不安・疑問

えっこんなところに!?レーザーが効かない白髪脱毛のいろは

更新日:

脱毛が一般化してきた今日、10代から大人の女性まで幅広い年齢の方が脱毛に興味を持ち始めています。その中でもクリニックでの安全性と効果が高いというレーザー脱毛のメリットから、10代に比べてお財布に余裕のある20代後半〜の大人の女性に人気があります。

大人の女性のムダ毛の悩みは多種多様であり、毛が濃くなってきてしまう人や、以前は生えていなかったところに毛が生えてきてしまう人、そして、ムダ毛が白髪になってしまう人がいます。

毛が濃くなってきたり、毛が多くなってきたりする場合には脱毛クリニックでのレーザー脱毛が解決してくれます。しかし、ムダ毛が白髪になってしまうとそう一筋縄でいかないことは、脱毛に興味のある女性方であれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

その理由は、脱毛クリニックのレーザーがメラニン色素の少ない白髪に反応しづらいということにあります。

今回のテーマ

白髪になってしまったムダ毛に対する脱毛はどうすればよいのでしょうか?

今回の記事では、いつまでも若く綺麗でいたいと願う女性の敵、白髪になってしまったムダ毛の処理に関してまとめてみました。

白髪は脱毛できない?

冒頭でもお伝えしたとおり、白髪のムダ毛は非常に厄介です。

ムダ毛が白髪になってしまうとレーザー脱毛できれいに処理しようと思っても白髪だけ残ってしまったり、白髪が目立ってしまったりします。これはレーザー脱毛が毛の黒い色に反応して脱毛を行う仕組みなっているからです。

「毛が白いとレーザーが反応しないなら黒染めすればいいんじゃない?」

そう思って黒染めしたとしても、残念ながら市販の毛染め剤では毛の奥深くまでは染まりません。

黒染めでは熱が毛根まで伝わらないため、脱毛できないのです。これからその対策を説明していきますが、まずは、白髪はなぜ生えてきてしまうのかを確認していきましょう。

意外と悩む人が多いVIOの白髪

VIOの白髪の悩み

VIOの白髪に悩む女性は多く、インターネット上にもたくさんの質問が寄せられています。それもそのはず、VIOは髪、眉毛と同じくらい白髪が生えてきやすい部位なのです。それどころか、他の部分には白髪がないのにVIOにだけ白髪が生えてきてしまうことだってあります。

多くの場合では、髪が白髪になってくる30代頃から徐々に増えていくのですが、見つけてしまったらショックですよね。

でも心配ありません。ちゃんとした方法を使えば、その悩みは解消することができるのです。

白髪が生える理由

ご存知のとおり、髪の毛の色はメラニン色素の比率によって決まっています。

メラニン色素はシミやソバカスの原因としても知られ、美白の天敵というイメージがあります。しかし髪にとっては美しい黒色を維持するための重要な要素なのです。

髪のメラニン色素には2種類ある

  • 黒色になるメラニンはユーメラニン
  • 黄色になるメラニンはフェオメラニン

日本人はユーメラニンの色素が多いのですが、それが加齢とともにだんだんと分泌されなくなっていくことで白髪が生えてきてしまうのです。

髪の毛は作られた瞬間はまだ色のついていない白い毛であり、そこからだんだんとメラニン色素が混ざり色がついて生えてくるのです。メラニン色素は、メラノサイトという細胞で作られています。

色素沈着

このメラノサイトがメラニン色素を生成するには、チロシナーゼという酵素が必要なのですが、老化などでチロシナーゼが働かなくなると髪の毛を着色することができなくなってしまいます。こうして、白髪が生えてくるのです。

レーザーは白髪に効果がない

一般的なフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、白髪に対して効果がありません。これには、前述したとおりレーザー脱毛の仕組みに関係があります。

レーザー脱毛は毛のメラニン色素に反応して毛根および毛母細胞にダメージを当てることによって、脱毛効果を発揮します。重要しかしメラニン色素のない白髪では、そもそもレーザーを当てても熱が発生しないため、毛根を死滅させられないのです。

白髪を脱毛するには

白髪にはメラニン色素がないため、一般的なレーザーが効かないということがわかりました。しかしそれでも、白髪を脱毛する方法はあります。

現在白髪を脱毛する唯一の方法はニードル脱毛です。

具体的には、従来主流であったニードル脱毛を使う方法か、白髪にも対応しているレーザーを使う方法です。ハイパースキン脱毛という方法があります。
※2017.08.20 修正追記

詳しくは後述しますが、ダイオードレーザーを利用する最新機器のソプラノを使っても、ハイパースキン脱毛を行っても白髪の脱毛には効果がほとんどありません。他サイトでは効果があるように書かれていることがありますが間違いですので注意しましょう。(クリニックに確認済み)

ニードル脱毛でのVIOの白髪を脱毛を詳しく解説しますので、よく確認してニクい白髪を撃退しましょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛

ニードル脱毛は電気脱毛とも呼ばれています。直径0.05~0.15mmのプローブという極細の器具を一つ一つの毛穴に差し込み、毛根にダメージを与える方法です。レーザー脱毛が開発されるよりも前から行われている手法で、白髪であっても確実に脱毛できます。

なぜ白髪まで脱毛できるのか

ニードル脱毛が白髪を脱毛することができる理由はずばり、メラニン色素を伝って熱を発生させるのではなく、針を毛穴にそのまま挿入することにあります。

この針が微弱な電流を伝え、発毛組織そのものに影響を与えます。すると発毛機能が低下していくため、毛の再生能力がほとんどなくなるのです

この作業を一本一本の毛に処置していくので、白髪であっても確実に脱毛することができます。

ニードル脱毛の効果

ニードル脱毛の効果は絶大です。もともと、色素の薄い欧米圏ではレーザー脱毛が効きづらく、ニードル脱毛が主流でした。

特にアメリカでは、FDA(米国食品医薬品局)という国の機関が永久脱毛の効果があると認めており、一般的に、レーザー脱毛よりも効果が高いと言われています。
参考Wikipedia:FDA(米国食品医薬品局)とは?

それは白髪の脱毛にも言えることで、多くの脱毛に関する施設でも白髪ならニードル脱毛ということで太鼓判を押しています。

脱毛完了までどのくらいかかるか

電気脱毛はレーザー脱毛と違って1回脱毛してしまえば、基本的に2度と毛が生えてくることはありません。

その場で、1本1本が生えなくなるのです。つまり、白髪程度の数であれば10分〜1時間程度で永久脱毛が完了してしまいます。

毛周期の関係上、確実に一回で終わるとは言えませんが、白髪がすべて永久脱毛されてしまえば、あとは心置きなく黒いムダ毛の脱毛ができます。

レーザー脱毛では白髪は脱毛できない!

医療脱毛では基本的に白髪の脱毛は出来ないとされています。白髪脱毛で確実な唯一の方法はニードル脱毛です。

一部のサイトなどでは重要バルジ領域という部分に反応して脱毛する機器なら「肌の色や毛の色に関係なく脱毛することが可能なので白髪でも脱毛できる」と書かれていることがありますが、これは間違いです。

クリニックに問い合わせてみた

クリニックでは「白髪やブロンドには反応しません」と説明されていますし、脱毛サロンでも白髪に効果があるとは明言されていません。

またこれに関して※クリニックに問い合わせてみたところ、白髪がレーザーで脱毛できた人はほとんどおらず、特に医療脱毛を行うクリニックでは効果を実際に検証することができていないということです。

その他クリニックでも「白髪の脱毛は出来ない」と説明しているケースがほとんどです。
※アリシアクリニックと湘南美容外科に問い合わせて確認済

現在の状況ではレーザー脱毛でもサロン脱毛で行う光脱毛でも、白髪を脱毛することはできません。サイトなどで「バルジ領域に反応する機器なら白髪脱毛もOK」と書かれていることがありますが、誤った情報なので注意しておきましょう。

サロンに問い合わせてみた

バルジ領域を刺激するハイパースキン脱毛を行っているディオーネに白髪の脱毛について問い合わせてみたところ下記の回答を得られました。

「白髪に対して照射をすることは可能ですが、白髪に対しての効果は症例が無いので必ず効果が出るとは断言できかねます。白髪が減ったという声もいただいてはおりますが、個人差もありますし効果の保証は出来かねます」

よって効果については個人差もあり、どうやら確実ではないようです。
※2017.08.20 追記

しかしバルジ領域に反応して脱毛する機器は痛みが少なくVIOを脱毛する方にはオススメです。

白髪は脱毛できないものの、メリットが多いのでバルジ領域に反応する機器を使って、まずは白髪以外の毛をレーザーで脱毛しておくといいでしょう。

白髪脱毛について知っておきたいこと

この章では、白髪脱毛をする前に確認しておきたいことや気を付けたいことについてご紹介していきます。

白髪の脱毛を扱っているクリニックは少ない

VIOで有名な脱毛クリニックのほとんどが、白髪の脱毛を行っていません。

レヴィーガクリニックでは、2014年頃にソプラノのダイオードレーザーが開発された当初は白髪脱毛を行っていましたが、現在は行っていません。どうやら、レヴィーガクリニックでは、白髪の脱毛が不可能と判断されたようで、それ以降は白髪脱毛コースを設けなくなりました。

白髪を脱毛するには、上記でご紹介したように「ニードル脱毛」をする必要があります。しかし現在はほとんどがレーザー脱毛を取り扱っており、ニードル脱毛ができるクリニックは減っています。

ニードル脱毛は、大手クリニックでは以下で取り扱いがあります。

サロンでも白髪のニードル脱毛はできる

TBCスーパー脱毛

実はニードル脱毛はクリニックだけではなくエステサロンでも可能です。大手サロンではエステティックTBCが「スーパー脱毛」として電気針脱毛を行っています。

近くにニードル脱毛をしているクリニックが無い場合や、低価格なサロンでの施術を受けたい場合はチェックしてみましょう。

VIOの白髪脱毛は痛い?

VIOの脱毛を考える時に気になるのは、やはり痛みではないでしょうか。眉などのデリケートゾーンでない場所ならば我慢できそうですが、VIOはとても敏感な部分ですので心配です。

VIO脱毛は早めに済ませる

実際、ニードル脱毛はレーザー脱毛よりも痛みが強いとされていて、痛みに弱い方には向いていないかもしれません。

ただ、早い段階で脱毛を決心すれば、VIOの白髪の本数なんて大したことないはずです。白髪が増えてきてしまう前に、きれいに脱毛しておくのが良いでしょう。

no image
VIO脱毛はメリットの多い医療レーザーが最適!方法や注意点など徹底解説!

近年は多くの女性が興味を持ち始めている・実際に行っていると言われているVIO脱毛。女性なら1度は脱毛を検討したことがあるのではないでしょうか? 脱毛の中でもVIOはデリケートな部分なので「人に相談しづ ...

VIOが白髪になる原因

VIOが白髪になってしまうのは、基本的には髪が白髪になるのと同じ理由です。ただし、髪が黒いのにVIOに白髪が生えてきてしまう人もいます。それは以下の理由からです。

VIOの白髪の原因

栄養不足・・・メラノサイトがメラニンを生成するための材料となる、ミネラル、アミノ酸、ビタミン等が不足していることが挙げられます。食生活を見直し、バランスのよい食事を心がけましょう。

生活習慣の乱れ・・・夜中遅くまで起きている生活が続くと、自律神経が乱れて代謝や血の巡りが悪くなってしまいます。すると必要な栄養素がメラノサイトに供給されなくなってしまうため、髪が白いまま生えてきてしまうのです。しっかりと睡眠を取るようにして、髪に栄養を与えましょう。

ストレス・・・ストレスが過剰にかかると、自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。ストレスはしっかりと発散するようにしましょう。

これらの原因から来るVIOの白髪は、メラノサイトの活動が一時的に弱くなることから引き起こされています。ですから、その原因を解決しさえすれば、また黒い毛に戻ってくれることもあります。

心当たりのある方は、これらの注意事項を改善するように心がけてみるとよいでしょう。

白髪になる前に脱毛すべき

ご紹介してきたように、白髪を脱毛するにはニードル脱毛しか方法はありません。しかしこれはに痛みが強いため抵抗がある女性が多いです。

であるならば、いっそのこと毛がなるべく黒いうちに痛くないレーザー脱毛で完全に脱毛してしまうことが効果的な解決策なのではないでしょうか。

外的要因による一時的な白髪であれば、すぐに元通りになりますが、加齢による白髪は、歳を重ねるごとに増えていってしまいます。一本ずつ生えては脱毛し、生えては脱毛し、という繰り返しが続いてはトータルでの出費は相当な額になります。

VIOの脱毛が一般的になっている今、きれいさっぱり脱毛しておくことで不安を解消する女性も増えてきています。

白髪の脱毛はできるが大変です、なるべく早めに対応を。

白髪の脱毛は、基本的にはニードル脱毛でしか行うことができません。

重要白髪が生えてきてしまった場合は、まずは白髪ではない部分を脱毛した後に、残っている白髪部分だけをニードル脱毛で処理するという方法がオススメです。

白髪以外の部分もニードル脱毛をすると痛みによるダメージや費用が大きくなってしまいます。

痛みが少なく効果が高いレーザー脱毛で先に黒い毛をしっかり処理しておきましょう。

前述していますが、バルジ領域に反応するレーザー脱毛器、例えばメディオスターNextやメディオスターNextPROなどでも白髪は脱毛できません。できると書かれていることもありますがこれは間違いです。

しかしこれらの脱毛機器は痛みが少なくメリットが多いのでVIOなどの痛みを強く感じる部分の脱毛をするには非常に適しています。

VIO脱毛におすすめ

メディオスターNextやメディオスターNextPROの取り扱いがあり、VIOなどの痛みを感じる箇所を脱毛するには最適です。

白髪脱毛におすすめ

スーパー脱毛だと比較的低料金で白髪の脱毛を行う事ができます。

レーザーで脱毛した後白髪が残ってしまったら、ニードル脱毛で処理を行いましょう。

一部のクリニックはもちろん、エステティックTBCはスーパー脱毛という独自の電気脱毛で白髪脱毛ができます。

スーパー脱毛は毛包に直接作用して、毛の再生組織の活動を弱めるので白髪であっても脱毛できます。ただし、痛みが伴うため、多少の覚悟は必要かもしれません。

どちらの方法もメリットとデメリットがありますので、自分に合う脱毛方法を選んでください。

また、すでに脱毛クリニックに通っている人であれば担当の医師がいるでしょうから、気になる点を相談してみましょう。

そのクリニック自体で取り扱っていなかったとしても、専門の医師がちゃんと診断して勧める方法のほうが、よりあなたの身体にマッチしていると考えられます。

デリケートゾーンの白髪は見つけてしまった時にひどくショックを受けることもあると思いますが、生えてきてしまったものはしょうがないと割り切って、しっかりと対策を考えることが一番重要です。

今回オススメした「レーザーで脱毛した後にニードル脱毛で残った白髪を処理する」という方法が最も効率よく白髪のあるVIOを脱毛できる方法なので、ぜひ参考にしてみて下さい。

今回のまとめ

白髪はニードル脱毛でのみ確実に脱毛出来ます。

  1. 白髪がレーザーでは脱毛出来ない。他サイトで白髪がレーザーでは脱毛出来るとあったら間違いの可能性が高い。
  2. 白髪脱毛に確実い効果があるのはニードルだけ
  3. 白髪のある箇所を脱毛するときは、1.先にレーザーで黒い毛を脱毛して、2.残った白髪をニードルで脱毛して綺麗にする。
  4. ニードル脱毛は料金が高めなので黒い毛がたくさんあるうちに脱毛したほうが良い。

これが白髪が生えてきた箇所を脱毛する完璧なやり方です。

-不安・疑問
-, , , , ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.