不安・疑問

レーザー脱毛後、抜け始めの不安な時期に知っておきたい対処法

更新日:

レーザー脱毛は、多くの人が施術前に悩みを抱えます。それは、費用の問題であったり、痛みの不安であったり、はたまた恥ずかしさであったり、人によってさまざまです。

やっと施術が完了して、ツルツルのきれいなお肌を手に入れられる!と思った矢先、直面する問題があります。それが今回の記事のテーマである、脱毛後の抜け始めないという悩みです。

今回のテーマ

  • レーザー脱毛をしてみたけど、全然抜けてこない。
  • どれくらいの期間で抜け始めるのかな、抜けなかったらどうしよう。
  • どうやって抜けるのかな、抜けそうだったら自分で抜いてもいいのかな。
  • 全然抜けてこないけど、そろそろ目立ってきちゃうからカミソリで処理したいけど大丈夫かな。

高いお金を払って施術した大切なお肌ですから、抜け始めるまで不安になってしまうのは無理ないことだと思います。

でも、そこで重要なのが正しい知識をもって対処することなのです。脱毛後のお肌は非常に敏感ですから、誤った対処をするとお肌が傷ついてしまい、せっかくムダ毛のないきれい状態になったのに新たなトラブルが発生してしまいます。

正しい対処法を知って、憧れのつるすべ肌を手に入れてください。

レーザー脱毛後、毛が抜け始めるまでの期間

脱毛での抜け始め

レーザー脱毛経験者はよく、「レーザーを当てた後はムダ毛がスルっとぬけてすごく気持ちいい」なんてことを言いますが、脱毛したあとはお肌がヒリヒリするし毛も抜けてこないし、いつになったらそんな感覚になるんだろうと誰しもが不安になります。

クリニックでも、1週間程度で抜けてくるけど個人差がありますとしか言ってくれないので、いつまで待てば良いかわからないというのが正直なところだと思います。

ただ、脱毛は繊細なお肌を扱っているだけに、どうしても肌トラブルを考慮しなければなりません。よって照射レベルを調節してお肌へのダメージを軽減するのですが、その影響で抜け始めや抜け方に差が出てきてしまうのです。

この章では、こういった脱毛の裏事情もお知らせしつつ、安心していただけるような情報をお伝えしていきます。

抜け始めない=効いていない?

冒頭でお伝えした通り、脱毛の効果には個人差があります。ですから、例えクリニックの方に聞いた日数が経って毛が抜けていなくても、効果がなかったと決めつけるのは早いです。

特に、初回の脱毛の場合は安全のため、出力を下げて照射している場合が多いので、短期間での効果を実感しづらいかもしれません。

ただし、レーザー脱毛は1年程度かけてじっくり毛根を死滅させていく脱毛方法ですから、最終的にはしっかり毛が生えてこなくなります。1回目の脱毛で思ったより毛が抜け落ちてこなくても、2回3回と施術を重ねていくうちにだんだんと毛がなくなっていきます。

毛質が脱毛に向いている人は1回目からすごく実感できる場合もありますが、大体の場合、回数を重ねてこその脱毛効果ですので、あまり深く考えなくても大丈夫です。

抜け始めは大体2週間程度過ぎてから

レーザー脱毛をしに行ったら、その日中に毛が抜け始めると思っている人がいますが、それは間違いです。脱毛後に毛が抜け始めるのは、2週間程度経過した後だと言われています。

その理由はレーザー脱毛で毛が抜ける仕組みにあります。レーザー脱毛は毛の色に反応するレーザーを照射し、徐々に毛が再生しないように毛根を死滅させていくものです。

ここで大事なのが、徐々に死滅させていくということです。レーザーを浴びた毛は日を増すごとに毛を支える力を失っていきます。そして毛を支えきれなくなった時にスルリと毛穴から抜け落ちるのです。この一連の流れにかかる時間が大体2週間程度と言われています。

抜け始めまでに差がある理由

抜け始めるまでに大体2週間程度時間がかかることはお分かりいただけたと思いますが、それはあくまで平均の話であり、1週間であったり3週間であったり、人によってまちまちです。

抜け始めには差がある

  • 体質の違い
  • 使用した脱毛機器の違い

それでは、なぜ個人差が出てきてしまうのかということを詳しく説明していきたいと思います。

体質によるもの

抜け始めまでに要する期間が人によって違う理由の1つは、体質の違いにあります。一番大きな差は、代謝スピードの違いです。

自然に抜けるまでの2週間の間、照射された毛は徐々に外に押し出されていきます。この押し出されるスピードが、代謝の良い人であれば比較的早いのです。

また、レーザー脱毛をするまでの毛の処理に、毛抜きや脱毛テープ、脱毛ワックスなどを使っていた場合、毛根が新しいので、毛が抜けるまでが比較的早いです。

それまでの毛の処理にカミソリや除毛クリームなどを使っていた場合は、毛根が古いので押し出されるまでに時間がかかり、効果を実感できるのが比較的遅いです。

使用した機器の違い

また、体質の違いだけでなくレーザー脱毛で使用した機器の違いによっても効果を実感できるまでの時間に差が出ます。

レーザーの種類 抜け始めまでの期間
アレキサンドライトレーザー 2週間
ダイオードレーザー 1ヶ月
ヤグレーザー 2週間

日本では、アレキサンドライトレーザーが一般的に導入されているので、施術後2週間が目安と言われることが多いです。

2週間経っても効果がないときはダイオードレーザーで施術してもらった可能性もあるので、心配であれば確かめてみるのも良いでしょう。

1ヶ月経って効果がないときはクリニックに問い合わせよう

体質や機器の違いによって、どうしても毛が抜けてくることを実感するまでに期間の差があることはお分かりいただけたと思います。

しかし、抜けるまでに時間がかかるダイオードレーザーでの照射や、古い毛根への照射であっても下記のような場合は、照射ミス・打ち漏れの可能性があります。

照射ミスを疑う場合

  • 1ヶ月以上抜けずに効果が見られない
  • 一部の毛がまとまって残っている
  • 少し引っ張ってみてもまったく抜けない

新しい毛が生えてしまう前と照射ミスか解らなくなるので、新しい毛が生える前にクリニックに連絡をして再照射をしてもらうなどの対処を行いましょう。

脱毛の照射ミス

これは照射ミスが疑われる例です。気がついたらクリニックに連絡しましょう。

再照射を受け付けているクリニックの場合は、クリニックに行ってチェックをしてもらい、照射ミスが認められれば施術が受けられます。クリニックによっては再照射の無料保証を行っているケースもあります。大手5社ではどういった対応方法をしているのか調査しました。

クリニックに問い合わせてみた

アリシアクリニックの場合
明確な基準は決められていないそうです。2~3週間以内に連絡すれば照射漏れかどうかをチェックしてもらうことができます。
(アリシアクリニックカスタマーセンターより回答)

リゼクリニックの場合
照射から4週間以内に連絡すれば、無料で再照射が可能です。照射してから2週間から3週間後経って打ち漏れだと思ったら電話で問い合わせてください。
(リゼクリニック新宿本院より回答)

湘南美容外科クリニックの場合
照射漏れがあると感じたら電話連絡して再来院してください。照射から2週間以内であれば、無料で再照射が可能です。
(湘南美容外科渋谷院より回答)

新宿クレアクリニックの場合
細心の注意を払って照射しておりますが、照射漏れがあった場合は無料で再照射させていただきます。
(新宿クレアクリニック本院より回答)

KMクリニックの場合
毛が明らかに線上に残ってしまうようなことがあれば再照射も可能です。照射後1ヶ月様子を見て、照射漏れが疑われる場合は2か月以内に再来院して状態を拝見します。打ち漏れと判断されれば無料で再照射をします。
(KMクリニック銀座院より回答)

VIOは照射漏れが多い部位なので再照射保証があるクリニックを選ぶといいでしょう。

また、照射漏れに気づいたら写真を撮影しておきましょう。時間が経つと照射漏れかどうかの判断がしづらくなることもあります。撮影をしておくと再照射までの手続きがスムーズになります。

レーザー脱毛後、どんなふうに抜けてくるか

それでは、1、2週間経った後、どのように抜けてくるのでしょうか。実際に脱毛を行ったひとはこのように表現しています。

脱毛するときの様子

  • スルスルと抜けてきた
  • タオルで身体を拭いていると、ポロポロと抜け始めた
  • 縮れた毛が飛び出てきた

知識がない状態で検索すると、どれが本当なのか非常にわかりづらくなっています。実は、毛の抜け方は施術後の時間によって異なるのです。

この章をお読みいただければ、自分がどの状態にあるのかわかるようになり、不安も解消できるでしょう。

また、こちらは実際に毛が抜けてくる様子です。動画は銀座カラーの光脱毛を体験したものになります。レーザー脱毛であればこれ以上の確実な効果を望むことができます。

施術後に抜けるタイミングは2種類ある

冒頭の部分で毛の抜け方には時期によって差があるということにふれましたが、その時期は大きく2つに分けられます。

  • 脱毛の施術直後
  • 1〜2週間以降後

それぞれについて見ていきましょう。

脱毛の施術直後

施術直後に、縮れた状態で毛穴から抜けることがあります。これを、ポップアップ現象と呼びます。レーザー照射後ただちに毛包内から飛び出すように毛が抜けることからこの名がつけられました。

レーザー脱毛照射時には毛穴から完全に抜け落ちているわけではないのですが、ジェルを拭き取るときに軽くこすると一緒に抜け落ちてくるのがわかります。

たいていこれらの毛は、縮れた状態で抜け落ちていることが多いのですが、これは、熱によるたんぱく質変性がおきているためです。

つまり、毛根が毛乳頭から焼き切られているので、これ以降この毛穴からは毛が生えてきません。ポップアップは脱毛成功の証なのです。

ポップアップについて

ポップアップは、アゴやワキなどの濃く太い毛で起きることが多く、腕や脚などの比較的細い毛ではあまり起こりません。しかし、ポップアップは毛の色素が過度の熱エネルギーを集めているために起こるものであり、むしろ効きすぎている状態です。たとえ起こらなかったとしても問題ありません。

脱毛から1、2週間後

2回目に抜けるタイミングは、大体1、2週間後です。それまでの期間は毛に変化がなく、それどころか伸びているように感じます。しかし、いつの間にか毛がなくなっているのに気づきます。これは、服などにこすれて抜け落ちていくためであるのですが、8割方の毛はこのようにして抜けていきます。

毛が伸びているように見えるのは、それまで毛穴の中に埋もれていた部分が外に押し出されているからで、成長しているわけではありません。レーザー脱毛がしっかり効いていれば、毛根はダメージを受けているので、毛が伸びることはありません。

ただし、なかなか毛が抜けてこないからと言って無理やり引っこ抜いたりしてはいけません。どうしても目立って嫌だと感じる場合は、適切な方法で自己処理してください。

レーザー脱毛後1ヶ月経っても抜け始めない時の症状

施術後1ヶ月経っても全く毛が抜けてこない部位がある、もしくはすべての毛が抜けないといった場合は、クリニック側の人為的ミスの可能性があります。以下の内容を参照して原因を突き止め、クリニックに相談してみましょう。

毛の残り方で原因がわかる

毛の残り方のパターンは主に3つ

  1. すべての毛が全く抜けてこない
  2. 一部の毛がまとまって残っている
  3. 一部の毛がバラバラに抜け残っている

すべてのパターンについて解説と対策をご紹介していくので、該当している場合は説明に従ってクリニックにご相談ください。

1.全ての毛が全く抜けてこない

全ての毛がまったく抜けてこない場合は熱量不足が考えられます。この出力で施術を続けても脱毛効果は得られません。

こういった場合、クリニックによって次回の施術で出力を上げるか、今回の施術をやり直してもらえるか対応が違ってきますので、連絡して現在の状態を的確に話し、対応を待ちましょう。

ただし、口周りの毛は成長期が比較的長いので、時間が経っても抜けてこないことがあります。
そのような部位の場合でも、毛根へのダメージは蓄積していきますので、回数を重ねるごとに毛は少なくなっていきます。

2.一部の毛がまとまって残っている

一部の毛がまとまって抜け残っている場合は、照射漏れが発生している可能性が高いです。照射漏れは、施術する人がその部分を当て忘れたときにおこります。

単純に忘れていることも多いですが、脛や背中などの突起がある部位が当てづらく、照射しきれなかったということもあるようです。

照射漏れが起こった場合は通常、再施術してくれる場合が多いので、クリニックに相談して再来院する日を決めましょう。

3.一部の毛がバラバラに抜け残っている

一部の毛がバラバラに抜け残っているときは、そこからさらに3つの可能性が考えられます。

原因を自分で判別するのは難しいですが、知識を持っておくだけでも医師と会話するときに内容が理解しやすいですから、覚えておくことをおすすめします。

退行期

レーザー脱毛は毛周期に合わせてレーザーを照射し、毛根にダメージを与えていく脱毛方法です。

毛周期は3段階あり、成長期、退行期、休止期の3つです。レーザー脱毛は成長期の毛にしか効果がないため、休止期で毛が生えていない毛穴と退行期ですでに毛根とつながっていない毛には効果がありません。

退行期の毛は自然に抜けることが多いですが、時間がかかる人がいます。
この場合では、熱量を上げて照射しても効果がないので再施術の必要はありませんし、時間が経てば自然に抜け落ちます。

毛周期
レーザー脱毛のカウンセリングで良く聞く、「ベストな脱毛周期」とは?

脱毛クリニックにカウンセリングに行ったことがある人や、事前に脱毛に関して詳しく検索したことがある人は「脱毛周期」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。レーザー脱毛を行うにあたって脱毛周期は ...

続きを見る

熱量不足または波長が合わない

一部の中で残っている毛が30%以上ある場合は、熱量不足またはレーザー脱毛機の波長が合わなかった可能性があります。
熱量不足については、出力を上げて再施術すれば解決しますが、波長が原因の場合はレーザーの種類を変えなければなりません。どちらが原因で脱毛が不完全になっているのか、クリニックに行って確かめるようにしましょう。

浮かし漏れ

浮かし漏れとは、肌と機器が離れることにより、ある一定の部分に対し十分な照射ができなかった状態をいいます。浮かし漏れが発生した場合は、レーザー照射を施していない毛と同じように成長し、いつまでも抜け落ちて来ません。

施術がうまくいったときも、古い毛が押し出されてくるので伸びているように見えますが、1、2週間で抜け落ちます。1ヶ月以上経っても一部の毛が残る場合は浮かし漏れの可能性があります。

レーザー脱毛後の抜け始めについてよくある質問

ここまで、みなさんが特に気になる、

  • レーザー脱毛後、どのくらいで毛が抜けるのか
  • どのように抜けてくるのか
  • 抜けてこない場合はどうしたらよいのか

という点をご説明してきました。ここからは、よくある質問に対する答えをまとめていきます。

抜けそうな毛を引っ張って抜いても良い?

重要レーザー脱毛後に自分で毛を抜くのは絶対にNGです。レーザー脱毛後のお肌は非常に敏感であり、そういう状態で毛を抜くと色素沈着の危険性があります。

毛抜きなどで毛を抜いたあとに毛穴が赤くなってしまった経験はないでしょうか。これを炎症性色素沈着というのですが、これが起こる条件がまさしく毛穴がダメージを受けているということなのです。

また、毛を毛根から抜いてしまうと、せっかくダメージを負わせた毛母細胞も抜けてしまうので、新しく細胞が形成され、脱毛効果がなくなってしまうことがあります。これらの理由から、脱毛後の毛抜きは強く禁止されています。

脱毛後に抜けてない毛を自己処理しても大丈夫?

脱毛後2、3日はお肌にできるだけ刺激を与えないように気を付けましょう。それ以降は、伸びてきて気になるようでしたらなるべくカミソリは避けて電動シェーバーなどで表面の毛だけ剃るようにしてください。

誤った自己処理は色素沈着の原因になります。また、お風呂に入るときもゴシゴシこすったり、スクラブ入りのボディーソープを使ったりするとお肌にダメージを与えてしまうので気を付けましょう。
参考レーザー脱毛で色素沈着はできる!?気になる予防と対処法を大公開

埋れ毛はきれいになるの?

残念ながら、埋没毛(埋れ毛)はレーザーでは脱毛できません。厳密にいえば、毛根は死滅させることができるので脱毛効果は得られるのですが、毛穴ではないところに毛が入り込んでしまっているため、黒ずみは解消されません。

埋没毛を解消するには、時間が経って外に出てくることを待つしかないようです。針を使って搔き出す方法を紹介しているサイトがありますが、色素沈着が悪化する可能性があるのでオススメできません。

安心して通えるオススメの大手クリニック

小さい規模のクリニックだと再照射サービスなどが充実してなかったり、対応が悪く安心して施術が受けられないこともあります。

脱毛は複数回通う必要があるので、安心して通えるクリニックを選びたいですよね。そこで安心して通えるオススメの大手クリニックをご紹介します。

現在脱毛中の方で乗り換えを検討しているという方や、サロン脱毛で十分に効果が得られず医療脱毛に切り替えを検討しているという場合も参考にしてみましょう。

おすすめの脱毛クリニック

アリシアクリニック・・・業界内でも高い人気のある脱毛クリニック。院数が増えて予約も取りやすくなっています。衛生管理などもしっかりと行われていて安心です。

リゼクリニック・・・脱毛専門のクリニックで多くの芸能人も通っています。ドクターとカウンセラーによるWカウンセリングで疑問に思ったことを気軽に質問できます。徹底したスタッフへの教育を行っていて対応の満足度も高くなっています。

湘南美容外科クリニック・・・業界最大手で全国各地に広がっています。お試し照射のサービスなども充実していて疑問に感じたことはWEB上のマイページから気軽に質問・問い合わせが可能です。

初めてのレーザーで不安でも、待っていれば抜け始める

医療脱毛には個人差があり、施術直後から効果を実感できる人もいれば、3週間経ってやっと毛が抜けてくる人もいます。しかしそれは決して手を抜いて施術したわけではなく、一人ひとりのお肌のことを考えて傷つけないようにした結果なのです。

また、体質だけでなく機器によっても差が出てきます。親切なクリニックでは施術前にレーザー機器の紹介もしてくれるので、施術後に不安にならないようにしっかり聞いておきましょう。

医療脱毛は高額なこともあり、不安がつきものですが、有名なクリニックのスタッフさんたちはこれまで何百人と施術してきたプロです。

安心して施術を受けられるようにこちらの記事でも情報を提供してきましたが、不安なことがあったらすぐに相談してみましょう。きっと丁寧に対応してくれます。

レーザー脱毛を受ける際に一番大事なのは実は自宅でするアフターケアだったりします。アフターケアを誤ると脱毛効果を得られなくなることもあります。特に毛抜きを使うのは絶対にダメです。色素沈着してしまうこともあるのでしないようにしましょう。

毛が抜けてこない期間は不安なこともありますが、リラックスして毛が抜けてくるのを待つのが一番です。ツルツルになった自分を想像してショッピングにでも出かけましょう!

今回のまとめ

レーザー照射後の抜け始めの時期は不安だけど、なかなか抜けなくても心配は不要です。

  • 毛が抜け始めるのは、2週間〜1ヶ月後
  • 抜け始めまでの期間には個人差がある
  • 1ヶ月経っても抜けなかったらクリニックに相談
  • レーザー脱毛後に自分で毛を抜くのは絶対にNG

-不安・疑問
-, , , , , ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.