないレーザー脱毛は妊娠中には行えないと考えておきましょう。

④妊娠中は脱毛の効果が出づらい

妊娠中はホルモンバランスの影響で体毛に影響が出ることがあります。一時的に毛が濃くなったり、薄くなったり、普段は生えないような部分から生えてきたりと色々な変化が起きやすくなります。

そのため、レーザー脱毛をしても普段通りの効果が出づらいというデメリットがあります。妊娠後は体毛の変化も落ち着くので、落ち着いてから脱毛を行ったほうがより効果を感じやすいでしょう。また、効果が出やすいので短期間で脱毛が完了します。

妊娠によって体毛が濃くなったため「脱毛をしたい」と思う方も多いです。しかし体毛が濃くなるのは妊娠中のみで産後は落ち着くことがほとんどです。まずは産後どのような変化をするか確認し、それからレーザー脱毛をするかどうか考えましょう。

部位に限らず、妊娠中はレーザー脱毛はお休みしよう

「お腹から離れていたら脱毛してもいい?」「ワキならOK?」と考えているかたも多いでしょう。しかし妊娠中にレーザー脱毛ができないのは上記の4つのような理由のため部位は関係ありません。どの理由も妊娠中にホルモンが大きく変化してしまうことが影響しています。妊娠中にホルモンが変化することは仕方のないことです。どの部位であっても脱毛はできないと思っておきましょう。

現在妊娠中でこれから脱毛をしたいと考えている場合は、産後落ち着いてから脱毛をするようにしましょう。

ポイント

ワキであってもお腹から離れていても、肌トラブルが起きる可能性はあります。突然体調が悪くなることも考えられます。現在脱毛中の場合は脱毛する部位に限らず、妊娠中は一度レーザー脱毛はお休みして産後に脱毛を再開しましょう。

産後に脱毛をするタイミングは?

産後しばらくすれば、ホルモンバランスによる影響も少なくなり脱毛をしてもOKという判断がされます。そこで気になるのが「具体的にはいつから始めてもいいの?」という点です。

クリニックによっても対応や考え方は様々ですが、ここでは一般的な産後に脱毛を再開するタイミングについてご紹介します、

授乳中でも脱毛はできるが、効果が落ちる可能性がある

レーザー脱毛を照射することで母乳に何か影響が出るということはありません。そのため、授乳中でも問題なく脱毛ができるクリニックはたくさんあります。

しかしサロンや一部のクリニックでは授乳中の脱毛をNGとしている場合や、できるだけ卒乳後の脱毛をするように勧めている場合もあります。

これは授乳中はまだホルモンバランスが整っておらず、毛の周期が狂ったり、毛が濃くなる可能性があるからです。また、授乳中は「多毛症」と呼ばれる症状が起きる可能性もあります。

普段に比べると脱毛の効果を感じにくくなったり、残った毛が一時的に濃くなることもあります。そのため、できるだけホルモンバランスが整う断乳・卒乳後の脱毛が推奨されています。

しかし脱毛によって母乳に影響が出るわけではないので、「効果を感じにくくてもいい」というのであれば、医師と相談して授乳中でもレーザー脱毛をすることは可能です。クリニックによって対応が違うので確認しておきましょう。

生理再開後に脱毛できる場合もある

クリニックによっては授乳中はNGと言われることもありますが、産後の脱毛再開の目安を「生理再開後」としているクリニックも沢山あります。

産後に生理が再開するのは「身体が妊娠前に戻ってきている」と判断する目安の1つでもあります。生理が再開すると、ホルモンバランスも比較的落ち着く場合がほとんどです。

生理の再開は一般的に産後3か月から6か月ほど。早ければ産後1か月で再開することもありますし、1年以上生理が来ない場合もあり、個人差があります。早めに脱毛をしたいと考えている方は、まず生理が再開するのを待ってからクリニックで相談するようにしましょう。

クリニックでしっかり相談しよう

生理が再開していても、授乳中でも、体調がすぐれなければ脱毛は出来ません。逆に生理が再開していなくても体調が良ければ産後数か月してから脱毛ができる場合もあります。ご紹介した産後の脱毛のタイミングはあくまでも一般的な再開の目安です。人によって、クリニックによって「レーザー脱毛ができる状態かどうか」の判断は変わってきます。

きちんとクリニックで自身の体調について話して相談し、より最適な再開時期を決めてから脱毛を行うといいでしょう。

クリニックに問い合わせてみた!

ご紹介したように、産後に脱毛を行うことができるタイミングはクリニックによって違います。医療脱毛を行っている人気クリニックでは、実際にどのような対応を行っているのか問い合わせてみました!

アリシアクリニックの場合
産後は授乳終了後であれば脱毛が可能です。カウンセリングを受けて脱毛できるかどうかチェックしてもらえます。
(アリシアクリニックカスタマーセンターより回答)

リゼクリニックの場合
ホルモンバランスの関係で、授乳期間中は脱毛をオススメしていません。授乳期間が終わり、ホルモンバランスが整ってからであれば照射が可能となります。
(リゼクリニック新宿院より回答)

湘南美容外科の場合
産後3ヶ月を目安として脱毛再開が可能になります。授乳中の場合はカウンセリングの際に相談してください。授乳中であっても照射そのものは可能です。
(湘南美容外科渋谷院より回答)

新宿クレアクリニックの場合
衛生面の関係から、胸は授乳終了後でなければ照射できません。胸以外の部分であれば特に期間は決まっておらず、授乳中であっても脱毛可能です。
胸を含む全身脱毛を契約している場合は、胸だけを後回しにしてその他の部分を先に脱毛し、授乳が終わってから胸を脱毛することができます。
(新宿クレアクリニック新宿本院より回答)

KMクリニックの場合
ホルモンバランスの関係で、授乳期間中は脱毛ができません。授乳期間が終了してからであれば照射が可能になります。
(KMクリニック新宿院より回答)

妊娠中のムダ毛処理の最適な方法とは

妊娠中はレーザー脱毛ができないので、ムダ毛処理は自宅で行わなくてはなりません。その際に注意すべき点や妊娠中の脱毛方法についてご紹介します。

正しい方法でムダ毛処理をして産後の「脱毛ができる時期」になるまでの期間を乗り切りましょう。

妊娠中はムダ毛が濃くなる

妊娠中は「妊娠中に脱毛を断られる理由」でもご紹介したように、ホルモンバランスの影響でムダ毛が濃くなることがあります。

そのため、普段より念入りにムダ毛処理をしなくてはならない場合もあります。しかし肌はデリケートになっていますし、体調が優れないこともあります。自宅でのムダ毛処理であっても、身体のことを第一に考えて十分注意して行いましょう。

妊娠中の自宅での脱毛の注意点

妊娠中は肌が敏感になる、体調が変わりやすいという状態なので普段のようにムダ毛処理をしていると思わぬトラブルが起きる可能性もあります。自宅での脱毛を行う際は、以下のような点に注意しておきましょう。

回数は出来るだけ少なくしよう

自宅での脱毛であっても、少なからず肌に負担をかけることになります。毛が濃くなりがちなので何度も処理をしたくなりますが、肌に負担をかけすぎると湿疹やかゆみ、肌荒れが起きることも考えられます。

回数は出来るだけ少なくして肌への負担を減らしましょう。また、同じ体勢を長時間続けると体調が悪くなる可能性もあるので、ムダ毛処理の際は時間をかけ過ぎないように注意しましょう。

クリームやワックス脱毛は避けておこう

妊娠中は普段使っている化粧品であっても、急に合わなくなることがあります。肌に塗るタイプのクリームやワックス脱毛だと肌荒れや湿疹が起きる原因になりかねません。

脱毛クリームには毛を溶かす成分が入っていますが、その成分は妊娠中の敏感な肌に合わない可能性があります。また、独特の匂いがあるクリームだとつわり中に体調が悪くなることも考えられます。

ワックス脱毛は、ワックスを剥がす際の刺激が強すぎるので敏感な妊娠中の肌にはオススメできません。一部「妊娠中でも安心」と紹介されることもありますが、出血が起きる可能性もあるので出来るだけ避けたほうがいいでしょう。

カミソリが最も体に負担を掛けない

妊娠中の毛の処理方法として最も肌への負担を掛けないのが、カミソリです。クリームやワックスに比べて肌がかぶれたりすることが少ないですし、手軽に行えます。

ただし強く肌に当ててしまうと傷がつくこともありますし、敏感な妊娠中の肌には刺激が強いこともあります。行う際は肌に合うクリームをしっかりと塗り、肌を保護してから行いましょう。

また、手軽に行えるからといって何度も行うと肌が傷つくことがあります。回数は多くても週に1回程度に留めておきましょう。肌が赤くなったり痛みが出たらすぐにやめるように気を付けてください。

妊活中・妊娠予定の方が脱毛したい場合

基本的に、妊娠中は脱毛ができません。では、妊活をしている方やこれから妊娠する予定の方はどうすればいいのか気になりますよね。妊活中・妊娠予定の方や妊娠する可能性がある方が脱毛する際の注意点をご紹介します。

妊娠が発覚してから中断すればOK

最初の章でも説明したように、レーザーは胎児に何の影響も与えません。脱毛のせいで流産することや胎児に悪影響が出ることは無いので安心してください。もし脱毛した後に妊娠が発覚しても問題はありません。

ただし、妊娠が発覚してからは何かしら体調に変化が現れる可能性があるので脱毛の中断手続きを行いましょう。

コースの中断や延期ができるクリニックを選ぼう

脱毛コースの代金を払ったのに、途中で妊娠が発覚してしまった…。コースの途中だから今やめてしまうと代金が勿体ない…。と不安に感じる方も多いようです。

本来なら一定の期間内に決められたコースでの脱毛を終わらさなければなりません。しかし場合によっては中断して脱毛ができる期間を延長することが可能です。

クリニックによってシステムは違いますが、妊娠が理由の場合は1年ほど延長出来る期間を追加してもらえる場合もあります。中には一定の期間内であれば途中解約が可能で残りの金額が返金される場合もあります。

これから妊娠する可能性がある場合は、コースの中断や延期、解約が可能なクリニックを選ぶように心がけましょう。

妊娠前に脱毛しておきたいオススメの部位

妊娠中は脱毛ができませんし「産後落ち着いてから脱毛したい!」と思っても子育てが忙しくてなかなか脱毛に通う機会がない…。という場合もあります。

もし脱毛中に妊娠してしまっても、中断や延期ができるので妊娠を計画しているなら今のうちに脱毛をしておいた方がいいでしょう。

特に以下の部位は産後になってから「脱毛しておけばよかった」と感じることが多い部分です。「妊娠前に脱毛しておいてよかった」という意見も多いので、これから脱毛をしようと考えている方はチェックしてみましょう。

①ワキ

夏や露出が多くなる時期になることが多いワキ。赤ちゃんが産まれると水着を着る機会も減るのであまり気にならなくなるのでは?と感じる方も多いでしょう。

しかしワキは、産後に最も気になるムダ毛とも言える部分です。授乳をしている時に気になったり、夏はノースリーブなど露出が多い服装で過ごすことが増えるので気になります。こまめに処理しておけばいいのですが、子育てが忙しいとなかなかそこまで手が回らないことも。

最初から永久脱毛しておけば気にせず育児に専念できるので「やっておいてよかった」と感じる方が多いようです。

②VIO

特にVIOを自分で処理している方は、妊娠前にレーザーで永久脱毛をしておいた方が良いでしょう。何故なら、妊娠してお腹が大きくなると剃る部分が見えなくなり危ないので、自己処理が出来なくなるからです。

しかし処理していないと検診時に恥ずかしいと感じる方も居るでしょう。医師は1日に何人もの女性を内診しているので気にしている方は少ないと思いますが、「やっぱり恥ずかしいから処理しておけばよかった」と感じる方も多いようです。

また、出産時には感染予防のために毛を剃ることがあります。最初から剃っておけばその手間も省けるので損はないと言えるでしょう。

中には衛生面から考えてもメリットが多いのでVIO処理を推奨する医師もいます。逆にツルツルだと検診の時に恥ずかしいと感じる方も居るようですが、医師から見れば処理している人の方が内診しやすいと感じることが多いようです。

VIOの脱毛を検討している方にとっては妊娠前の脱毛はメリットが多いので、ぜひやっておきましょう。

③足・腕

春や夏になるとどうしても露出が多くなる部分である、足や腕。日常的に自己処理できれば気になることは無いでしょう。しかし子育てで忙しく、ゆっくりお風呂に入る暇もないような日々の中でムダ毛の処理をこまめに行うのは難しいですよね。

そのため普段から露出が多くなる部分は、永久脱毛をしておいた方がよかったと感じる方が多いようです。妊娠前はもちろん、自己処理の手間を省くために産後から永久脱毛に通う方も少なくありません。

まだ妊娠していない方は、これからのためにも早めに脱毛しておいた方がいいでしょう。

まとめ:胎児に影響はないが、トラブルを防ぐために対処しておこう

ご紹介したように、妊娠中にレーザー脱毛をしても胎児に影響を与えることはありません。妊娠しづらくなるといった影響もないので安心してください。

しかし妊娠中は多くのトラブルが起きる可能性があるので、妊娠中で今から脱毛をしたいと検討している方は産後落ち着いてから脱毛をしましょう。

現在脱毛中で妊娠が発覚した方は、脱毛の中断や延期の手続きができないかクリニックに相談してみましょう。例えばアリシアクリニックの場合は、妊娠が理由であれば通常の契約期間から無料で1年半の延長が可能になります。新宿クレアクリニックも妊娠が理由なら契約有効期間の延長が可能です。

これから脱毛をしようと検討していて、妊娠の可能性があるという場合は、「途中で中断や休止ができるかどうか」「産後早く脱毛が再開できるか」といった点をチェックして脱毛クリニックを選びましょう。以下のクリニックは妊娠しても安心して継続できるシステムが用意されているので、安心して通えます。

妊娠する可能性がある方は後でトラブルにならないためにも、中断や延期ができるコースを取り扱っているクリニックを探しましょう。

各クリニックではどういった解約・休止のシステムが取られているのかも調査していますので、参考にしてみて下さい。

-不安・疑問
-, , , , , ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.