不安・疑問

レーザー脱毛の前後は日焼けに注意!日焼けしてはいけない理由や対処法とは?

更新日:

光脱毛はもちろん、医療レーザー脱毛の前後は日焼けをしてはいけないと言われています。カウンセリングの際に日焼けをしないようにと注意を受けるケースもありますが、中には施術日になって「この日焼けでは施術ができません」と断られてしまう方もいるようです。

そこで気になるのが、

  • なぜ日焼けをしてはいけないの?
  • どのくらい日焼けをするとレーザー脱毛ができなくなるの?
  • レーザー脱毛後に日焼けするとどうなるの?

といった点です。

これらの疑問の他にも、レーザー脱毛と日焼けの関係について詳しくご紹介します。

また、どうしても日焼けを避けられない方の中には脱毛ができないと悩んでいる方も多いようです。このような方のために、日焼けをしていても脱毛ができる方法についてもご紹介します。

レーザー脱毛前後の日焼けには要注意

タイトルでもご説明しているように、レーザー脱毛の前後は日焼けをしてはいけません。どのクリニックでもレーザー脱毛の前後は「日焼けが厳禁」と書かれていることが多く、日焼けはレーザー脱毛をするならしっかりと注意しておかなければならない点です。

どうしてレーザー脱毛前後の日焼けが良くないのか…。まず、レーザー脱毛前と脱毛後の2つに分けて詳しくご紹介していきます。

レーザー脱毛前の日焼けが良くない理由

レーザー脱毛の多くは「黒色」「メラニン色素」に反応する仕組みになっています。毛の黒色を見つけると反応してレーザーを照射し、毛の周辺の細胞を破壊します。

日焼けをすると肌全体が黒くなり、メラニン色素が増えている状態となります。この状態の肌にレーザーを当てると毛以外の部分にもレーザーが反応してしまい、火傷などの肌トラブルが起きる可能性が高まってしまいます。このような理由により、レーザー脱毛前に日焼けをしてはいけないと言われています。

また、日焼け後は紫外線により肌が敏感になっている可能性があります。敏感な肌にレーザーを当てることで肌トラブルが起きる可能性が高まるという危険性もあります。

日焼け後にレーザー脱毛するとどうなる?

火傷や肌トラブルのリスクが高まるという理由以外にも、日焼け後にレーザー脱毛をするといくつかのデメリットが生じてしまいます。

痛みが強くなる

レーザーが過剰に反応してしまう可能性があるので、痛みも強くなる可能性があります。

ある程度痛くても毛がなくなればよいのですが、日焼けした肌にレーザーが反応してもそれは脱毛にはつながらないので要注意。痛みに弱い方は出来るだけ日焼けをしないように注意しておきましょう。

毛嚢炎などのリスクが高まる

火傷のリスクが高まることと共に、日焼けをしているとリスクが高まると言われているのが「毛嚢炎」です。毛嚢炎とは毛の埋もれた部分が皮膚の下に溜まって炎症を引き起こすことです。

その他にも腫れやむくみといった肌トラブルのリスクが高まる可能性があるので注意しておきましょう。

脱毛の効果が薄くなる

少しの日焼けならレーザーの照射出力を下げて施術をすれば脱毛が可能になるケースがあります。これなら皮膚に過剰にレーザーが反応することはありません。しかし、出力を下げると脱毛の効果も一緒に下がってしまいます。

ポイント

せっかく医療レーザー脱毛をするのに効果が低くなってしまうのは勿体ないですよね。こういった事態を避けるためにも、日焼けはしないように注意しておきましょう。

どの程度日焼けしていたら脱毛を断られてしまうの?

場合によっては、日焼けをしていると脱毛を断られてしまうケースがあります。そこで気になるのが、どのくらい日焼けしていたら脱毛を断られてしまうのかという点です。

様々な基準がネットで紹介されていますが、使用しているレーザーの種類やクリニックによって基準は変わってくるのではっきりと「このくらい日焼けしていたらNG」とは言えません。カウンセリングで実際に相談するなどして基準を聞いておきましょう。

ポイント

クリニックによっては「色素メーター」という機械を使い、どのくらい焼けているかを測定してから脱毛ができるかどうか判断することもあります。

クリニックに問い合わせてみた!

ご紹介したように、産後に脱毛を行うことができるタイミングはクリニックによって違います。医療脱毛を行っている人気クリニックでは、実際にどのような対応を行っているのか問い合わせてみました。

アリシアクリニックの場合
患者様の元々のお肌の色・毛質により異なりますが、
日常生活以上の日焼けをされてしまいますと、肌トラブルのリスクを高めてしまったり、しっかりと脱毛効果が得られなくなってしまう可能性がございます為、控えていただく様お願いしております。
照射の有無に関しましては、看護師の目視での判断となります。
(アリシアクリニックカスタマーセンターより回答)

リゼクリニックの場合
基本的には<極端に日焼けしている場合>は脱毛できません。肌の状態によっては日焼けをしていても脱毛ができる可能性がありますので、カウンセリングにお越しいただければ丁寧にドクターが日焼けの状態を診察いたします。
(リゼクリニック新宿院より回答)

湘南美容外科の場合
施術の前後2週間は絶対に日焼けをしないように注意してください。
2週間以内に直射日光に、1時間以上浴びている方(日焼けサロンも×)は施術できません。
・バーベキュー ・海水浴 ・登山 ・運動会 ・プール ・運動(ゴルフ サーフィン
ウインタースポーツ テニス 野球 サッカー)・スポーツ観戦 ・海外旅行 ・フェス など
慢性的に日光を浴びている方は、やけど、色素沈着、色素脱失(白く抜ける)、発赤、腫脹のリスクが高くなるので施術はできません。
日焼け止め、長袖、長ズボン、日傘、帽子、アームカバー、サングラス、スカーフなどをしていても医師がスキントーンが濃い、日焼け後の炎症があると判断した場合、施術は行えません。
また日焼けから2週間以降でも、スキントーンがもとに戻るまでは火傷のリスクがありますので施術をお断りさせていただくことがあります。また、日焼けは目視で行っていきます。
(湘南美容外科渋谷院より回答)

新宿クレアクリニックの場合
医師によるカウンセリングで日焼けの状態をチェックします。過度に日焼けをしている場合は施術をお断りするケースがあります。ただし日焼けの状態によってはメディオスターという脱毛器を使うことで施術可能となる場合があります。
(新宿クレアクリニック新宿本院より回答)

KMクリニックの場合
「ハヤブサ脱毛」は日焼けをした肌でも脱毛が可能です。しかし日焼けした部分に反応が強く出てしまう可能性がありますので施術する部位の日焼けはなるべく控えて下さい。
過度な日焼けによりお肌にダメージがある場合はクリニックでの脱毛ができない場合がありいます。
(KMクリニック銀座院より回答)

日焼け後何日たてば脱毛できる?

一般的には日焼けをしてしまってから1か月くらいなら脱毛が可能となると言われています。しかし日焼けをしてどれくらい黒くなるかは個人差があるのでこの限りではありません。「1か月」という期間はあくまでも目安として考えておきましょう。

前述したようにクリニックによって脱毛ができるかどうかの基準は違います。日焼けをして黒くなりやすい方は2か月たっても脱毛できない場合もあります。逆に日焼けをしても黒くなりにくい場合は1か月以内であっても脱毛できる可能性もあります。

出来るだけ早く脱毛をしたい場合は、日焼け後にしっかりとアフターケアをして黒くならないようにしておくといいでしょう。

レーザー脱毛後の日焼けが良くない理由

レーザー脱毛の前だけではなく、脱毛後も日焼けをしてはいけないと言われています。これは、レーザー脱毛後の肌が紫外線に弱くなっている可能性があるからです。

前述したように、レーザー脱毛とは毛の周辺の細胞ごとレーザーで破壊する仕組みとなっています。この際に肌は少なからずダメージを受けて敏感な状態になっています。そのため、通常なら日焼けをしても問題がない人であっても、肌が敏感になっているため紫外線のダメージを受けやすくなっているのです。

また、脱毛はコース契約で何度も通うケースがほとんどです。脱毛後に日焼けをしてしまい、次の施術までの間に肌が黒くなった状態が続くと脱毛が出来なくなる可能性もあります。

脱毛後に日焼けするとシミが出来やすい?

紫外線のダメージを受けやすいということは、シミなどもできやすいということに繋がります。敏感な状態の肌が強い紫外線を浴びるとシミが出来やすくなったり、色素沈着の原因となる可能性があります。

日焼けは厳禁と言えども、外出してはいけないわけではありません。通常の日焼け対策を行っていれば特に問題が出ることは無いでしょう。念のために脱毛後は普段よりもしっかりと日焼け対策を行い、肌トラブルはもちろんシミができるのを防ぐように心がけましょう。

脱毛後どのくらい経てば日焼けしてもいい?

海に行きたい、日焼けをしたいと考えている人にとっては「脱毛の後、どのくらい経てば日焼けしてもいいの?!」という疑問が出てくることでしょう。

特に夏場は海やプールなどの水着になる機会も増えます。野外イベントや夏フェス、リゾート地への旅行など…。日焼けをする可能性があるイベントでは露出が増えるので、その前に脱毛を済ませておきたいと考えている方も多いと思います。

脱毛をする・しないに限らず、肌のためには出来るだけ日焼けをすることは避けるべきですが、通常よりも日焼けをする可能性が高くなるアウトドアやプールや海へのおでかけをしたいという場合は施術を1週間以上前に行うといいでしょう。

多くの人が施術から1週間くらい経てば肌の状態も落ち着いていることでしょう。ただし肌の状態が落ち着くまでの期間には個人差がありますし、日焼けで黒くなってしまうと次の施術の際に脱毛が出来なくなるケースもあります。

日焼けをする可能性が高くなる場合は通常よりも念入りに日焼け対策を行いましょう。水着を着る場合は羽織りものやラッシュガードを上に着たり、ウォータープルーフでSPF値の高い日焼け止めをこまめに塗るなどして対処しましょう。

レーザー脱毛後の日焼け対策方法

レーザー脱毛後は肌トラブルやシミ・色素沈着を防ぐためにしっかりとした日焼け対策を行わなくてはなりません。そこで心がけておくべき日焼け対策についてご紹介します。

露出の少ない服装を心がけよう

最低でも脱毛後1週間は極力肌を紫外線から避けなければなりません。そのため服装は露出を抑えたものにしましょう。屋内であっても、紫外線は窓などから侵入してきます。

夏は薄手の羽織ものをしたり、自転車や車の運転をする人はグローブを着用するなど脱毛した部位が紫外線に直接さらされることが無いように気を付けましょう。

基本的には日焼け止めを塗っていればOK

脱毛後の日焼けは厳禁ですが、一切日焼けをしないというのは難しくなります。また、日常的に浴びる程度の紫外線であれば問題ないことの方が多いと考えられています。

避けるべきなのは長時間紫外線にさらされること。基本的には日焼け止めをしっかり塗っていれば特に問題が起きることはありません。

しかしもともと肌が弱い方や、紫外線に弱い体質の方だと少し紫外線を浴びた程度でも肌トラブルが起きる可能性があります。心当たりがある方は特に注意しておくようにしましょう。

UVカット

最近では飲む日焼け止めも出てきています。服用する前に担当の医師に相談してみましょう。

日焼けしていても脱毛できる2つの方法

ご紹介してきたように、基本的にレーザー脱毛は日焼けをして肌が黒くなっていると脱毛をすることができません。しかし日焼けをした肌や色黒・地黒の方でも脱毛できる方法が2つあります。

ソプラノレーザーでの脱毛

メラニン色素や黒色に反応するレーザーとは違った仕組みで脱毛を行うレーザー機器があります。それがソプラノレーザーと呼ばれるものです。このレーザーは肌の黒い外国人の方でも脱毛が可能となるケースがあり、日本人でも色黒の人や日焼けをした肌でも脱毛ができます。

ソプラノレーザーは、日焼けしている肌や黒い肌でも安全に脱毛できるということがアメリカの医薬品局で認められています。また、比較的痛みが少ないというメリットがあります。

「毛包」に反応するから日焼けした肌でもOK

ソプラノレーザーは他のレーザーと違い、毛根を包んでいる毛包に反応してレーザーを照射します。そのため、メラニン色素に反応することが無く、日焼けをした肌でも火傷や肌トラブルのリスクを高めることがありません。

海外では黒人の方の脱毛にも使われていますし、色黒の方や日焼けをしているからと脱毛を断られてしまった方でも脱毛が可能です。

日常的に日焼けをしてしまう方や、色黒の方で普通のレーザー脱毛ができないと言われてしまった方は、ソプラノレーザーの機器を取り扱っているクリニックを探してみるといいでしょう。

ニードルでの脱毛

レーザーとは違い、ニードルと呼ばれる細い針を使った脱毛方法なら日焼けをしている肌でも脱毛が可能です。毛穴に針を刺し、電気を流して毛根のある細胞を破壊するという脱毛方法になります。

メラニン色素や黒色に反応することが無いので日焼けをしていても肌トラブルが起きやすくなるなどのリスクが高まることはありません。

デメリットもあるので要注意

痛みが少なく、日焼け中でもできるソプラノレーザーですが、デメリットもあります。1つは料金が高いケースが多いこと。機器自体の料金も高いので他のレーザー機器での脱毛に比べると料金が割高になるケースがあります。

また、他の機器と比べると脱毛の効果が出るまでに時間がかかりやすいともいわれています。複数のレーザー機器から選んで施術ができるクリニックもあるので効果やデメリットが気になる方はカウンセリングの際に一度聞いてみるといいでしょう。

ニードル脱毛も通常のレーザー脱毛に比べると値段が高くなるケース・脱毛完了までの時間がかかるケースがが多いです。また、針を刺したり電流を流したりする必要があるため、強い痛みを伴います。

以上のようなデメリットがあることも把握したうえで脱毛方法を検討してみましょう。

レーザー脱毛と日焼けに関するQ&A

レーザー脱毛と日焼けについて、疑問を抱いている人が多かった4つの事柄についてQ&A方式でまとめました。

職業柄日焼けが避けられない場合はどうすればいい?

外回りの多い営業の方や、幼稚園や保育園などの教員で外で長時間過ごすことが多い方、アウトドア関連の仕事でどうしても日焼けをしてしまうという方…。このように、職業柄日焼けが避けられないという方も中にはいるでしょう。

このように職業柄日焼け対策をしっかりしていても、どうしてもある程度は日焼けをしてしまう…。という方は、上記でご紹介したソプラノレーザーやニードル脱毛など日焼けしている肌でも脱毛できる方法を選びましょう。また、冬の日焼けが落ち着く時期に一気に脱毛を終わらせてしまうという方法もあります。

日差しが強くなる時期は避けておくべき?

夏場は日焼けをしやすくなっているから、脱毛はしないほうがイイのでは…?と思ってしまう方もいるようです。しかしご紹介してきたように、脱毛前後はしっかりと日焼け対策をしておけば基本的には問題ありません。

日焼け止めをこまめに塗ること・日傘や帽子、服などで紫外線を避けることを心がけていれば夏に脱毛をしても大丈夫です。

日サロに通いながら脱毛はできる?

日焼けサロンなどで肌を黒く焼いている場合は、レーザーを当てると火傷や肌トラブルが起きる可能性が非常に高くなります。また、色素メーターで測定すると「脱毛できないレベル」と判断されることも多いです。

そのため、基本的には日サロに通いながらのレーザー脱毛は難しいと考えていいでしょう。どうしても脱毛したいという場合は、ソプラノレーザーやニードル脱毛などの日焼けをしていても可能な脱毛方法を選択しましょう。

日焼け止めを塗ったまま脱毛はできる?

日焼け対策を気にしているあまり、脱毛当日も日焼け止めを塗ったまま施術してしまったという方もいるようです。基本的には脱毛の施術日には肌に何も塗らないほうが良いですが、わざわざ確認はしないので日焼け止めを塗ったまま気が付かずに脱毛をするケースも少なくありません。

塗ったままでも脱毛はできます。しかし塗ったままレーザーを当てるとのリスクが生じる可能性があります。

  • 毛穴に詰まり、脱毛の効果が下がる
  • 日焼け止めにレーザーが反応して火傷が起きやすくなる可能性が高くなる

レーザーの種類や照射する出力の強さによっても変わりますが、できるだけ塗ったままにしないほうがいいでしょう。もし施術日に日焼け止めを塗ってしまった場合は、施術前にスタッフに声をかけてみましょう。日焼け止めを落とすためにクレンジングを貸してもらえることもあるようです。

日焼けをしていても脱毛できるクリニック

うっかり日焼けをしてしまったという場合や、日常的に日焼けが避けづらい仕事をしている方・もともと色黒だという方でも脱毛できる機器を使用しているクリニックをご紹介します。

どうしても日焼けが避けられない場合は、以下のクリニックでの脱毛を検討しておきましょう。

  • リゼクリニック…肌に合わせて3種類の機器を使い分けています。日焼け肌でもOKな機器が用意されています。
  • 新宿クレアクリニック…追加料金が必要ですが、日焼け肌でもOKな機器が利用できます。
  • KMクリニック…KMクリニックのハヤブサ脱毛は日焼け肌などすべての肌質の方に対応しています。

脱毛前後はできるだけ日焼け止めに気を付けて生活しよう

レーザー脱毛をするなら、日焼けには十分に気を付ける必要があります。しかし一切日焼けをしてはいけないというわけではありませんし、日焼け止めなどできちんと対策しておけば問題が起きることはまずありません。

  • 脱毛後に日焼けをすると紫外線によるダメージを受けやすくなる
  • 日焼けをし過ぎると脱毛できなくなる場合がある

ということを念頭に置いておけば、夏場であっても問題なく脱毛をすることが可能です。

また、地黒や色黒の方や、日焼けでレーザー脱毛を断られてしまった方は今回ご紹介した「日焼けしていてもできる脱毛方法」で脱毛することを検討してみましょう。

-不安・疑問
-, , ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.