不安・疑問

医療レーザー脱毛の痛みはどのくらい?和らげる方法はあるの?

更新日:

医療レーザー脱毛のデメリットとしてよく挙げられるのが「光脱毛よりも痛みがある」という点です。

エステサロンの広告では「レーザー脱毛と違って痛くない!」ということが前面にアピールされているものもあります。

こういった広告やネットでの口コミを見ると、

「やっぱりレーザー脱毛って痛いのかな…。」
「痛いのは苦手だからレーザー脱毛は出来ないかも…。」
「レーザーがいいけど痛いのは嫌」

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本ページではそんなレーザー脱毛の痛みが気になる方の

  • 痛みというデメリットだけが気になる…
  • 実際のところ、本当に痛いの?
  • 痛いって聞くけど具体的にはどんな痛みなの?
  • 痛みを和らげる方法はある?

といった疑問にお答えします。その他、部位別・機器別の痛みについてや、レーザー脱毛で使われる麻酔についても詳しく解説します。

レーザー脱毛はどのくらい痛いの?

レーザー脱毛で感じる痛みには、個人差や部位による差・機器による差があります。その他にも体調や肌のコンディション、施術する人によっても痛みに違いが出ることがあります。

条件や施術を受ける人の個人差により痛みの度合いは異なるため、「どのくらい痛い」のかをはっきり説明することはできません。

「全く痛くない。輪ゴムではじかれたくらい」と感じる方もいれば、「涙がにじむほど痛かった」という方もいます。

エステでの光脱毛とレーザー脱毛の痛みの違い

「エステでの光脱毛は痛くないが、医療レーザー脱毛は痛い」と言われています。

このように言われる理由は、2つの脱毛で使用される機器の出力の違いにあります。

光脱毛は出力が弱い分、誰でも取り扱いができます。痛みも少なくなるケースが多いのですが、その分効果は劣ります。

レーザー脱毛は出力が強いので医療従事者でないと取り扱えません。痛みがあるケースもありますが、その分しっかりと脱毛をすることが可能です。

こういったメリット・デメリットがあるので「痛くない」からといって安易に光脱毛を選ぶと「まったく脱毛できなかった」「すぐに生えてきた」というトラブルが起きる可能性もあります。

また、レーザー脱毛にも危機によって出力の違いがあるので必ずしも光脱毛より痛いということはありません。

部位によって違うレーザー脱毛の痛みはどんな感じ?

レーザー脱毛の場合は、脱毛を行う部位によって痛みに違いがあると言われています。実際に脱毛をした方の体験談を元に具体的にどんな痛みだと感じている人が多いのかを調査してまとめました。

脱毛箇所 痛みレベル 麻酔使用状況
VIO ★★★★☆ 40%
ワキ ★☆☆☆☆ 0%
★★☆☆☆ 5%
★★☆☆☆ 5%
背中 ★☆☆☆☆ 0%
うなじ ★★★☆☆ 30%
★★★☆☆ 30%
手足の指 ★★☆☆☆ 0%

VIO脱毛の痛み

痛みレベル: ★★★★☆
一番痛みを感じやすい部分だと言われているVIO脱毛。一般的にはIラインが最も痛く、VラインやOラインはそこまで痛くないと感じる方が多いようです。V・Oは痛みに強い方なら「慣れれば平気」と感じる方が多く、少しヒリヒリ感があるという方も居ます。

一方Iラインは多くの人が「全身脱毛したけど一番痛かった」「声が出るほど痛い」といったように、強い痛みを感じる部位です。

Iラインは麻酔なしで行うと、続けることができなくなるほど痛みを感じる方もいます。そのため、Iラインを施術する方の多くは麻酔をしてから脱毛をするケースが多いようです。

麻酔使用状況:40%
痛みが少ないタイプの脱毛機器の場合は麻酔を使う人は少ないです。また、ジェルを塗って痛みを軽減させるなどの工夫も行われており、麻酔を使用する人は半数以下となっています。

一度施術してみて我慢できない痛みだと感じた場合、2回目以降で麻酔を使う人が多くなっています。特にIラインは痛みが強いのでVラインよりも麻酔を使用する人が多いです。

ワキ脱毛の痛み

痛みレベル:★☆☆☆☆
ワキは比較的痛みが少ない部分だと言われています。そのためレーザー脱毛を行う人が初めて施術する部位としてよく選ばれます。

痛みは「輪ゴムをパチンとはじいたような痛み」と例えられることが多いです。

麻酔使用状況:0%
痛みが少ない部位だということ、施術範囲も狭くすぐに終了するので麻酔を使用する人は全くいないと言っていいでしょう。

脚脱毛の痛み

痛みレベル:★★☆☆☆
脚の脱毛は、基本的にはあまり痛くないと言われています。これは脚が普段から刺激を受けやすい部位であるため、痛みに強いからだと考えらえています。

しかし「ひざ下」は痛みを感じやすい部分だと言われています。ひざ下は脂肪が少なく骨が近い部分にあるので痛みを感じやすいと考えられています。

「ワキより少し痛いくらい」「Vラインと同じくらい痛い」と感じる方が多いようです。

麻酔使用状況:5%
範囲の広い部位ですが、あまり痛みを感じないので麻酔を使用する人はほとんどいません。過剰に痛みに弱い方や、ひざ下の施術の際に使用したという人もいるようです。

腕脱毛の痛み

痛みレベル:★★☆☆☆
脚と同様に、腕そのものはあまり痛みを感じませんが、脂肪が少なく骨が近い「ひじ下」が特に痛い部分であると感じる方が多いです。しかし「ひじ下」は「ひざ下」に比べると痛みが少ないと言われています。

「針をツンツンと突かれているような痛み」と感じる方もいます。

麻酔使用状況:5%
範囲の広い部位ですが、あまり痛みを感じないので麻酔を使用する人はほとんどいません。過剰に痛みに弱い方や、ひざ下の施術の際に使用したという人もいるようです。

背中脱毛の痛み

痛みレベル:★☆☆☆☆
背中は範囲の広さに対して毛の量が少ない傾向にあるので、あまり痛みを感じにくい部位だと言われています。

「まったく痛みを感じなかった」「ワキよりも痛くなかった」という方も多い部分です。背中と同様に胸やデコルテ、お腹も痛みを感じなかったという方が多いです。

麻酔使用状況:0%
痛みをほとんど感じなかったという人が多い部位です。範囲は広いですが麻酔を使う人は全くいないと言えます。

うなじの脱毛の痛み

痛みレベル:★★★☆☆
うなじは他の部位に比べると皮膚が薄いために痛みを感じやすい方が多くなります。

また、うなじのムダ毛は産毛となるケースがほとんどです。産毛の脱毛は出力を高めないと効果が出ない可能性があるので、その分痛みが強くなるケースもあります。

麻酔使用状況:30%
痛みを感じやすい部位なので、冷却するなどして痛みを軽減させるといった工夫をしているクリニックが多いです。しかし痛みに弱い方は麻酔を使って痛みを和らげることもあります。

顔の脱毛の痛み

痛みレベル:★★★☆☆
顔は皮膚が薄くて弱いので痛みを感じやすい部分です。日焼けをしていたり、乾燥しているとヒリヒリとした痛みが強くなるケースもあります。

頬の部分は脂肪も多いのであまり痛くない傾向にありますが、その他の脂肪が少ない部位は痛みが「針で刺されているような痛み」と感じる方も多いです。

麻酔使用状況:30%
女性だと鼻下、男性だとヒゲの脱毛の際には強い痛みを感じることがあります。そのため不安な場合は麻酔を使用することを推奨するクリニックもあります。

おでこ・額の痛み

おでこは骨が非常に近い部分です。そのため「ひざ下」「ひじ下」と同様に、顔の中でも痛みが強くなりがちな部分となります。

同様の理由から眉毛付近も痛みが強くなる場所だと言われています。

鼻下の痛み

鼻下はレーザー脱毛の中でも痛みが強いと言われている部位の1つです。男性だとヒゲのある部位となりますが「かなり痛い」「続けられなかった」と感じる方もいるようです。

痛みを感じやすいので光脱毛でもとても痛いという意見がありました。しかしレーザー脱毛の場合は麻酔をして脱毛することが可能なので鼻下の脱毛の際は麻酔を使う方も多いようです。

また、男性に比べると濃い毛がないので女性の方が痛みは弱くなる傾向にあります。

足の指・手の指の痛み

痛みレベル:★★☆☆☆
足の指や手の指は「痛みを感じやすそう」と考える方が多いのですが、意外に痛みがあまりない部分です。

比較的刺激に強い部分であることや、産毛よりも少し太い毛となります。

出力をそこまで上げる必要が無いなどの理由から、痛みが少ない傾向にあります。

麻酔使用状況:0%
脱毛範囲が狭いことや、痛みが少ないことから麻酔を使用する人は全くいないと言えます。

レーザー脱毛の機器によって痛みは違う?

部位によっても痛みは変わりますが、レーザー脱毛機器の種類によっても痛みは違ってくると言われています。医療レーザー脱毛で主に使用されている3つの機器による痛みについて解説します。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザー

比較的痛みが少ないと言われている機器です。そのため、痛みを感じやすい部分の施術はダイオードレーザーを使っているクリニックで行ったという方もいます。

産毛に強く、細い毛も出力を必要以上に高めずに脱毛できるので、脱毛完了までにかかる期間も短くなります。そのため、痛みを感じやすい部位や、できるだけ早く終わらせたい部位に適しています。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザー

ダイオードレーザーよりも痛みが強いと言われている機器です。これは、アレキサンドライトレーザーが最もメラニン色素に敏感に反応する機器だからだと考えられています。

しかし冷却機能付きのアレキサンドライトレーザーなら、照射前に肌を冷却するので痛みを和らげることが可能です。冷却機能付きのものならダイオードレーザーよりも痛みが無かったと感じた方もいます。

ヤグレーザー

ヤグ(YAG)レーザー

ヤグレーザーはメラニン色素に反応しにくいので、少し日焼けしてしまった肌やシミのある肌にも施術が可能となるケースのある機器です。

しかし肌の深い部分にレーザーが届くので痛みが強く、麻酔をしても強い痛みを感じることがあります。

回数を重ねると痛みはなくなる?強くなる?

体験談を見ると、「回数を重ねることで痛みがなくなってきた」という方がいます。その一方で「脱毛の最後の方は痛みが強くなっていった」という方もいます。

このように全く逆の感想を持つ方がいるのには、いくつかの理由があり、ここではそれについて解説します。

回数を重ねるごとに出力は上がっていく

一般的にレーザー脱毛は回数を重ねるごとに出力が上がるケースが多いです。回数を重ねるごとに脱毛が必要となる毛の量は減っていきますが、最後まで残っている毛は弱い出力では脱毛できない毛である可能性が高くなります。

そのため、出力を上げて残った毛を脱毛する必要があり、回数を重ねるごとに出力を上げるケースが多くなるのです。

出力が上がればその分刺激が強くなり、痛みも強くなります。こういった理由から「最初はあまり痛くなかったが、最後の方は痛かった」と感じる方がいます。

照射する部分が減れば、痛みを感じている時間は短くなる

出力が上がれば痛みは強くなりますが、毛は少なくなっているので照射する部分は少なくなっているはずです。施術にかかる時間も短くなります。

痛みを感じている時間そのものは短くなっていくので、総合的に見れば「回数を重ねることで痛くなくなる」と感じる方もいます。回数を重ねても出力が上がらなければ確実に痛みは少なくなっていくでしょう。

出力が上がっても、毛の量が減れば「痛みは強いが、時間は短い」となるケースが多くなります。これを「回数と共に痛みが増す」と感じるのか「回数と共に痛みがなくなる」と感じるのかには個人差が生じます。

痛みになれてくる…。という意見も

その他、脱毛の回数を重ねることで起こる変化には「痛みに慣れる」という意見もあります。最初はどのような痛みなのかも解りませんし、痛みに弱いと恐怖感を覚えてより痛く感じることもあります。

しかし一度経験してしまえばどのような痛みなのか把握できるようになり、心構えができます。このように痛みに慣れて精神的に落ち着くことで、痛みを感じにくくなるケースもあります。

担当者が下手だと痛いこともある?どうしたら改善される?

体験談の中には「痛みを感じたが、もしかしたら担当者が下手だったのかも」「担当者が変わったら痛くなった」という意見もあります。

実際には施術する人の腕によって痛みが変わるかどうかも調べてみました。

施術の方法によっては痛みが強くなる可能性も…。

実際にレーザーの当て方によって痛みが強くなる可能性もあるようです。

しかし光脱毛に比べると施術者の腕による痛みの差はないと言われています。何故なら光脱毛は資格が不要なので誰でも施術が可能です。サロンによっては経験がほとんどないエステティシャンが脱毛を行うケースもあり、仕上がりや痛みに大きな差が出る可能性が高くなります。

一方で医療レーザー脱毛は医師免許か看護師免許を持っていなくては施術が行えません。皮膚に関して知識を持っている有資格者なので光脱毛を行うサロンに比べると安心して施術が行えます。

痛みや違和感に気づいたら素直に言おう

医療従事者が行う医療レーザー脱毛であっても、人によっては痛みが強くなる可能性も否定はできません。

もし処置の方法や施術時の痛み、違和感に気が付いたのなら、きちんと意見を言いましょう。「クレーマーと思われたらどうしよう…。」と我慢をするのはよくありません。きちんとしたクリニックなら痛みがあることを伝えれば、

  • 出力を下げる
  • 照射の方法を変える
  • 麻酔を使用する

などの工夫をして痛みを和らげてくれるはずです。脱毛を完了までトラブルなく進めるためにも、必ず伝えるようにしましょう。

直接言うのが苦手な人は後から電話をしてもOK

痛みが気になったものの「直接担当者に言うのはちょっとイヤ…。」と感じる方もいるでしょう。また、伝えてもあまり改善されなかったというケースもあります。このような場合は、後から電話で問い合わせてもOKです。

ポイント

大手クリニックの場合は、直接お店に言いづらいなら本部のカスタマーセンターに問い合わせたり、メールでの問い合わせをしてもいいでしょう。言いづらい場合はこのような工夫をして伝え、くれぐれも我慢をすることが無いようにしましょう。

どうしても痛いのが怖い!痛みを和らげるにはどうすればいい?

どうしても痛いのがイヤ。でも脱毛はしたい。できるだけ痛くないようにするにはどうしたらいい?

と考えている方のために脱毛の痛みを和らげる方法についてご紹介します。

保湿をしっかり行う

肌が乾燥していると刺激に弱い状態になり、レーザーの痛みを感じやすい傾向にあります。保湿をしっかり行えば肌は刺激に強くなり、痛みを和らげることが可能です。

普段からボディクリームやローションを使って保湿ケアをしておきましょう。前日の夜は特に念入りに保湿ケアをしておきましょう。

しかし施術直前にクリームをつけると毛穴が詰まってしまい、脱毛効果が薄れる可能性があります。当日や施術前にはつけないように注意しておきましょう。

日焼けをしないように気を付ける

日焼けをした後の肌は、刺激に弱い状態になっています。乾燥した肌と同様に痛みに弱くなっているので注意が必要です。

肌全体が黒くなるような日焼けだと施術そのものができない可能性もありますが、軽い日焼けくらいなら脱毛そのものは可能です。しかし痛みが強くなるケースもあるので、極力日焼けはしないようにしておきましょう。

出力を下げてもらう

レーザーの出力が上がれば光や熱が持つ力は強くなり、その分痛みも強くなります。もし痛みが気になる場合は、出力を下げてもらいましょう。

痛いのが怖い…。という場合は最初から低い出力で照射して、徐々に上げてもらうことも可能です。カウンセリングの際や施術の際にきちんと伝えておきましょう。

麻酔を使って痛みを和らげる

塗るタイプの麻酔や笑気麻酔など、痛みが強い部分の施術では麻酔が使用されるケースも少なくありません。痛みが強くて脱毛が続けられない場合は、麻酔を使って痛みを和らげます。もちろん最初から麻酔を使うことも可能です。カウンセリングの際に相談しておきましょう。

麻酔は医療行為なので、サロンでの光脱毛の際は使えないので注意しておきましょう。

脱毛レーザーで使われる麻酔とは?

痛みに弱い方でも、麻酔があれば苦痛を感じることなく脱毛が可能です。前述した脱毛レーザーの施術の際に使われる麻酔の種類や効果について詳しく解説します。

麻酔クリーム

エムラクリーム

医療脱毛で使われる麻酔の1つが、直接施術を行う部分に塗るクリーム状の麻酔です。麻酔クリームで主流となるのが「エムラクリーム」と呼ばれる皮膚麻酔です。

塗ってから30分から1時間経てば皮膚に与えられる刺激による痛みをやらわげる効果が出てきます。そのため、使用を希望する際は前もって伝えておく必要があります。

笑気麻酔(笑気ガス)

笑気麻酔

亜酸化窒素と酸素で構成された麻酔でガスのようになっています。そのガスを吸うことでお酒に酔っているような状態になり、痛みに対する不安を取り除いたり痛みを感じにくくしてくれます。

効果は吸っている間だけなので、施術中は常に吸引できるように機器を付けておく必要があります。以前は酸欠になるといったデメリットもあったようですが、現在は吸入器の進化により安全性も高まっています。

そもそも麻酔は使うべきなの?

麻酔は副作用もなく、医療機関が行うものなので危険性はほとんどありません。もし体に合わなかった場合はすぐに対処してもらえます。

麻酔を使用する人は比較的少数派のようですが、VIO脱毛など痛みが強い部位の場合は麻酔を使う方も増えると言われています。痛みが強すぎて施術が続けられないくらいなら使ったほうがいいでしょう。

また、機器によってや部位によっても痛みは違うので麻酔を使うべきかどうかはその都度担当者と相談して決めるようにしておきましょう。

麻酔の効果はどのくらい?

笑気麻酔も麻酔クリームもそれぞれ効果が十分にあったと感じる人とそうでない人がいます。笑気麻酔はお酒に強い体質の方だとかかりにくいことがありますし、クリームも肌質によっては効果が十分に出ないこともあります。

麻酔とはいえ、痛みそのものを無くすという効果はありません。あくまでも「痛みを和らげる」「痛みをごまかす」ものであると考えておくと良いでしょう。

VIO脱毛や男性のヒゲ脱毛など麻酔なしではできない人が多いと言われている部位もあります。激しい痛みを耐えられる痛みにまで和らげてくれる効果は十分にあると言えるでしょう。

麻酔クリームは自分で個人輸入で購入してもいい?

prilox

個人輸入なら麻酔クリームを手に入れることは出来ますが…

麻酔クリームを取り扱っていないクリニックへ、麻酔クリームを自分で塗っていきたいと考える方や実際に塗っていった経験のある方もいます。

しかし麻酔クリームは日本では販売が禁止されているのでインターネット等で個人輸入しなければ手に入りません。また医療の知識が無い人が自分で勝手に塗るとクリームの油分に反応して火傷が起こる可能性があるそうです。

デメリットもありますし、勝手に判断して自分で麻酔クリームを塗ることはオススメできません。

クリニックに問い合わせてみた!

麻酔を使う際は、別途料金がかかります。クリニックによって麻酔の種類や料金は違います。大手クリニックの麻酔料金について問い合わせてみました。また、使用している脱毛機器と痛みについても問い合わせてみましたのでチェックしておきましょう。

アリシアクリニック

  • 麻酔クリーム 1パーツ/1,080円(税込)

希望すれば麻酔クリームが使えますが、基本的には「麻酔をする人はほとんどいません」とHPにも掲載されています。アリシアクリニックで使用されるレーザーは痛みの少ないダイオードレーザーを使ったライトシェアデュエットです。冷却機能付きで施術する部分を吸引するので麻酔はあまり必要ないと説明されています。

リゼクリニック

  • 笑気麻酔 30分/3,240円(税込)
  • 麻酔クリーム 1回/3,240円(税込)

リゼクリニックは痛みへ不安がある人の為に、しっかりと麻酔に関する説明を記述しています。麻酔に関する体験談もHPに掲載されています。

脱毛機器は3種類から個人の毛質に合わせて選ばれます。傷みに弱い場合は最も痛みの少ないものを選ぶといいでしょう。また、痛みが軽減されるように照射する際に声掛けをしてくれたり、痛みの少なくなるような照射方法を行ってくれるので麻酔が無くても痛みを感じなかったという声が多いです。

湘南美容外科

  • 笑気麻酔 1部位/2,160円(税込)

麻酔を使用する人はほとんどいないようですが、希望すれば部位単位で笑気麻酔が使用できます。麻酔クリームの使用はしていません。

使用している機器はアレキサンドライトです。ウルトラ美肌脱毛では冷却機能の付いたオリジナル脱毛器を使用し、優しく安全に脱毛できます。

新宿クレアクリニック

  • 表面麻酔 1部位/3,240円(税込)

表面麻酔と呼ばれるクリームタイプの麻酔を希望により使用できます。麻酔以外にもスタッフの技術向上のための取り組みを行っていたり、鎮静作用のあるアロマを使って痛みを和らげる工夫が行われています。

ダイオードレーザーを使用したライトシェアデュエットと、より痛みの少ないメディオスターNextPROの2種類を使って脱毛をします。どちらも痛みが少ない機器ですし、様々な工夫で痛みを軽減させているため、麻酔を使う方はほとんどいないそうです。

KM新宿

  • 麻酔クリーム VIO/5,000円(税抜)

ハヤブサ脱毛と呼ばれる痛みの少ないレーザーで、照射する時間も非常に短く、とにかく痛みが少ないことが特徴と言われています。しかしVIOだけは希望により麻酔クリームの使用が可能です。

他の部位もどうしても希望するなら麻酔の使用が可能なようですが、もともと痛みの少ない機器を使っているので希望する人はいません。

まとめ:レーザの種類や脱毛前の工夫で痛みを和らげよう

クリニックによってレーザーの種類が違うので、どうしても痛みが気になる方は痛みの少ないタイプのレーザー機器を使用しているクリニックを選ぶといいでしょう。

痛みの少ないおすすめクリニックはこちら

また、保湿や日焼け対策もしっかり行って極力痛みが少なくなるようにしておくとさらに安心です。

VIO等の部位はどうしても痛みが強くなってしまうので不安に感じる方も多いと思います。その場合は、麻酔を使用するといいでしょう。しかし麻酔は医師や看護師でないと使用できないため、サロンでの脱毛では麻酔を使うことができません。

痛みに不安があり、麻酔を使いたい場合は医師のいるクリニックで脱毛しましょう。医療従事者が施術を行うクリニックなら麻酔に関する悩みもカウンセリングの際にしっかり相談することが可能です。

レーザー脱毛に対する痛みへの不安を感じる人は非常に多いですが、近年は機器の進化や施術の技術向上により痛みも少なくなってきていると言われています。不安な部分があればカウンセリングの際に納得できるまで相談して施術に進みましょう。

-不安・疑問
-, , , , , , ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.