不安・疑問

ホクロがあっても光脱毛できる?光脱毛がホクロに与える影響などまとめ

更新日:

最近すっかりメジャーになりつつあるのがエステサロンでの光脱毛です。でも「ホクロがあると脱毛できない」「やけどの心配がある」「光脱毛するとホクロが増える」などとネットで調べると出てきます。実際はどうなのでしょうか。

  • 光脱毛でホクロの毛を脱毛できるの?
  • そもそも光脱毛はほかのレーザー脱毛とどう違うの?
  • 光脱毛はホクロにどういう影響があるの?

今回は、これから脱毛するけどホクロが気になるという方のために、これらの疑問点について細かく解説します。

ホクロを脱毛するのに光脱毛とレーザー脱毛どちらがいいの?

脱毛したい部位にホクロがある場合、エステサロンや脱毛サロンでの”光脱毛”と、医療クリニックでの”レーザー脱毛”のどちらを選ぶ方がいいのでしょうか。光脱毛はレーザー脱毛と比べて手軽に行うことができますが、医療クリニックとは違い医師や看護師のサポートがないので、不安に思うかもしれません。

結論から言えば、ホクロの脱毛をするからといってどちらの脱毛方法が良いのかを考える必要はありません。

どちらの脱毛でも、ホクロの部分はきちんと保護されながら安全に脱毛します。また光脱毛だからといって、ホクロに悪影響を与えることもありません。ただし光脱毛とレーザー脱毛には違いもあるので、どのような点で違うのか説明していきます。

そもそも光脱毛は、フラッシュ脱毛、エステ脱毛と同じ意味

光脱毛とよく似た用語でフラッシュ脱毛というものがあります。光脱毛もフラッシュ脱毛も、脱毛の仕組み自体は全く同じものでこの2つは同じ脱毛を指しています。同様に、エステ脱毛やサロン脱毛という用語も、フラッシュ脱毛と同じく光脱毛のことを指します。

一般的に光脱毛はエステサロンや脱毛サロンで行われるものだからです(希ですが、光脱毛を扱っている医療脱毛クリニックもあります)。つまり、光脱毛、フラッシュ脱毛、エステ脱毛、サロン脱毛は皆同じものです。今後この記事では、これらすべてを統一し、光脱毛と呼んで説明していきます。

レーザー脱毛と光脱毛の違いとは?

光脱毛もレーザー脱毛も、黒い色素に反応するエネルギー波をあてて毛を作る細胞(毛母細胞)に働きかける脱毛方法です。レーザー脱毛で使われるレーザーは、単一の波長のエネルギー波を集中的に使って毛母細胞を破壊していくもので、とても強力です。

このため、専門医がいるクリニックでしか施術することができません。一方、光脱毛では広範囲に複数の波長のエネルギー波をあてて毛母細胞を休眠させていく脱毛方法です。レーザー脱毛と比べて穏やかなので、専門医がいないエステサロンでも施術が可能です。

ホクロの部分を脱毛する際の光脱毛とレーザー脱毛の違い

ホクロがある部分を脱毛する場合、レーザー脱毛と光脱毛では、脱毛の効果以外に大きな違いはありません。レーザー脱毛の方が脱毛効果は高く、光脱毛はそれよりも劣ります。

ただし、一回の施術で処理できる面積は、光脱毛のほうが大きいです。レーザー脱毛でも光脱毛でも、黒いものに反応するエネルギー波を使うという仕組み自体は同じなので、ホクロの有無で対応に違いはありません。

レーザー脱毛とホクロに関することはこちらの記事に詳しく書いています。

脱毛時にホクロにシールを貼る
ホクロがあったらレーザー脱毛は出来ない?レーザーがホクロに与える影響とは?

ホクロがあるとレーザー脱毛ができない レーザー脱毛でホクロが腫れたり赤くなった ネットではレーザー脱毛について調べるとこのような体験談や噂を目にします。ホクロがあってレーザー脱毛を検討している人にとっ ...

続きを見る

ホクロがあっても問題なく光脱毛できる

光脱毛では、脱毛したい部位にホクロがあっても施術は可能です。光脱毛だからと言って「ホクロのある部位の脱毛は不可能です」と断られることはまずありません。

ただし、ホクロがある場合には注意点があります。光脱毛は、黒い色素に反応するので、毛だけでなくホクロにも反応してしまいます。ホクロがある場合の脱毛はどのように行われるのでしょうか。

ホクロは保護しながら施術する

照射面積が狭いレーザー脱毛では、ホクロがある部分を細かく避けて照射していくことができます。しかし、照射面積が広い光脱毛では、ホクロのある部分だけいちいち避けて施術することは困難です。

このため、光脱毛では施術の前に白いシールやテープを貼って、ホクロを保護してから光をあてていきます。白いシールでホクロを隠すことで、光を当ててもホクロには反応せず、シールを貼っていない部分だけに反応するようにできるのです。

小さく平たいホクロの場合はそのまま照射する

直径1㎜もないような小さくて平たいホクロの場合は、火傷を起こす可能性が低いのでそのまま照射することもあります。

隆起しているホクロや色が濃いホクロ、大きいホクロの場合はシールで保護するケースがほとんどです。サロンによっても基準が違ってきますが、一般的には医療脱毛より光脱毛の方が小さいホクロでも念のためにシールでの保護をしっかりと行っています。

エステサロンに問い合わせてみた!

人気のサロンでは、ホクロがある場合にどのような対応をしているのか調査してみました!

ミュゼの場合
火傷が起きる可能性があるため、念のため白いシールを貼らせていただきます。シールはホクロの大きさに合わせた小さなもので脱毛に影響が起きることはありません。色素が薄い小さなホクロの場合はシールを貼らなくてもよいケースもあります。
(ミュゼカスタマーセンターより回答)

銀座カラーの場合
最新機種を使用しており、ホクロがあっても脱毛できるようになっています。色や大きさ、濃さによっては照射ができないこともありますので、カウンセリングの際にご相談ください。影響が出る可能性があるホクロの場合はペンでマークをつけ、その部分を避けて照射します。
(銀座カラーコールセンターより回答)

キレイモの場合
脱毛機器が黒い色に反応するため、色の濃いホクロだと火傷してしまう可能性があります。火傷の予防のためにホクロには白いシールを貼って保護します。
(キレイモカスタマーセンターより回答)

ただしホクロに生えている毛は脱毛できない

ホクロ毛

エステサロンの光脱毛では、ホクロに生えている「ホクロ毛」を脱毛することはできません。また、ホクロのすぐそばに生えている毛も、ホクロと一緒にシールで隠されてしまうので脱毛できません。これは、ホクロを完璧に保護するために、ホクロより少し大きいサイズのシールが使われるためです。

ホクロのそばの毛に関しては、「なるべく光があたるようにしてほしい」とエステサロンに相談すれば対応してくれる場合もあります。ただし、ホクロからすぐに隣接している毛に関しては、光を当てるとホクロにも光があたるリスクがあるため、断られる場合が多いです。

まれにホクロが多いと断られることもある

稀なケースですが、脱毛したい部位にあまりにもホクロが多い場合は、その部位の施術を断られる場合もあります。シールを貼る面積が多くなり、施術が難しくなるためです。

せっかく契約したのに施術してもらえない!なんてことがないように、契約前のカウンセリング時にしっかりエステサロン側に相談し、ホクロがある部分がきちんと脱毛できるか確認しておきましょう。

ホクロに光脱毛があたってしまったら

施術をする際に、ホクロを見落としてしまうこともあります。小さいホクロや薄いホクロなら光が当たっても問題ないことも多いですが、光の出力の強さやホクロの状態によっては以下のようなトラブルが起きる可能性もあります。

やけどのような症状が起こる

ホクロに脱毛の光が当たると、毛と同様にホクロの黒い色素にも反応が起ることがあります。ホクロに反応してしまうと、ホクロやホクロ周辺に結構な痛みが生じます。

濃い毛に光を当てたときに、ビリっとした痛みがあるのと同じです。この時ホクロには強いエネルギーがかかり、やけどをした時と同じような状態になります。

ホクロ周辺がヒリヒリ痛む

施術時に一瞬痛みが生じ、その後はなんともなく済む場合もあります。しかし、大きなホクロや色が濃いホクロの場合は、より症状が重くなります。施術時だけでなく、その後もやけどと同じようなヒリヒリとした痛みが続きます。この痛みは患部を冷やすことで軽減できます。

ホクロが腫れて盛り上がってしまうことも

ホクロに光が当たってしまった場合、ホクロやホクロ周辺の皮膚が腫れて盛り上がってしまうこともあります。重いやけどをした時に、水膨れができるのと同じです。痛む箇所を冷やしても痛みがとれず、さらに腫れてくるほどの症状ならかなりの重症です。この場合は迷わず病院へ行きましょう。

万が一、ホクロに光脱毛があたってしまった場合の対処

こういったトラブルが起きないよう、光脱毛を行っているエステサロンでは徹底的に安全対策を行っています。エステティシャンは細やかな研修を受け、施術の際もミスを犯さないように常に注意を払っています。

それでも万が一施術中ホクロに光が当たって痛みや違和感を感じたら、その時すぐに声をかけましょう。痛みがあったことをその場ですぐ伝えて施術を中止し、容態が悪そうなら医師の診察を要求してください。

施術中に言えず、後から申告しても、エステサロンによっては対応してもらえないことがあります。その場で申し出ることが大事です。

光脱毛をするとホクロは薄くなったり、増えたりするのか

さて、皆さんはホクロを薄くする治療にレーザーが使われているのはご存じですか?ホクロの色素をレーザーで取り除くというものなのですが、なんだか脱毛の仕組みと似ていますよね。同じように、光脱毛の光でもホクロを無くすことはできるのでしょうか。

光脱毛でホクロが薄くなることは原則的には無い

エステサロンでの光脱毛に用いられている機器は、ホクロ治療のために作られたものではありません。脱毛用に作られたものです。しかし、実際に光脱毛を受けたらホクロが薄くなったという方もいます。

前述したとおり、トラブル防止のためにほぼ全てのエステサロンでホクロには光を当てないようにしています。このため、ホクロが薄くなった理由は、実際は光脱毛そのものと直接の関係がない可能性があります。

ホクロが薄くなったのは、脱毛に使う機器やジェルの美肌効果によるものだと推測できます。また、人によっては、まわりの肌が綺麗になることで、ホクロの黒さが目立つと感じる場合もあります。

いずれの場合も、光脱毛の直接の影響でホクロの濃さが変わったわけではありません。

光脱毛後にホクロが増えることはあるのか

光脱毛自体でホクロが増えることはありません。しかし脱毛をした後に日焼けなどをした場合はホクロが増えることがあります。

ホクロに光脱毛があたると癌になるって本当?

光脱毛の光は、紫外線などの人体に有害な光を取り除いたものなので、それ自体は安全で癌になる心配はありません。ただし、上の項目で触れたように脱毛後の肌は敏感になっており、外部からの影響を受けやすい状態です。基本的には癌を恐れるほど過剰にならなくて大丈夫ですが、肌にトラブルが起きないよう注意したほうが賢明です。

ホクロに生えている毛を脱毛したかったら

光脱毛ではホクロに生えている毛を脱毛できないと書きましたが、どうしてもホクロの毛を脱毛したい場合はどうしたらいいでしょうか。実は、ホクロに生えている毛を脱毛する方法もあります。

ホクロに生えている毛の特徴

ホクロに生えている毛の処理には少し注意が必要です。ホクロに生えている毛を、自ら毛抜きで抜くなどして刺激を与えると、メラノサイト細胞が活性化し、ホクロが濃くなったり大きくなったりする可能性があります。また、ホクロの毛を自己流でむやみに処理して刺激を与えないほうがいいでしょう。

色がうすければ脱毛できる場合もある

ホクロと一口に言っても、色や大きさはひとそれぞれ。ソバカス程度の小さくて薄いホクロなら、光脱毛でも脱毛できる場合があります。この場合、トラブル発生のリスクを抑えるため、光の出力を抑えて脱毛することになり、脱毛効果はあまり期待できません。色が薄いホクロに生えている毛を光脱毛できるかどうかは、カウンセリングの際に実際にホクロを見せて相談してみましょう。

確実に脱毛したいならニードル脱毛

また、レーザー脱毛や光脱毛の他に、ニードル脱毛という脱毛法があります。これはニードル(針)を毛穴に差し込み、電流を流して毛母細胞を破壊する脱毛方法です。黒い色素に反応する光脱毛やレーザー脱毛とは仕組みが違い、ニードル脱毛ならホクロに生えている毛も脱毛することができます。ニードル脱毛は非常に高価で強い痛みを伴いますが、光脱毛とは違い、一回の施術で永久脱毛が可能です。ホクロの部分だけ施術するなら、そこまで料金もかからないので、ホクロ毛を確実に脱毛したいという方にはおすすめです。

どうしても気になるという方はホクロを取ることもできる

また、ホクロ自体をなくしてしまえば、他の部分と同様に光脱毛が可能になります。ホクロに生えている毛もホクロ自体も気になるという方は、皮膚科や美容外科などでのホクロ治療も行うのもひとつの手です。

まとめ

ホクロがある部位でも光脱毛は可能です。ただし、濃いホクロや大きなホクロ、隆起しているホクロなどの場合は火傷のリスクが高くなります。そのためホクロに生えている毛やホクロのすぐそばにある毛を脱毛することはできません。

また、万が一ホクロに光脱毛の光が当たってしまった場合は、軽いやけどのような症状が起こる場合があります。また光脱毛がホクロの濃淡や増減に与える直接の因果関係はありません。

ホクロが薄くなったり増えたりすると感じる人がいるのは、脱毛の際に使用する機器やジェルの美肌効果や、施術後の紫外線の影響が原因です。ホクロがあっても心配なく光脱毛することはできますが、他にも心配な点があれば無料のカウンセリングで質問しましょう。

-不安・疑問
-

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.