脱毛サロンの基礎知識

IPLやSSC、ミュゼや銀座カラーで使われている光脱毛の種類と機種のまとめ

更新日:

脱毛は痛い。そんなイメージを持っている人はたくさんいるのではないでしょうか。そんな人に知ってほしいのが光脱毛です。確かに脱毛は痛いです。しかし、その痛みのレベルは脱毛の方法により様々です。

おそらく、みなさんが痛い、痛いと思っているのはレーザー脱毛にあたります。しかし、今回紹介する光脱毛は脱毛の中でも痛みが少ないものが多いです。中にはほとんど痛みを感じないものもあったりします。

「光脱毛」「フラッシュ脱毛」「IPL脱毛」「SSC脱毛」など、どこかで聞いたことのあるようなものもあるのではないでしょうか。ここではそれらの有名な脱毛方法から、あまりみなさんが知らないで損している脱毛方法についても紹介しています。

今回紹介する光脱毛の種類の特徴をまとめると下の表のようになります。

基本の2種類 痛み 効果 向いている部位 採用サロン
IPL脱毛 脇、腕、足 銀座カラーシースリー、エターナルラビリンス
SSC脱毛 顔、VIO 脱毛ラボミュゼプラチナム
その他の種類 痛み 効果 向いている部位 採用サロン
ハイパースキン脱毛 顔、産毛 ディオーネ、カレン
SHR脱毛 顔、VIO ラココ、ストラッシュ
NPL脱毛 顔、VIO サクライクド、パリス

値段につられて勢いで脱毛して痛い思いや後悔をすることがないようにここで改めて光脱毛にはどのような種類があるのか確認してみましょう。

光脱毛の基本となる2種類

エステ脱毛にも色々種類があってどんな種類の脱毛をすればいいのか迷っていませんか。その中でもレーザー脱毛に対して痛みが少ないと人気の光脱毛(フラッシュ脱毛)があります。光脱毛にはどのような方法があるのでしょうか。

光脱毛の方法には基本的に大きく分けて2種類(IPL脱毛とSSC脱毛)の方法があります。それぞれどのような方法で脱毛するのか。レーザー脱毛と比べて何が違うのか。それぞれの方法と特徴を見ていきましょう。

IPL脱毛

光脱毛の中で最も有名なものの一つにIPL脱毛があります。レーザーかフラッシュか迷ってる人はIPL脱毛を目安に比較してみるといいと思います。それではIPL脱毛とは一体どのようなものか見ていきたいと思います。

IPL脱毛とは?

IPL脱毛とはIntense Pulsed Light(インテンスパルスライト)脱毛の略でエステサロンや脱毛サロンで施術できる光脱毛の1つです。この光が毛のメラニン色素に反応することで熱を発し、毛根にダメージを与えることで毛の再生力が弱まります。それを繰り返すことによって脱毛を行います。

IPL脱毛の特徴

IPL脱毛の大きな特徴は痛みがほとんどないことです。なぜなら、光脱毛は毛根を破壊するレーザー脱毛に対し毛根を破壊せずダメージを与えるだけ(破壊するときの出力に比べて、ダメージを与えるときの出力は低い)だからです。またIPLは一点に光が集中するレーザーに対し四方に拡散する光であるため照射面積が広くなります。

したがって、1回の施術で広範囲をしかも短時間で処理することができます。さらには可視光線には肌を活性化させる効果も期待できるので美容効果があるのも1つの特徴です。

IPL脱毛を採用しているサロンには銀座カラーやシースリー、エターナルラビリンスがあります。

IPL脱毛の中のプラズマ脱毛

IPL脱毛にはさまざまな呼ばれ方があってプラズマ脱毛もその一つです。本質的にはフラッシュ脱毛や、IPL脱毛と大きな違いはないです。では、一体何が違うのでしょうか。プラズマという強そうな名前ですが効果はどのようなものなのでしょうか。

プラズマ脱毛とは?

プラズマ脱毛とはIPL脱毛と同じく光脱毛です。しかし、利用する光の種類が異なります。キセノンフラッシュ光という光でレーザーに比べて波長が長い光になります。毛のメラニン色素に反応することで熱を発し、毛根にダメージを与えます。それによって、毛の再生力を弱めながら脱毛していきます。

プラズマ脱毛の特徴

IPLと比べ同じか弱い光を使用しているので痛みがほとんどないのが特徴です。また、黒いものに反応するのでシミや黒ずみの解消効果もあります。広範囲に光をあてることができ施術回数も少ないので比較的安く脱毛できます。

プラズマ脱毛を採用しているサロンには銀座カラーがあります。

IPL方式の光脱毛機器

IPL脱毛は光脱毛の中でも多くのサロンが採用している方式です。それだけ多くの機器も出回っています。それでは、その中でも最新脱毛機器にはどのようなものがあるのでしょうか。冷却方法から美容効果まで多彩な機能に注目です。

ルネッサンスGTR

ルネッサンスGT-R

IPL脱毛を行う時に使用する高速美容脱毛機器です。美容機器なので脱毛だけでなくフェイシャルケア、除毛・減毛、ボディ、バストケア、ヒップアップなど豊富な機能がついています。

ルネッサンスGTRに向いている人

ルネッサンスGTRはとにかく早く施術を終わらせて欲しい人に向いています。通常1時間半はかかる全身脱毛が高速モードで40分、高速でなくてもおおよそ1時間で終えることができます。また、静音なので施術を受けている間リラックスしていられます。

GSD h150ws

GSD h150ws

IPL脱毛に使用する機器で世界初のとなる照射出力自動補正機能を搭載しています。照射スピードも超高速からゆっくりと自由自在にコントロールすることが可能です。

また、水冷+半導体冷却で表面を冷やしながら施術できるハンドピースになっています。さらに、フェイシャル、除毛・減耗、ニキビケアなど多くの機能が付属しています。

GSD h150wsに向いている人

熱による痛みを感じやすい人に向いています。GSD h150wsは表面を冷やしながら施術してくれるので痛みを軽減することが可能です。また、美容機能が豊富なのでそれらの効果も一緒に施術できるサロンがあります。したがって、美肌や美容もしたいとうい人にも向いています。

脱毛方法 機器 速さ 痛み 冷却 美容 効果
IPL方式 ルネッサンスGTR
GSD h150ws

SSC脱毛

SSC脱毛はIPL脱毛についで有名な光脱毛です。その方法はIPL脱毛と比べ光を使う以外は全く違います。それでは、どのような方法で脱毛するのでしょうか。

SSC脱毛とは?

SSC脱毛とはSmooth Skin Control(スムーススキンコントロール)脱毛の略で同じくエステサロンや脱毛サロンで施術できる光脱毛の1つです。IPL脱毛と違って光による熱で毛根にダメージを与えるのではなく抑毛ジェルを光によって毛穴に浸透させていき毛の成長を抑制していきます。

SSC脱毛の特徴

SSC脱毛は数ある光脱毛の中でも最も肌にやさしい脱毛方法の一つです。痛みに関してもほんのり暖かさを感じる程度と言われていて目にも害のない光を使っています。

またSSC脱毛に使うジェルには植物性美肌成分が配合されているので美肌効果が期待できます。毛根にダメージを与えることをしないので美容行為と言ってもいいでしょう。IPL脱毛と同じく広範囲を短時間で処理することができます。

SSC脱毛を採用しているサロンには、脱毛ラボやミュゼプラチナムがあります。

SSC方式の光脱毛機器

SSC脱毛では専用のクリプトンライトという光を使用して脱毛します。その光に反応するジェルも専用のものがあります。特殊な方法でどのような効果が得られるのか注目しながら見ていきます。

P.S.KRYPTON

PS-KRYPTON

オフへア・フエイシャル・バストトリートメント、それぞれの用途に合わせ、クリプトンライトの波長・パルス幅・ピークパワーを細かく調整した最新鋭の脱毛機器です。長時間使用しても、使用効果と安全性を損なうことがないよう設計されています。

P.S.KRYPTONに向いている人

脱毛と同時に美肌効果を狙いたい人に向いています。そもそもジェルを使用するSSC脱毛では美肌効果が期待できます。しかし、P.S.KRYPTONを使えばさらなる美肌を狙えます。さらに、安全性が高いので、脱毛に少しでも不安を抱えている人にも向いています。

脱毛方法 機器 速さ 痛み 冷却 美容 効果
SSC方式 P.S.KRYPTON

知って得する他の光脱毛の3種類

先ほど紹介したIPL脱毛とSSC脱毛以外にも光脱毛にはたくさんの種類があります。脱毛には種類が多すぎて迷っている人も沢山いるでしょう。

今回は上記の2つに加え3種類一気に紹介します。それぞれの方法に対して適した人が存在するので特徴を見比べながら自分にあった脱毛方法を選びましょう。

ハイパースキン脱毛

肌の弱い人のために生まれたハイパースキン脱毛。痛みを感じにくい分その効果が気になりますよね。それではハイパースキン脱毛について見てみましょう。

ハイパースキン脱毛とは?

従来の光脱毛と違い今生えている毛には何もせずに毛が抜けた後に新しい毛になる発毛因子に働きかけることで毛を作りにくくする方法です。目に見えないところにアプローチしていくもので、今までにない試みです。

ハイパースキン脱毛の特徴

今生えている毛ではなく発毛因子にアプローチするため高い温度が必要ありません。したがって、全くと言っていいほど痛みを感じないという特徴があります。また、色の薄い産毛にも効果的です。しかし、その分効果がわかりにくかったりします。

ハイパースキン脱毛を採用しているサロンにはディオーネ、カレンがあります。

ハイパースキン脱毛の光脱毛機器

肌の弱い人のために生まれた脱毛方法ですが効果があるのか、ということに対して注目を集めています。ハイパースキン脱毛に使用する機器は基本的には1つしかないです。したがって、ハイパースキン脱毛を採用しているサロンではこの機器を使用していることになります。その特徴や効果に注目してみましょう。

ハイパースキンカレン

ハイパースキンカレン

ハイパースキン脱毛を行うときに使用する機器です。照射範囲が広いので従来のおよそ2分の1で施術が完了します。また、光エネルギーが弱いため皮膚や真皮にダメージを与えないので火傷や色素沈着の心配がないです。

さらに、コラーゲンを作り出す働きのある線維芽細胞を活性化させる光を使用しているので施術と同時に肌が引き締まります。

ハイパースキンカレンに向いている人

肌が弱い人に向いています。光エネルギーが弱い上に真皮ではなく発毛因子に働きかけるので痛みはほとんどなく、肌にダメージをほとんど与えません。しかし、効果に関しては個人差が大きくほとんど効果を感じられないこともあります。特に敏感な顔やVIOの脱毛で1度試してみるのが良いです。

脱毛方法 機器 速さ 痛み 冷却 美容 効果
ハイパースキン方式 ハイパースキンカレン

SHR脱毛

SHR脱毛は最近出てきた新しい脱毛法方です。したがって、まだ一部のサロンでしか採用していないです。よって、まだ知らない人も多いのではないでしょうか。育毛技術が発見のきっかけになったと言われています。その方法は毛周期に影響を受けず脱毛できます。では、どのような方法を取っているのでしょうか。

SHR脱毛とは?

SHR脱毛はバルジ領域や毛包に対してダメージを与える脱毛法です。蓄熱式脱毛とも言います。メラニン要素に頼ることがないのでなく全ての毛に対してアプローチすることが可能です。なぜなら、広範囲に弱めの光エネルギーを連続して当てて、毛包に集中してダメージを与えているからです。

SHR脱毛の特徴

SHR脱毛は高速連射式なのでとにかく早いです。全身脱毛が最短で20分で終わります。また、痛みはほとんどなく暖かさを感じる程度です。これは、毛根にダメージを与えるわけではなく広範囲に熱を与えるためIPL脱毛に比べて低温で済むからです。

さらに、毛周期を気にせずサロンに通えるので半年という短期間で脱毛を終えることができます。

SHR脱毛を採用しているサロンにはラココやストラッシュがあります。

SHR方式の光脱毛機器

SHR脱毛も最近出てきた脱毛方式です。その方法はNPL方式と似ている部分があり痛みを感じないことが特徴に挙げられます。SHR脱毛を行うための機械は最新のもので主に2つあり大手サロンも積極的に取り入れています。注目を集めている最新方式の機能を見てみましょう。

ルミクスツイン

ルミクスツイン

SHR脱毛を行うときに使用する機器の中でも新しい機器です。スライド式を採用していて理論上、全身を15分でしかもジェルを塗らずに脱毛することができます。(ただし顔やVIOなどにはジェル使用。)また、もともと痛みを感じにくい方式なのですがルミクスツインだと全く痛みを感じなかったという声も聞きます。

ルミクスツインに向いている人

とにかく時間をかけたくない人に向いています。なぜなら、先ほど述べたように全身脱毛であってもおよそ15分で終わる特徴があるからです。さらに、SHR方式は毛周期を気にせず施術できるので通う期間も短く時間がない、時間をかけたくない人に最適の脱毛プランです。

ライエンス

ライエンス

同じくSHR脱毛を行うときに使用する機器です。全身脱毛にかかる時間はおよそ30分とルミクスツインに比べると時間がかかりますが従来の2、3時間に比べれば短いと言えます。また、エネルギーを最小限に抑えて照射することが可能なためVIOや日焼けした肌にも対応することができます。

ライエンスに向いている人

もともと痛みの少ないSHR脱毛ですが、さらに丁寧にやってほしい人に向いています。ルミクスツインに比べて時間がかかる分エネルギーが抑えられているので痛みをより抑えることが可能です。時間がかかると言っても全身脱毛が30分で終わります。

脱毛方法 機器 速さ 痛み 冷却 美容 効果
SHR方式 ルミクスツイン
ライエンス

NPL脱毛

SHR脱毛と同じ原理を利用した脱毛方法です。SHRとの違いはダメージを与える部分です。こちらも最新の脱毛方法で注目を集めています。

NPL方式とは?

ニューパルスライトという短形波の光エネルギーを使用しバルジ領域にある発生母地にダメージを与えていき脱毛する方法です。毛根にダメージを与えないので痛みを感じにくいです。SHRと同じくメラニン色素に頼らない脱毛方法です。したがって、すべての毛にアプローチすることが可能です。

NPL脱毛の特徴

短形派の光エネルギーを使用しているため痛みが僅かです。また、ターゲットが毛根ではないので毛周期や毛の色、産毛などにとらわれない脱毛施術が可能です。さらに、連続照射ができる仕組みになっているため、従来の5分の1の時間で全身を脱毛することができます。

NPL脱毛を採用しているサロンにはサクライクドやパリスがあります。

NPL方式の光脱毛機器

NPL方式は最近出てきた脱毛方法です。したがって、機器も最新のものしかありません。まだ、有名ではありませんが痛みがない上に、効果があると注目されています。それでは、NPL方式の脱毛を行う機器にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

RIOXY

rioxy

NPL脱毛を行うときに使用する機器です。肌の表面近くで吸収された様々な波長がシミ・くすみ・赤ら顔・ニキビなど異なる症状に直接働きかけます。そのため様々な肌トラブルを脱毛の施術と同時にトリートメントすることが可能となっています。また、連続照射が可能で従来の5分の1というスピードで施術が完了します。

RIOXYに向いている人

早く同時に綺麗に脱毛したい人に向いています。早くきれいにというコンセプトをもとに開発されたため、多くの美容機能を搭載し、脱毛と同時に美肌効果まで期待できます。

Doctor.X

DoctorX

RIOXY同様NPL脱毛を行う時に使用する機器です。スーパーIPLというNPLと同様、矩形波の光エネルギーを効率的に均一に届けることができる光を使用することができます。また、スーパーIPLはNPLに比べより細かな設定が可能になっています。さらに、水冷冷却システムでヘッドを−2度まで冷やしながら施術を行うことができます。

Doctor.Xに向いている人

自分にあった設定でNPL脱毛を行って欲しい人に向いています。光の調整を細かく調整できるので施術中、自分に合わない場合調節してもらえます。また、冷却能力の高い水冷冷却システムを搭載しています。したがって、特に熱いのが苦手な人にも向いています。

知っておきたい脱毛機器の話

サロン選びの中で脱毛機器というキーワードはみんなが思っている以上に大切なものです。最新の機器か古い機器かで得られる効果から施術時間まで大きな違いがあります。

最新で高速のものなら15分で終わってしまう全身脱毛も古いものでは2時間かかってしまうこともあります。効果も2倍3倍の違いがあります。脱毛機器はどんどん進化しています。しかし、脱毛サロンはいつまでも古い機器を使っていて進化していないことはよくあるのです。

これから通おうとしているサロンはどのような機器を採用しているのかしっかりチェックしてから通い始めましょう。

ここまで紹介してきた脱毛機器のまとめ

それぞれの性能をまとめると下の表のようになります。

脱毛方法 機器 速さ 痛み 冷却 美容 効果
IPL方式 ルネッサンスGTR
GSD h150ws
SSC方式 P.S.KRYPTON
NPL方式 RIOXY
Doctor.X
SHR方式 ルミクスツイン
ライエンス
ハイパースキン方式 ハイパースキンカレン

脱毛機器用語集

脱毛機器の紹介の中で度々出てくる用語をまとめて紹介します。

冷却ヘッド

冷却ヘッド

脱毛マシンに冷却ヘッドが搭載されているため、施術前のジェルの塗布を省略できます。そのため、全体の施術時間を大きく短縮することができます。

脱毛には何回も通わなくてはならないので1回の時間が短くなるのは助かります。また、ジェルのひやっとした感覚が苦手な人にも向いています。

高速脱毛

最近の脱毛機器はほとんどのものが高速であることを売りにしています。というのも、従来の脱毛機器では全身脱毛に2時間を要していました。それが、テクノロジーの進化によって最速15分でできるようになったのです。最新の機器を使用すれば大幅な時短が可能でストレスもたまりません。

照射速度

照射速度とは機器が光を出すスピードのことを言います。1秒間に5回や10回も照射することが出来ます。1秒間の照射回数が多いほど早く施術も終わります。しかし、その分痛みも感じやすいです。照射速度は調節が可能です。そのため、痛いときは照射速度を下げてもらいましょう。

脱毛の教科書オススメ!目的別の脱毛方法ランキング

さて、ここまでIPL脱毛、SSC脱毛に始まりNPL脱毛まで様々な脱毛方法を紹介してきました。

ここからは、たくさん種類があるのはわかったけど結局どの方法がいいのかわからない、そんな人のために目的にあった脱毛方法をランキング形式で比較していきたいと思います。自分にあった脱毛方法を見つけてください。

光脱毛の中で効果が高いのは?

  • 1位 IPL脱毛・・・・・銀座カラーシースリー
  • 2位 SHR脱毛・・・・・ラココ、スラッシュ
  • 3位 NPL脱毛・・・・・サクライクド、パリス

光脱毛の中で効果が高いのはIPL脱毛です。ただし、出力が低いため痛みがない分、医療レーザーとくらべると効果は劣ります。しかし、毛根に直接ダメージを与えるので他のエステ脱毛と比べると効果が高いです。

SHR脱毛も効果が高いとは言われていますが最近の脱毛方法なのではっきりとしたデータはありません。ただ、どうしても個人差は出てしまうのでIPL脱毛であまり効果を得られなかった人もいるでしょう。そういう人はぜひ今回紹介した他の脱毛方法も試してみてください。

光脱毛の中で痛くないのは?

  • 1位 SSC脱毛・・・・・脱毛ラボミュゼプラチナム
  • 2位 ハイパースキン脱毛・・・・・ディオーネ、カレン
  • 3位 NPL脱毛・・・・・サクライクド、パリス

光脱毛の中で最も痛くないのはハイパースキン脱毛です。ハイパースキン脱毛では毛根ではなく発毛因子にダメージを与えて脱毛をしています。したがって、毛根に直接ダメージを与えていないので痛くないです。その分効果は他と比べて低くなりがちなのでそこは要検討です。

ついで痛くないのはSSC脱毛です。SSC脱毛では抑毛ジェルの効果で脱毛をしています。よって、上記と同じく毛根に直接ダメージを与えていないので痛みが少ないです。

ただ、痛みに関しては個人の感じ方もあり、ハイパースキンとSSCとの差は殆ど無いといってもいいでしょう。

それゆえ、ここではディオーネ、カレンよりもCMもたくさん出しており店舗数が多く、利便性の高いことからSSC脱毛の脱毛ラボやミュゼをランキング上位としました。

何度も通うのであれば痛いのは当然苦になってくるので自分の中で優先順位をしっかりと決めて脱毛に臨むことが大切です。

光脱毛の中で比較的安いのは?

  • 1位 IPL脱毛・・・・・銀座カラーシースリー
  • 2位 SHR脱毛・・・・・ラココ、スラッシュ
  • 3位 SSC脱毛・・・・・脱毛ラボ、ミュゼ

光脱毛はレーザー脱毛に比べるとどれも安いです。中でも主流となっているIPL脱毛は様々なキャンペーンを行っているサロンが多いので比較的安いです。特に、銀座カラーでは脱毛し放題のプランがありお得です。また、SHR脱毛などの高速連射式脱毛を採用しているサロンも他と比べると安くなっています。

顔やVIOを脱毛するなら?

  • 1位 SHR脱毛・・・・・ラココ、スラッシュ
  • 2位 NPL脱毛・・・・・サクライクド、パリス
  • 3位 SSC脱毛・・・・・脱毛ラボミュゼプラチナム

顔やVIOを脱毛するなら痛みをほとんど感じないSHR脱毛、NPL脱毛は良い効果を発揮します。なぜなら、顔やVIOは脇などと比べると痛みに敏感な部分だからです。しかしながら最新機器であることと採用しているサロンがあまりに少ないのが現状です。実際に通うとすると広く一般的なSSC脱毛である脱毛ラボやミュゼプラチナムが妥当となるでしょう。

もちろん、痛みがほとんどない分あまり効果が感じられない人もいるので1度やってみてから検討してみてください。

光脱毛のFAQ(よくある質問)

Q:脱毛機器ってそんなに大事なんですか?

とても大事です。脱毛機器について詳しく説明しているサイトは少ないです。しかし、脱毛機器によって痛みも速さも異なることがここまで見てきてわかったと思います。

脱毛の方法を知るだけでは満足と言える施術が受けられない場合があります。そのため、光脱毛の隅から隅まで把握し自分にあったものを選ぶようにおすすめしています。

Q:毛が濃くても効果がありますか?

効果はあります。ただし、レーザーのようにすぐに効果が表れることは少ないようです。回数を重ねることによって段々と脱毛していきます。また、光脱毛の中にはSHR脱毛のように毛根ではなく発毛因子にダメージを与えるものもあります。この方法で脱毛すれば毛の濃さに左右されることはありません。

Q:肌が弱くても脱毛できますか?

肌が弱い人のために発明されたというハイパースキン脱毛があります。この方法であれば、アトピーなどの症状がある人でも脱毛が可能です。また、光脱毛は全体的に刺激が弱いので痛みに弱い人でも気にならないことが多いです。

Q:脱毛中に自己処理をしてもいいですか?

おすすめはしていません。 なぜなら、頻繁に行うと毛質が太くなりお肌にもダメージがかかるからです。どうしても自己処理をしないといけないときは電気シェーバーで、肌に負担をかけないように処理してください。

Q:日焼けをしていても大丈夫ですか?

可能な場合が多いです。これは、光脱毛はレーザーに比べて弱い光を使っているためです。また、光脱毛の中にはメラニン色素に頼らない脱毛方法もあります。この方法であれば日焼け肌でも全く問題がないです。

Q:未成年でも施術を受けられますか?

16歳以上であれば受けられます。ただし、大抵のお店では16、17歳は保護者様と同伴でのカウンセリングが必要です。また、18、19歳は保護者様の同意書が必要です。

まとめ:痛みが心配な人にとにかく試してほしい光脱毛

光で毛根にダメージを与えるIPL脱毛、抑毛ジェルで脱毛をするSSC脱毛、ハイパースキン脱毛やSHR脱毛などの最近の脱毛方法。レーザー脱毛に比べて安くて痛くないのが光脱毛の大きな特徴です。しかし、その脱毛方法にはいろいろな方法がありました。

最近の脱毛は体験であればかなり安い値段で受けることができるようになってきています。気になった脱毛があれば体験で一度受けてみて効果などを実感してみるのもいいでしょう。光脱毛は本当に痛くないので脱毛に壁を感じている人の入り口としてピッタリです。

とにかく光脱毛を体験してみたい人は光脱毛の中でも効果が高いIPL脱毛ができる銀座カラー、シースリー、痛いのはもう嫌だという人はほとんど痛みを感じないSSC脱毛ができる脱毛ラボやミュゼ・プラチナムにいくことをお勧めします。

-脱毛サロンの基礎知識
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.