不安・疑問

全身脱毛は寒い?!ジェルで冷えるから要注意!寒さの対策方法を知って快適に脱毛しよう!

更新日:

脱毛をする際には肌にジェルを塗ることがあります。全身脱毛の場合は時間が長いので「寒かった」「風邪をひくかと思った」なんて意見もあります。

今回のテーマ

  • 脱毛をしてみたいけど、寒いって聞いたからちょっと迷っている…。
  • 脱毛サロン・クリニックに行ってみたけど、ジェルがめちゃくちゃ寒かった!
  • 部分脱毛は寒さに耐えられたけど、全身脱毛だと寒くて大変そう…。

上記のようなことを感じている方のために、今回はジェルによる寒さ対策について詳しく解説します。

全身脱毛は本当に寒い?

全身脱毛はとても寒いと言われていますが、本当に寒いのでしょうか?中には「寒がりな人が大げさに言っているだけでは?」と思っている方も居ると思います。

そこで、実際に脱毛をした人の意見をチェックしてみましょう。

「寒いくらい大したことない!」と感じる方も居ると思いますが、上記の意見が多数みられることからも、全身脱毛をしている人の多くが寒さを苦痛に感じていることが解ります。

「死ぬかと思った」「毎回苦痛」「寒すぎて辞めたい」なんていう意見もかなり多いんです。全身脱毛が寒い、というのは決して大げさではなく多くの人が感じている事実だと言えます。

基本的には室温を調節している

基本的には、脱毛サロン・クリニックの施術室内は寒くないように温度調節がされているはずです。

しかし、全身脱毛の場合は下着を脱いでタオルだけ・ガウンや施術着だけといった薄着になることがほとんどです。さらに施術時間も長くなるので、より寒さを感じてしまいます。

しかし、タオルだけ、ガウンだけの薄着になることが多く、全身脱毛は時間も長いのでその分寒さを感じやすくなってしまいます。

ジェルを塗ることで寒さを感じる

薄着でいるということはもちろん、寒いと感じる大きな原因の1つが冷却ジェルです。レーザーによる肌への刺激を抑えるために必要なもので、照射をする場所に塗ります。冷却ジェルはかなり冷たいので、塗ると「ヒヤッ」としてびっくりするという声も多いです。

全身脱毛の場合は施術範囲も広く塗る場所が多いので、より寒さを感じやすくなってしまいます。

ジェルって本当に必要なの?

冷却ジェルが冷たいのなら、ジェルを塗らなければいいのでは?と感じた方も多いのではないでしょうか。

脱毛においてジェルは必要不可欠なものです。レーザーや光は熱を与えるもの。照射をすることで火傷を起こしてしまう可能性もあります。

肌が火傷を起こしてトラブルにならないためにも、冷却ジェルでその予防を行うことは脱毛をするなら欠かせないプロセスとなります。

しかし、一部の脱毛機器ではヘッド部分に冷却機能がついており、照射するたびに同時に冷却を行うのでジェルが不要なものもあります。

全身脱毛の寒さ対策方法

ご紹介してきたように、全身脱毛はどうしても寒さとの戦いになってしまう可能性が高いです。しっかり配慮してくれているサロンやクリニックであってもどうしても寒いと感じてしまうというケースが多いでしょう。

そこで全身脱毛での寒さ対策方法について詳しくご紹介します。ちゃんと対策方法を知っていれば、全身脱毛も不安なく行えます!

ジェル不要のサロン・クリニックを選ぶ

寒さを感じる大きな原因の1つである冷却ジェル。この冷却ジェルが不要な脱毛機器を取り扱っているがサロンやクリニックで施術をすれば寒いと感じることはかなり減るでしょう。

ジェル不要のサロン・クリニックは以下のとおりです。

ジェル不要のサロン

  • キレイモ…冷却ジェルが不要な最新マシンを利用しています。
  • ジェイエステティック…冷却機能付きのヘッドなのでジェルは不要。痛みも軽減されます。

ジェル不要のクリニック

  • アリシアクリニック…冷却機能付きのライトシェアデュエットを使用しています。
  • リゼクリニック…3つの機器から肌に合ったもので脱毛できる。冷却機能付きでジェル不要のものも選べます。
  • 新宿クレアクリニック…2つの機器を使って脱毛します。冷却機能付きのライトシェアデュエットも取り扱っています。

冷却機能のついた脱毛機器の場合は、照射をする際に肌にヘッドが当たるとひんやりとします。

しかしずっとジェルが肌に付着している状態と比べると冷たさを感じる時間が圧倒的に短く、身体が寒くなることは抑えられます。

接客対応の評価が高いサロン・クリニックを選ぶ

顧客目線でしっかりと接客してくれているサロンやクリニックは、室温などに関しても徹底しているところが多いです。接客態度が良ければ寒いと感じたときに「ちょっと室温を上げて欲しい」といった希望も言いやすいですよね。

接客に対する評価が高いのは以下のサロン・クリニックです。

接客評価が高いところ

  • キレイモ…全身脱毛専門サロンで多くのモデルやタレントが通う人気サロンです。
  • 銀座カラー…価格も安く、接客対応も比較的評価が高いサロンです。
  • リゼクリニック…脱毛専門のクリニックで高い効果と丁寧な接客、サービスの質の良さで人気があります。

スタッフによっても接客態度は違いますし、性格が合うかどうかという点もあるので基本的にはいくつかの脱毛機関でカウンセリングを受けてみて、自分にあうサロンやクリニックを探すことをオススメします。

体調に合わせて無理せず脱毛する

風邪気味の時に無理をして脱毛するとより寒さを感じることがあります。風邪以外でも体調が悪いときに薄着をしたり脱毛で肌に負担をかけると思わぬトラブルが起きる可能性があります。

体調が悪化してはいけないので無理をしないように、脱毛はできれば別の日に行いましょう。

でも、やっととれた予約をキャンセルしたくないという方も多いのでは?そこで予約が取りやすく、キャンセルのペナルティが少ないサロン・クリニックを選んでおくと安心できます。

キャンセルしやすい・予約が取りやすい脱毛機関を選ぶということは、体調が万全の時に脱毛ができるという利点だけではなく、もしも急に生理になったり、ケガをしたり急用が入ったときなども便利です。

以下のサロン・クリニックは特に予約・キャンセルに関しての対応が評価されています。

予約キャンセルへの好対応

施術時間が短いサロン・クリニックを選ぶ

全身脱毛は上半身・下半身と上下に分けて脱毛を行うケースも多いですが、それでも1時間~2時間ほどかかることも多く、施術時間が長くなります。

その分ジェルが付着している時間・薄着でいる時間が長くなるので、より寒さを感じてしまうことがあります。

一方で脱毛の施術時間が短いサロンやクリニックなら寒さを感じる時間も短くなることが考えられます。

スピーディーな施術で施術時間を短くしているサロンやクリニックを選ぶといいでしょう。以下のサロン・クリニックは特に施術のスピード、施術時間の短さが特徴となっています。

施術時間が短いところ

寒い時期を避ける

室内なのであまり温度差はありませんが、やはり12月~2月といった特に寒い時期はいつもよりも寒く感じることが多いです。

脱毛は2ヶ月~3ヶ月間隔で通うケースが多いので、寒くなる前に脱毛をしておけば、次は寒さのピークが過ぎたころになるので一番寒い時期を避けて脱毛することが可能です。

冬は寒いから脱毛したくない、という方は最初から冬・寒さのピーク時にはいかなくていいようにスケジュールを組んでみるといいでしょう。

まとめ:サロンやクリニック選びのポイントを押さえておけばOK

既に通っているという場合は、上着を持っていく、スタッフに室温を上げてもらうといった方法でその都度対応していきましょう。

しかしまだ通っていないという方は、サロンやクリニックの選び方のポイントをチェックして寒さで苦痛を感じないような脱毛機関での施術を行いましょう。

ジェルのひやっとした感じがイヤだという場合は、ジェル不要の機器を使っているサロン・クリニックを選ぶことをオススメします。

寒さに対するチェックポイント

  • 施術時間が短い
  • 体調不良の時など、比較的キャンセルしやすい
  • 室温調整をちゃんとしてくれる

ジェルはOKだけど、寒いのはちょっと不安…という方はこういった条件を満たしたサロンやクリニックがオススメです。今回ご紹介したサロン・クリニックの情報を参考にしてみて下さい。

最初に選び方のポイントを抑えておけばあとから「寒くて全身脱毛が苦痛」といったトラブルは起きづらくなります。

サロンならミュゼプラチナムが施術時間が短く、接客への評価も高いのでオススメ。
クリニックならリゼクリニック施術がスピーディーで対応もしっかりしているのでオススメです。

既に通っている方の場合は乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。

全身脱毛は複数回通う必要があるので、苦痛があると通いたくなくなってしまうことも。せっかく高いお金を払って脱毛するのですから、できるだけ快適に施術したいですよね。

サロンやクリニック選びに気を付けつつ、ストレスなく完了まで通える脱毛を行いましょう。

-不安・疑問
-, ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.