医療脱毛の基礎知識

永久脱毛に興味がある人は必読!レーザー脱毛の全て【完全版】

投稿日:

当記事では、ムダ毛処理に悩んでいる方やレーザー脱毛に興味を持っている方に対して、定義や料金など永久脱毛の詳細について紹介しています。

現在、多くの女性が永久脱毛を行っています。永久脱毛が人気になった理由は、料金が以前と比べて大幅に安くなったことや、手軽にできるようになったことなど様々です。

これから一つ上の女性を目指す中で、永久脱毛というのは一つの選択肢になるので、当記事が参考になればと思います。

Contents

そもそも永久脱毛って何?

背中の脱毛

一般の認識では、永久脱毛とは脱毛したムダ毛が永久に生えてこないように毛の再生力を奪うものです。しかし、日本では具体的な定義が定められていません。

一般に永久脱毛として効果が認められているのは針脱毛とレーザー脱毛です。この記事では、レーザー脱毛について触れたいと思います。はじめに、永久脱毛についての基礎知識を紹介していきます。

永久脱毛するともう二度と生えてこないの?

永久脱毛の定義は100%毛が生えてこないというものではありません。日本での明確な定義はありませんが、日本で慣用的に使われている「永久脱毛」の定義とは、米国電気脱毛協会による「脱毛終了後、1ヵ月経った時点で毛の再生率が20%以下である」というものです。

この定義に従って、永久脱毛と認められているのは針脱毛とレーザー脱毛だけです。エステサロンで行われる脱毛はこの定義に当てはまらないため「永久脱毛」とは言えません。

稀にレーザー脱毛後も毛がまた生えてくる

医療レーザー脱毛を6回程行うと、個人差はありますが脱毛を完了させることができます。ほとんどの場合はその後毛が生えてくることはありませんが、ごく希に毛が再び生えてくることがあります。これにはいくつかの原因が考えられます。

出力が低かった

生理時期やデリケートゾーンへの施術の際には、肌や体への負担を考慮してレーザーの出力を弱めることがあります。しかし、レーザーの出力が弱い分、毛にダメージを与えきれずに残ってしまうことがあります。

打ち漏れがあった

打ち漏れとは、レーザーの光を当て忘れていた部分があったときに起こります。一部分だけ毛が生えてきてしまうと打ち漏れがあった可能性があります。これは施術者の力量によるものです。

クリニックによっては、打ち漏れがあった際の再照射が有料である場合もあるのでクリニック選びの判断基準の一つにするのが良いでしょう。

産毛が濃くなった

黒色に反応して脱毛をするレーザー脱毛や光脱毛では、色の薄い産毛が残ることがあります。この産毛が後に濃くなってしまうことがあります。

特に摩擦による刺激が多い場所では、皮膚の保護のために毛が濃くなりやすいです。また、妊娠中は女性ホルモンの影響で産毛が濃くなる場合があります。

ホルモンバランスの変化によって新たな毛穴ができた

中年期に差し掛かると、ホルモンバランスの変化によって身体に様々な変化が起こります。新たな毛穴が生まれるのも変化のうちの一つです。

VIOやワキなど思春期に濃くなる毛は特に影響を受けます。新たな毛穴が生まれることで毛が生えてきてしまう場合があります。

毛周期の乱れによる取り残し

詳しくは後述しますが、毛には毛周期という毛の生え変わる4つのサイクルがあります。毛を完全に除去するためには、脱毛を行っている期間中に毛が生えている必要があります。

毛が生えていないと、毛の発生源になる細胞は処理できません。ストレスや生活習慣などで毛周期が乱れていると期間中に生えていなかった毛根から毛が生えてくることがあります。

永久脱毛と普通の脱毛との違い

ご紹介したように、永久脱毛はレーザー脱毛とニードル脱毛のみに使われる言葉です。エステサロンで行う脱毛は毛の細胞を破壊して毛を無くす「脱毛」というよりも毛が生えてくるのを抑える「抑毛」をしていると言えるでしょう。

簡単に説明すると「永久脱毛は一度脱毛すると生えてくる可能性が非常に低く、普通の脱毛は一度施術をしてもまた生えてきてしまう可能性が高い」と言えます。

訂正追記:1回あたりの効果は違いますが、光脱毛は回数を重ねていくことで、最終的な仕上がりはどちらも変わりません。(2017.08.03)

no image
結局レーザー脱毛とエステの光脱毛はどっちがいいの?徹底比較しました!

脱毛を受けようと考えているときにまず悩むのが、『エステサロンでの脱毛が良いのか、クリニックでの脱毛が良いのか』です。ネットで施術内容やプランの違いを調べても、キャンペーンや宣伝サイトばかりで、両者の違 ...

続きを見る

永久脱毛ができるのは医療クリニックだけ

上で述べたとおり、レーザー脱毛を行うことは医療行為に当たるため、美容皮膚科などのクリニックや脱毛専門クリニックといった医療機関にしか認められていません。医療機関ではないサロンでは、一般的に光脱毛と呼ばれる、光を使って毛根のメラニンに働きかけて毛の再生力を弱らせる脱毛法を使います。

法律によってレーザー脱毛と比べて出力が抑えられていることもあり、永久脱毛をうたえるほどの効果とデータを集めきれていない(検証しきれていない)、という課題があります。また、出力が弱い光脱毛では薄い産毛などには反応しにくいケースもあり、光脱毛は限りなくムダ毛のない状態に近づける「不再生脱毛」としか言えません。

レーザー脱毛で有名な医療クリニック

脱毛のカウンセリング
レーザー脱毛で有名な医療クリニックをいくつか紹介したいと思います。
以下のクリニックは全国でも知名度が高く、人気のあるクリニックです。

知名度が低いクリニックでもよいのですが、大手クリニックの方がサービスが充実していて価格も手ごろなのでチェックしておきましょう。

レーザー脱毛のクリニックを選ぶときの注意点は?

レーザー脱毛を選ぶ上での注意点をいくつか紹介します。

ネット上の口コミを見る

やはり最初は口コミを見ることが重要です。ネット上にはクリニックを比較した口コミサイトがいくつもあるので、そちらを参考にすることがよいでしょう。ただし、誤解を招くような情報やサクラのような口コミも見受けられるので、これだけで決めてしまうのは危険です。あくまでも情報の1つとして捉えるようにしましょう。

脱毛機の種類を見る

脱毛機の違いが、脱毛の効果やレーザーの痛みにつながります。機種によっては脱毛の仕組みが違っていて、通常では脱毛できない色黒・日焼けをした肌でも脱毛できることがあります。

また、ジェルが不要で冷却機能が付いたもの等、痛みを和らげる工夫がされている機器もあります。

無料カウンセリングで担当者の話のわかりやすさ

脱毛クリニックの多くは脱毛を迷っている方に対して無料カウンセリングを行っています。担当者の話がわかりやすいか、また自分の質問に対して的確に答えてくれるかは重要です。あいまいな答えしか返さないクリニックは避けたほうが良いでしょう。

また、プランや時期によって料金は変わるので、値段についてはカウンセリング時に聞くのが一番確実です。無料カウンセリングを受けたからといって、治療を受ける必要はまったくありませんので複数のクリニックを見て比較しましょう。

アフターケアがしっかりしているか

レーザー脱毛は、毎回の治療後に薬を塗る必要があります。この薬代もクリニックによっては別途必要となります。また、やけどなどのトラブルが起きた際の治療もクリニックによっては別途料金が必要となります。脱毛料金が安いからといって、アフターケアがしっかりとしていなければ、自腹で払う部分も増えて、結果的に高くつくことになる可能性もあります。各クリニックの公式HP上を確認したり、カウンセリング時に担当者に聞いたりすることが重要です。

料金設定が適切か

レーザー脱毛は健康保険が適用されない分、料金については各クリニックが自由に設定できます。そのため、クリニックによっては異常に高い料金設定にしているところがあるようです。複数のクリニックを見て料金の比較をすることが必要です。

優良なクリニックを判断するには上で紹介したようなポイントを参考にしてください。複数のポイントを参考にした上で、一つのポイントにこだわりすぎないように注意してください。

レーザー脱毛は何歳からできる?

レーザー脱毛に年齢制限はありません。ただ、クリニックによって独自の年齢制限を設けている場合があります。一般的に、高校生になれば問題なくレーザー脱毛を受けられます。高校生以前に脱毛を行うことはあまりおすすめできません。理由は二点あります。

一点目は痛みです。レーザー脱毛は輪ゴムではじかれた程度の痛みを伴うので、幼少期の子供に行うことはおすすめできません。年齢を重ねて痛みを我慢できるようになってからがいいでしょう。

二点目は、脱毛を完了してもムダ毛が再び生えてくる可能性があることです。思春期(第二次性徴期、一般に11~16歳ごろ)になると身体が大きく成長する過程でムダ毛が再び生えてくる可能性が高いです。

せっかく高いお金をかけて脱毛したのに、意味がなくなってしまうこともあるので、高校生ごろからの脱毛をお勧めします。未成年は親の同意書が必要なので、ムダ毛で悩んでいる未成年の方は親に相談をして了承を受けましょう。

no image
私でも脱毛ってできるの?中学生・高校生・大学生のなやみを徹底解説

最近では大学生だけではなく、中学生や高校生から脱毛をする人が増えています。電車の中吊りやスマホの広告でよく目にする、初回限定の割引プランや、学割プランで賢くお得に脱毛にチャレンジしたいものです。 しか ...

続きを見る

何回やれば脱毛が完了する?どういう仕組みで脱毛できるの?

個人差があったり脱毛する部位によって異なりますが、5回~6回ほどで脱毛が完了します。光脱毛は最低でも12~18回ほど脱毛に回数がかかり、完全な脱毛がなされる確率はレーザー脱毛に比べて低いです。

なぜ一回で完了しないかというと、毛の仕組みと毛が生え変わるサイクル(毛周期)が関係しています。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

毛の構造
世界で1番わかりやすく、レーザー脱毛の原理・メカニズムを徹底解説!

数年前まではワキ脱毛だけでも数十万円かかっていた医療レーザー脱毛ですが、近年では数万円で利用できるようになり、大変人気を博しています。町中でもしょっちゅう広告を目にするので、若い女性で知らない人はいな ...

続きを見る

毛の仕組み

毛の構造
毛の仕組みはこのようになっています。膨らんでいる部分が「毛球」といい、この中の「毛母細胞」が毛球先端部にある「毛乳頭」から栄養を取り込むことで毛が成長します。

毛球細胞と毛乳頭が毛をつくる核となっており、これを破壊しない限り毛が生えてきます。毛を抜いただけではこれらは破壊されないので、毛がまた生えてくるのです。

レーザー脱毛ではこの部分を破壊することで毛が生えなくなるようにしていきます。

毛周期

毛周期

簡単にまとめると、毛周期はこの三つに分けられます。レーザー脱毛は成長期の毛にしか効果を与えることができません。レーザー脱毛は黒色(メラニン)に反応する光を使い、メラニンが光を吸収、発熱をすることでメラニンを含んだ組織が破壊されます。

毛が毛母細胞と毛乳頭にくっついている状態で照射することで、それらを毛と一緒に破壊することができます。毛母細胞と毛乳頭は黒色でないので、単体ではレーザーで破壊することができません。

成長期の毛は通常全体の15%~20%しかないので、そのときに反応しなかった毛(退行期や休止期の毛)が成長期になるのを待ち、再びレーザー脱毛を行う必要があります。これを繰り返す必要があるので、完全な脱毛には回数が必要となるのです。すべての毛を破壊するためには5回〜6回ほどレーザー脱毛を受ける必要があります。

レーザー脱毛は一回の施術でどのくらい時間がかかるの?

一回の施術は、照射機や部位、毛の量によって変わります。おおよその目安は以下の通りです。

部位 所用時間(目安)
全身 2~3時間
両ワキ 5~10分
ひじ上 20~30分
ひじ下 15~20分
ひざ上(太もも) 30~40分
ひざ下 30~40分
VIO全体 20~30分
10~15分

これに施術前の準備や施術後のアフターケアなどを見積もると+20分ほどかかります。両脇の施術などであれば、30分も滞在せずにクリニックをでることができます。

全身脱毛は2日に分けて施術することが多い

全身脱毛の場合は施術する部分が多いため、どうしても時間がかかってしまいます。長時間の脱毛は身体にも肌にも負担をかけてしまうので、一般的には全身脱毛は数日に分けて施術するケースが多くなります。

最も多いのが上半身と下半身に分けて1日ずつ脱毛を行うパターンです。例えば全身脱毛5回コースの場合は合計で10回通うことになります。予定が取れない場合は1日で全身を施術することもできるので、カウンセリングで相談してみましょう。

永久脱毛するのに平均でいくらかかる?

永久脱毛がいくらかかるのか紹介します。さきほど紹介した五つのクリニックにおける6回分の脱毛の料金を元に、平均でいくらかかるのかを出しています。

永久脱毛は完了するまでに個人差がありますが、平均6回で完了することが大半なので、6回分の料金を出しています。クリニックによっては5回分のコースの値段しか書かれていないので、その場合は平均を求める際に6/5倍して6回分の料金にて算出しています。

VIO 永久脱毛の場合は?

湘南美容外科 アリシアクリニック クレアクリニック リゼクリニック KM新宿
60,750円
(6回分)
61,900円
(5回分)
77,760円
(6回分)
98,800円
(5回分)
81,000円
(5回分)

これを平均すると、VIO6回分の脱毛料金は約85,000円になります。

ワキ 永久脱毛の場合は?

湘南美容外科 アリシアクリニック クレアクリニック リゼクリニック KM新宿
1,000円
(5回分)
13,750円
(5回分)
29,160円
(6回分)
18,800円
(5回分)
10,800円
(5回分)

これを平均すると、両脇6回分の脱毛料金は約16,000円になります。

ひじ下(腕) 永久脱毛の場合は?

湘南美容外科 アリシアクリニック クレアクリニック リゼクリニック KM新宿
81,000円
(6回分)
41,250円
(5回分)
88,200円
(6回分)
49,800円
(5回分)
38,800円
(5回分)

これを平均すると、ひじ下6回分の脱毛料金は約65,000円になります。

ひざ下(脚) 永久脱毛の場合は?

湘南美容外科 アリシアクリニック クレアクリニック リゼクリニック KM新宿
81,000円
(6回分)
41,250円
(5回分)
113,400円
(6回分)
89,800円
(5回分)
64,800円
(5回分)

これを平均すると、ひざ下6回分の脱毛料金は約85,000円になります。

全身 永久脱毛の場合は?

湘南美容外科 アリシアクリニック クレアクリニック リゼクリニック KM新宿
435,370円
(6回分)
474,300円
(5回分)
470,934円
(6回分)
397,000円
(5回分)
453,600円
(5回分)

これを平均すると、全身6回分の脱毛料金は約490,000円になります。

永久脱毛の相場まとめ

ご紹介した大手5社の永久脱毛の平均額をまとめると、以下のようになります。

  • VIO脱毛…6回平均約85,000円
    相場:6万〜10万
  • ワキ脱毛…6回平均約16,000円
    相場:1,000円〜3万
  • 肘下脱毛…6回平均約65,000円
    相場:4万〜8万
  • 膝下脱毛…6回平均約85,000円
    相場:4万〜10万
  • 全身脱毛…6回平均約490,000円
    相場:30万〜48万

キャンペーンを利用すれば上記の金額よりも低価格で脱毛することも可能です。大手クリニックではキャンペーンを頻繁に行っているので、チェックしておきましょう。

no image
レーザー脱毛の料金・価格を徹底比較しました!おすすめのクリニックはどこ?

昔に比べてレーザー脱毛は非常に安価になりました。以前の料金を知っている人からすると、今の料金を見ると驚くかもしれません。 今回はみなさんが気になるレーザー脱毛の部位別料金や平均費用、クリニック別料金比 ...

続きを見る

全身の永久脱毛は結果的に医療脱毛の方が安い

一回当たりの料金は脱毛サロンの方が美容外科より大幅に安いです。そのため、価格を重視する方は脱毛サロンに行きがちですが、脱毛する箇所によっては結果的に美容外科の方が安くなります。

例えば美容外科である湘南美容外科は、顔やVIOを含んだ6回コースの全身脱毛が435,370円となっています。一方で脱毛サロンであるミュゼプラチナムは、顔を除いた6回コースの全身脱毛が252,000円となっています。

ただ、脱毛サロンの方は6回では脱毛が完了せず、合計で12回~18回ほど行う必要があります。そうするとミュゼプラチナムは結果的に金額が50万円以上になり、美容外科を金額的に上回ります。また、回数が多い分、脱毛が完了するまでに時間がかかるので、時間的にも金銭的にも美容外科の方が良いということになります。

もちろん部位によっては脱毛サロンの方が安いですが、脱毛サロンの光脱毛は出力が抑えられていることから脱毛の確実性が低く、脱毛が完了しても再び毛が生えてくる可能性があります。そういった確実性や完了までの時間、トータルの金額を考慮してレーザー脱毛を選択する女性が増えています。

アリシアクリニック全身脱毛コース
医療レーザー全身脱毛の全てが解る!最適な回数や期間・費用や相場について徹底解説!

レーザー脱毛の中でも人気の高い、全身脱毛。どのクリニックでも全身脱毛をオススメしていますし、実際に各部位を1つずつ脱毛していくよりも「全身脱毛コース」を選んだほうが多くのメリットがあります。 しかし、 ...

続きを見る

脱毛を行った場合のメリット

そもそも脱毛を行った場合どのようなメリットがあるのか簡単にまとめました。

  • ムダ毛を見られる恥ずかしさがなくなる
  • ムダ毛を気にせずにファッションを選択できる
  • 蒸れる箇所がなくなり、雑菌の繁殖を抑えられる
  • 上の理由から匂いが軽減される
  • 自己処理をする必要がなくなる
  • 黒い毛が無い分、肌が白く見える

こうまとめると、レーザー脱毛には多くのメリットがあることが解ります。それでも金額が高いからまだためらっている…。という方も多いでしょう。

そこで自己処理やサロン脱毛とレーザー脱毛を比較してみました。

自己処理とレーザー脱毛の比較

自己処理よりも全体にムラのない脱毛ができる

脱毛のプロが行うのでムラなく脱毛を行うことができます。また、自分では手が届かない部分も脱毛できます。

自己処理よりも肌を傷つけずに毛の処理が出来る

自分で毛を剃る場合や、クリームを塗って脱毛を行う場合は肌に大きな負担を与えてしまいます。その負担がシミや硬毛化(毛が濃くなる)につながってしまうので、プロに任せて脱毛を行った方が負担も少なくできます。

自己処理では不可能な永久脱毛を行うことができる

自己処理では、完全な脱毛を行うことができません。市販の脱毛クリームも一時的なものにすぎず、結局毛が生えてきてしまうので、永久脱毛を求めるのであればレーザー脱毛を行いましょう。

自己処理よりも当然お金はかかる

やはり自己処理と比べてお金がかかってしまいます。ただし、自己処理する時間と手間を考慮すると一概にお金がかかることがデメリットにはならないような気がします。なお保険は適用外なので、一般の医療行為よりお金がかかります。自分の経済状況と相談しながら判断しましょう。

レーザー脱毛は以前に比べて大幅に安くなっていますし、とてもお得なキャンペーンを行っているクリニックがいくつもあるので、予想より安くレーザー脱毛ができると思います。

クリニックに通う必要がある

自己処理はどこでもできますが、レーザー脱毛はクリニックがある場所に向かわなければいけません。自分が通える範囲にクリニックがあればいいのですが、ない場合は通うのに時間がかかってしまいます。

ムダ毛を他人に見られる

ムダ毛を他人に見られることは恥ずかしいですよね。ただ、ほとんどのクリニックでは女性が施術を行いますので、異性に見られるリスクはほとんどありません。また、通ううちにに恥ずかしくなくなる方がほとんどです。

施術を行う看護師や医師も慣れているのでそこまで気にする必要はないでしょう。

光脱毛とレーザー脱毛の比較


1.3でも触れましたが、レーザー脱毛は医療行為であり免許が必要な分、光脱毛と比べて出力を上げることができるので確実に毛を除去することができます。

脱毛が完了するまでの回数・期間が短い

レーザー脱毛は光の出力が大きい分、光脱毛と比べて少ない回数で脱毛を完了することができます。おおよそ6回行えば脱毛が完了するといわれています。光脱毛は12回行って全体の約80%、18回行って全体の約95%脱毛できるといわれています。

クリニックに通う回数が2倍・3倍違うので、時間を節約したいのであればレーザー脱毛がおすすめです。回数が少なくて済むので、もちろん脱毛が完了するまでの時間も短いです。部位によって異なりますが、半年から1年以上脱毛にかかる期間を短縮できます。

アフターケアがしっかりとしている

レーザー脱毛は医療機関しか扱うことができないので、医師や看護師などの医療従事者が施術を行う、という点で安全性が高いです。照射後のアフターケアや、火傷や赤みなどのトラブル発生が発生した時の対処も迅速です。

部位によっては料金が高くつく

サロンに比べて1回当たりの施術が高くつきます。ただ、脱毛が完了するまでの回数は、サロンがレーザー脱毛の2倍・3倍かかるので、トータルで見た場合はそこまで変わらないです。

レーザー照射時の痛みが大きい

レーザー脱毛は光脱毛に比べて出力が大きい分、照射による痛みが大きいです。痛みとしては輪ゴムではじかれた程度になります。これがデリケートゾーンなどになるともう少し痛みが増します。そのため、デリケートゾーンへの照射を行う場合は麻酔クリームを塗ることもあります。

しかし、近年は痛みが少ない脱毛機器もたくさん取り扱われています。そこまで痛みに関しては気にする必要はないでしょう。

肌に負担がかかる可能性あり

出力が大きい分、光脱毛に比べて肌に負担がかかることがあります。ただ、もちろん医療機関もそのことはわかっているので、クリームなどのアフターケアはしっかりと行っています。

レーザー脱毛はこんな人にオススメ

上述の長所・短所を考慮したうえで、レーザー脱毛をおすすめする人はこのような方です。

確実な脱毛を行いたい人

レーザー脱毛と針脱毛は永久脱毛の効果が実証されています。そのほかの脱毛は効果が実証されておらず、脱毛を行っても毛が再び生えてくることもしばしば見られます。

そうするとお金を払った意味があまりなくなってしまうので、永久脱毛を確実に行いたいのであれば、レーザー脱毛を選択しましょう。

時間に追われている人

自己処理の脱毛が永久脱毛につながることはありません。日々の自己処理の時間を考えると、永久脱毛を行った方が時間にゆとりを持つことができます。

光脱毛と比べても、出力の違いからレーザー脱毛は通院時間を大幅に短縮することができるので忙しい方にはレーザー脱毛がおすすめです。

安全性を求めている人

自己処理の脱毛では、肌への負担が大きく、シミや肌トラブルにつながります。また、光脱毛についても資格が不要なため、信頼性には不安が残ります。

一方のレーザー脱毛は、医師や看護師などの医療従事者しか行うことができないので、安全性を求めている方にはレーザー脱毛がをおすすめします。

レーザー脱毛についてよくあるQ&A

近年多くの女性がレーザー脱毛に関心を寄せているので、ネット上では様々な質問が見受けられます。多くの方が持っている疑問をまとめ、それらに対する答えを紹介します。

永久脱毛って部分だけ指定することができる?

永久脱毛は部位を指定することができます。上記の部位以外でも、お腹や背中、ひざ上など色々な部位を指定して脱毛を行うことができます。

ハイジニーナもレーザー脱毛できる?

ハイジニーナもレーザー脱毛できます。VIO脱毛の料金が上述されているように、ハイジニーナのレーザー脱毛は需要が高いです。

ハイジニーナはデリケートな部分であるので、他の部位に比べて脱毛時に痛みを感じることが多いです。ただ、自分で剃ることは危険がありますし、日々の処理が必要となることから、レーザー脱毛がお勧めです。

また、多くの人が勘違いしているのですが、レーザー脱毛を行うからといってパイパン(全て無くなる)になるのではありません。自分でハイジニーナの形を指定して、その部分だけ残すこともできます。自分好みの形に整えることや、全体の毛量を減らすこと、パンツからはみ出る部分だけを脱毛することの方が主流となっています。

永久脱毛ついでにレーザーで黒ずみ除去できる?

間接的に肌の黒ずみを軽減することができます。黒ずみの主な原因は肌への刺激です。肌を刺激から守る「メラニン」という物質が生成されることによって肌が黒くなってしまうのです。日焼けも紫外線から肌を守るためにメラニンが生成されることによって起こる現象です。

永久脱毛を行えば日々のムダ毛処理を行う必要がなくなり、肌への刺激を大きく減らせることから、黒ずみを軽減することができます。レーザーは紫外線とは異なるので黒ずみにつながることはありません。

永久脱毛と脇の匂いは関係する?

直接的には関係しませんが、多少脇の匂いが減ることがあります。匂いの原因である雑菌が毛穴の毛根に多く繁殖すると異臭を放つため、脱毛によって毛根がなくなると、雑菌が減りワキガも抑えられます。

しかし、これだけでは脇の匂いは完全に消えません。脇にはアポクリン汗腺という通常の汗腺とは違う腺があり、ここから分泌される汗は通常の汗より多くアンモニアを含んでいるためどうしても臭くなってしまうからです。

一方で、脇の匂いが強くなってしまうこともあります。脱毛後、毛穴が引き締められずにそのままの状態になってしまうと、そこに老廃物が溜まり悪臭の原因になります。その場合は皮膚科で毛穴を締める処置をしてもらうと改善することができます。

また、脱毛後に発汗量の増加も多く見られます。このことが、通常の汗とともにアポクリン汗腺からの汗も増やすこととなり、匂いが強くなってしまうことにつながる可能性があります。

わきが
脱毛でワキガが悪化したり治るってホント?脱毛とワキガの関係や注意点とは?

脱毛をする部位の中でも最も人気が高い「ワキ」。 手軽に脱毛できることや、比較的値段が安いことから多くの人がワキのレーザー脱毛をしています。しかしここで気になるのが、ワキガの場合は脱毛ができるの?という ...

続きを見る

レーザー脱毛によってシミやシワができる?

アフターケアを怠るとシミができる可能性があります。美容クリニックで使われる脱毛器は非常に出力が強いため、皮膚が軽いやけどを起こす場合があります。

通常は処方される軟膏で治していきますが、その炎症がひどい場合、炎症が肌に残ってしまいシミのように沈着してしまいます。基本的にはアフターケアをしっかり行っていればシミができることは稀です。

また、一方でレーザー脱毛によってシミが薄くなるということもあります。

そばかす
シミやそばかすがあってもレーザー脱毛できる?増えたり濃くなるってホント?

レーザー脱毛とシミやそばかすに関するトラブルについて疑問を持っている方は多いようです。カウンセリングを受けて「脱毛できません」と言われてしまうのは辛いですよね。また、もしレーザー脱毛をしてシミやそばか ...

続きを見る

レーザー脱毛に学割はある?

クリニックによります。大手クリニックでも学割を導入しているものはいくつかあります。さきほどあげた五つのクリニックの中では湘南美容外科が学割を導入しています。学生ならサービスを一律で5%OFFで受けることができます。

未成年でも親にばれず永久脱毛できるの?

保護者の同意なく脱毛することはできません。未成年ではクリニックへの親の同伴は必須ではありませんが、親の同意書が必要となります。これは永久脱毛に関係なく、民法で定められています。

親権者以外の人が同意書を書いて提出した場合、クリニックによっては途中で契約をやめたいと思っても契約破棄できない・返金保証が適用されないなどのトラブルが起こるので、無断で同意書を提出するのは止めましょう。

永久脱毛で保険は効くのか

健康保険は適用されません。医療レーザー脱毛は必要な最低限の医療行為ではないため、一般の保険適用と同じ扱いになりません。記載の金額をそのまま支払う必要あります。

健康保険証
レーザー脱毛に保険は効かない?多毛症の治療なら保険適応されるのか調べてみた。

医療機関で行われるレーザー脱毛には保険が効くのでしょうか。レーザー脱毛の施術コースを受けるとなるとそれになりに高額な費用がかかります。 もし保険が使えれば安くできるのに!!と思っている方も多いのではな ...

続きを見る

永久脱毛すると体のホルモンバランスが崩れたり悪影響ある?

体のホルモンバランスが崩れることはありません。ムダ毛の成長にはホルモンが関係していますが、毛がなくなったからといって、ホルモンバランスの崩壊にはつながりません。脱毛後に毛が濃くなったり太くなったりすることがまれにありますが、これは脱毛を行った際の刺激によるものだと言われています。

ただ、レーザー照射自体は、多少は体や皮膚に負担を与えるものです。施術後の運動や入浴を控えるように指導されるのはこの理由です。ただ、ホルモンに影響を与えることはないので安心してください。

大手脱毛クリニックの特徴

当サイトでは永久脱毛ができる大手クリニックをご紹介しています。永久脱毛を検討している方には安全面やサービスの充実さなどを考慮して大手クリニックでの脱毛をオススメしています。

どのクリニックを選べばいいのか解らない…。という方のために簡単に特徴をご紹介します。詳しくは各クリニックについて調査した記事も参考にしてみて下さい。

まとめ:永久脱毛をしたいならレーザー脱毛!クリニック選びも大事

女性の方なら一度は脱毛について考えたことがあると思います。ひと時代前までは、レーザー脱毛の料金がとても高く、一般人には到底手が届かないものでした。

そして、永久脱毛を行いたいのであれば身体に負担が大きく、時間がかかる針脱毛しかありませんでしたが、今は違います。価格競争や脱毛機の発展により、レーザー脱毛は一般の方が少し頑張れば手をだせる値段にまで下がりました。

脱毛を考えている方には、確実性、安全性、利便性の点でレーザー脱毛をおすすめします。金銭的な面でも、トータルで考えれば光脱毛と大差がありません。もちろん人によって合う、合わないはあるので、まずは無料カウンセリングに行きましょう。

多くのクリニックではレーザーの照射を無料で試すことができますし、スタッフの方に相談することができるので、自分に合っているか確かめることができます。レーザー脱毛の効果を確かめたい方には、両脇のレーザー脱毛がおすすめです。他の部位によって安価なうえに、湘南美容外科クリニックではキャンペーンで5回コースを1,000円で行うことができます。

健康で綺麗な女性を目指す上でレーザー脱毛は必ず役に立つものなので、まずは無料カウンセリングに行って理想への第一歩を踏み出しましょう!

-医療脱毛の基礎知識
-, ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.