不安・疑問 背中 顔脱毛

ニキビがある部分を光脱毛しても大丈夫?顔や背中にあるニキビへの影響を徹底解説

更新日:

エステサロンでの光脱毛を検討しているけど、ニキビがある場合の脱毛はどうなるのでしょうか?顔や背中などにはニキビがあると、光脱毛でニキビ部分が汚くならないのか、またはヒドくならないかなど心配になります。そこで今回は以下の点に注目してみました。

  • 背中や顔にニキビがあっても脱毛はできるの?
  • 光脱毛するとニキビは減るのか増えるのか
  • ニキビ跡はどうなるのか
  • ニキビ肌の脱毛はレーザー脱毛の方がいいのか

このようなポイントを中心に「ニキビと光脱毛」に関しての様々な疑問について詳しく解説します。

背中にニキビがあっても光脱毛できるのか

背中のニキビ

背中には産毛や体毛が濃い人が多い一方で、背中ニキビに悩む女性も多くいます。

背中を綺麗に脱毛するためには、背中ニキビのある箇所を光脱毛しても平気なのでしょうか。

背中にニキビがあっても光脱毛は可能

背中にニキビがあっても光脱毛は可能です。ただし、ニキビそのものに光を当てることはできません。なぜなら光脱毛の光は人体に対して無害ですが、ニキビに対しては刺激になってしまう可能性があるからです。

といっても、背中の一部にニキビがある程度なら背中の脱毛は可能です。具体的には、ニキビの数を数えられる程度なら脱毛は可能です。ニキビが無数にある場合は、後述しますがニキビへの対処に時間がかかってしまうので不可能です。

また、背中の面積は大きいため、サロンによっては複数のパーツに分けている場合があります。背中にニキビがあっても、脱毛するパーツにニキビがなければ光脱毛できます。

たとえば、背中下のパーツにニキビがあっても、契約しているのが背中上のパーツのみで、背中上にはニキビがないなら何の問題もありません。

背中にニキビがある場合の対処法

脱毛時にホクロにシールを貼る

背中にニキビがある場合、施術の際は白いシールを貼るなどしてニキビを隠したり、その部分を避けて照射します。ニキビに脱毛の光が反応しないようにするためです。

また、サロンによっては、シールで保護すると同時に、光のパワーを弱めることで対処することもあります。光の熱によってニキビに刺激がないようにするためです。ニキビは肌のトラブルのひとつなので、繊細な対応が必要です。

光脱毛できない場合もある

前述したとおり、ニキビが背中全体に無数にある場合は、脱毛できないケースがほとんどです。理由は、たくさんあるニキビの一つ一つをシールで保護するのが大変だからです。

ニキビがない部分だけに光を当てるのが困難な場合は脱毛できません。背中に広範囲にわたるニキビがある方は、契約前のカウンセリング時に、背中の脱毛が可能かどうかエステサロン側に確認しておきましょう。

脱毛が可能かどうかは実際に見てみないと判断できませんので、無料カウンセリングを受けてみることをオススメします。

顔にニキビがあっても光脱毛できるのか

顔のニキビ

光脱毛では、目の周り以外なら顔の脱毛も可能です。しかし、背中と同様に顔はニキビで悩むパーツ。

おでこや口周りなどに、ストレスが溜まっているときや生理前にニキビができるという女性はとても多いです。顔は背中以上にデリケートな部位ですが、ニキビがあっても脱毛はできるのでしょうか。

顔にニキビがあっても光脱毛は可能

顔も基本的にはニキビの有無に関わらず光脱毛は可能です。ニキビの部分に光を当てることはできませんが、ニキビ以外の部分は施術可能です。脱毛の光は黒い色に反応するため、赤黒いニキビには当然光を当てることはできません。

初期の白ニキビであっても、光による刺激でニキビが悪化するのを予防するために、多くの脱毛サロンではニキビがある部分には光を当てないようにしています。

顔にニキビがある場合の対処法

背中の場合と同じく、顔にニキビがある場合はニキビに白いシールを貼って保護するか、その部分を避けて照射します。

シールで隠しているとはいえ、極力ニキビの上から光を当てないようにしているサロンもあります。これは熱による刺激からニキビを守るためです。

また、顔の皮膚は薄くてデリケートなので、施術後の冷却や保湿を入念にするサロンもあります。ニキビがある場合の対処法は各エステサロンによって異なるため、ニキビが出来てしまったら施術の前に確認を取っておくと安心です。

広範囲にニキビがあると不可能

顔に数個ニキビがある程度なら脱毛することができます。しかし、おでこ全体やアゴ全体にニキビが出来てしまった場合など、広範囲にニキビがあるとそのパーツの脱毛はできません。背中の場合と同じく、ニキビが多すぎてシールで保護しきれない上に、仮に全てシールで保護したとしても熱による刺激があるためです。

「せっかく契約したのに顔のコースを消化できない!」なんてことにならないよう、日頃から顔のニキビ対策をしっかり行うようにしましょう。

また、大量のニキビが長年治らずに悩んでいる箇所があれば、その箇所は初めから脱毛の契約をしない方がいいかもしれません。

契約前のカウンセリング時に、ニキビで悩んでいることをエステサロン側に伝え、契約のパーツ選びは慎重に行いましょう。

サロンに問い合わせてみた!

ニキビがあった場合は一般的に「シールを貼る」「その部分を避けて照射する」といった対処法が取られていますが、具体的にはどんな対応をしてもらえるのか、大手サロンにそれぞれ問い合わせてみました。
ミュゼの場合
ホクロやニキビには直接光を当てることができないため、シールで保護をします。全身脱毛など複数個所を脱毛するコースの場合は、ニキビのある個所だけ後日お手入れをするという方法も可能です。
(ミュゼカスタマーセンターより回答)

銀座カラーの場合
ニキビやニキビ跡がある場合は、そちらの箇所は避けてのお手入れをなっております。もしニキビに使用する塗布薬をお持ちの場合は、当日使用されますとお手入れができないので予めご了承ください。避けるべきニキビかどうかはカウンセリングで直接お肌の状態を確認してご案内しております。
(銀座カラーカスタマーセンターより回答)

キレイモの場合
ニキビやホクロの様に色素がある箇所は保護シールを貼って避けて施術を承っております。
(キレイモカスタマーセンターより回答)

光脱毛でニキビは減る?

光脱毛のメリットとして「肌がきれいになる」ということが言われています。光脱毛をすることでニキビが減って肌がきれいになるのでしょうか。

また、ニキビができにくい肌へと改善することができるのでしょうか。実際に、光脱毛の術後にニキビができにくくなる理由を4つご紹介します。

理由1:毛がない方がニキビはできにくい

脱毛をすることで毛がなくなると、見た目以外にもメリットがあります。ニキビができにくくなるというのもそのひとつです。

毛があると、汚れや皮脂が毛に付着しやすく、毛穴を詰まらせニキビなどの肌トラブルの元になってしまいます。ニキビ予防のために顔の毛を剃ることを勧めている医師もいるくらい、顔の毛はニキビの敵なのです。

理由2:自己処理が減る

カミソリで顔の毛を処理すると、必ず顔の皮膚表面に細かい傷を作ってしまいます。

顔をシェービングするたびに毎回顔を傷つけていると、ニキビだけでなく様々な肌トラブルを引き起こします。また、毛抜きを使った自己処理でも、毛穴を傷つけたり埋もれ毛になったりするリスクがあります。

これらの自己処理は肌にとって負担が大きいものです。このため、脱毛して自己処理をしなくても良い状態にすることは、ニキビのない美しい肌づくりのために有効なのです。

理由3:毛穴が引き締められる

エステサロンで光脱毛をして毛が生えなくなっても、実は毛穴自体がなくなるわけではありません。

ただし、上記の通り毛穴のつまりがなくなったり、自己処理による肌へのダメージが減ったりすることで、毛穴が引き締まり目立たなくなる傾向にあります。

毛穴が小さくなれば、その分ニキビの原因である汚れや皮脂が入り込むのを防ぐことができ、ニキビを予防することができます。

理由4:肌の状態を気にするようになる

ほとんどの女性が顔の肌の状態にはいつも気を遣ってはいます。しかし、脱毛することでさらに肌への意識が高まり、毛のなくなり具合やちょっとした肌の変化などをいつもより入念にチェックするようになります。

また、エステサロンで注意されるように、乾燥や日焼けをした肌には脱毛ができません。

乾燥や日焼けは肌にダメージを与えるので、対策をしっかり行うことで、肌の状態は良くなっていきます。さらに、エステで使っている高品質の化粧品を勧められることもあります。エステサロンでの光脱毛と直接的な関係はありませんが、これらの間接的な要因によって肌の状態が良くなり、ニキビも減るということが考えられます。

光脱毛でニキビができる場合もある?

エステサロンの光脱毛でニキビが減る可能性がある一方、光脱毛によってニキビができてしまう可能性があります。

実際に、エステサロンで光脱毛をしたらニキビができた、もしくは増えたという方がいます。光脱毛によってニキビができる原因についてご紹介します。

脱毛の刺激で、ニキビが悪化する?

脱毛の光は人体に無害ではありますが、普段の生活では浴びることのない強力な光です。現在ニキビができている箇所はとても敏感になっているため、光脱毛による刺激で悪化してしまう可能性があります。

ですがエステサロンでは白いシールをはり、さらにシールの上からも光が当たらないように避けて施術してくれるのであまり心配はいりません。

しかし、それでもニキビの悪化が心配な場合はニキビがあるパーツの脱毛はやめるのが確実です。

乾燥対策を怠るとニキビができる可能性も

光脱毛をすると、受けた熱により肌の水分量が減ってしまいます。エステサロンで注意されるように、脱毛後は肌の保湿をしっかり行わなくてはなりません。

ここで肌の保湿を怠ると、肌が乾燥し、肌は乾燥を食い止めようとして自ら皮脂を分泌します。

この皮脂が毛穴につまり、ニキビの原因になってしまいます。とくにもともと乾燥肌の人は、乾燥によるいわゆる大人ニキビができないように保湿をしっかり行う必要があります。

もしかしたらニキビじゃないかも?

毛嚢炎や毛包炎など、ニキビと似た皮膚の病気をニキビと勘違いするケースがあります。もちろんニキビ自体も、毛穴の奥に菌が感染することによる皮膚病の一種です。ニキビの原因はアクネ菌です。

ニキビに似たもので毛嚢炎という病気があります。これはブドウ球菌という最近が感染することで起きる皮膚病です。かゆみは特になく、まわり赤みがある小さい突起物ができます。また、マラセチアというカビが異常繁殖することでおきるマラセチア毛包炎という病気もあります。

この場合はかゆみのある細かい赤いぶつぶつができます。いずれも、光脱毛自体が直接の原因になることはありません。

ただ、これらは肌が清潔でないと罹りやすく、脱毛後に肌が敏感になっている時には通常時より感染のリスクがあると言えます。ニキビと勘違いして放置したり誤った処置をしたりしないよう、肌に異変を感じたらエステサロンや、かかりつけの皮膚科へ相談しましょう。

光脱毛でニキビ跡はどうなるのか

ニキビと同じく肌の見た目を損なうニキビ跡。光脱毛でニキビ跡はどう変化するのでしょうか。またニキビ跡があっても光脱毛は可能なのでしょうか。光脱毛とニキビ跡の関係についてご紹介します。

ニキビ跡には光を当てない場合がほとんど

光脱毛の光は黒いものに反応するため、周囲の皮膚より黒いニキビ跡には光を当てない場合がほとんどです。

ニキビ跡に光を当ててしまうと、やけどや色素沈着などの肌トラブルの原因になってしまう可能性があるため、エステサロンでは白いシールで保護して反応しないように対処しています。

光脱毛でニキビ跡が増える可能性

このように、そもそも光を当てないのですから、光脱毛が直接ニキビ跡に影響を与えることはありません。

ただし、脱毛の熱による乾燥への対策が疎かだと肌のターンオーバーが乱れ、ニキビ跡が残りやすくなる場合があります。脱毛後のお手入れをきちんと行っていれば基本的に心配ありません。

ニキビ跡が薄くなる可能性もある

脱毛後の保湿ケアをしっかり行うことで、逆にニキビ跡を薄くする効果が期待できます。

また、エステサロンによっては美肌目的のために、ニキビ跡治療に使われるフォトフェイシャルという光治療機と同じような効果をもつ脱毛機を導入しているところもあります。

さらに脱毛後に、美白効果のあるジェルを塗ってくれるサロンもあります。脱毛と直接関係はありませんが、エステサロンで光脱毛を行うことで、間接的にニキビ跡もきれいにすることができるのです。

ニキビがある場合、エステサロンとレーザー脱毛ではどちらがいいのか

さて、これまでエステサロンでの光脱毛とニキビの関係をご紹介しましたが、医療機関でのレーザー脱毛と比べるとどちらの方がいいのでしょうか。

ニキビがある場合の光脱毛とレーザー脱毛の違いをわかりやすくご紹介します。

レーザー脱毛ならお医者さんがいるのでひどいニキビでも安心

エステサロンの光脱毛と医療機関のレーザー脱毛では、どちらも黒い色素に反応する脱毛機を使って脱毛します。このため、ニキビやニキビ跡に対する施術は両者共通です。ただし両者の決定的な違いは、医療機関や脱毛クリニックには専門の皮膚科医が常駐しているという点です。

エステサロンにいるエステティシャンはエステの研修は受けますが、医療的な専門教育は受けていません。そのためニキビがある部分を脱毛したい場合でも対応できないと断れられるケースがあります。

しかし、美容皮膚科や脱毛クリニックにはきちんとした医師がいるので、ニキビへの不安なども相談しながら、治療行為も含めて適切な対応をしてくれます。

また「ニキビがある部分は心配だから慎重に脱毛したい」という方の場合でも、専門医がいるクリニックで脱毛する方が安心できるのでオススメです。

ニキビ治療もしたいなら医療脱毛

さらに、美容皮膚科などでレーザー脱毛を受ける場合は、ニキビやニキビ跡の治療も同時に行うことができます。

ムダ毛だけでなく、ニキビやニキビ跡のないきれいな肌になりたいという場合は、医療機関でのレーザー脱毛と併せて利用することをおすすめします。

ポイント

ニキビ治療をしたい場合は脱毛専門のクリニックではなく、その他の美肌治療などを行っているクリニックを選びましょう。大手クリニックではアリシアクリニックや湘南美容外科でならニキビ治療も行っています。

おすすめの脱毛サロン

ニキビ治療をしたい場合は医療脱毛がオススメですが、価格が高い・痛みが強いといったデメリットもあります。低価格で手軽に始めやすい光脱毛を選びたい方には、以下の脱毛サロンがオススメです。

人気脱毛サロンのミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム
2週間に1回通える【短期集中☆美容脱毛】が半額のミュゼプラチナム
ニキビにはシールを貼って脱毛してくれます。お得なキャンペーンやサービスが充実していて初めての方にもオススメのサロンです。

全身脱毛専門のキレイモ

キレイモ
脱毛しながらスリムアップ気分も味わえる、キレイモ
人気急上昇中のサロンです。ニキビにはシールを貼ってその部分を避けて照射してくれます。ドクターサポートなどもあり安心できます。全身脱毛を検討している方には特にオススメです。

高い実績を誇る銀座カラー

銀座カラー
業界初1年間のスピード脱毛、銀座カラー
長年人気の脱毛サロンとして経営してきた銀座カラー。リーズナブルな価格も魅力的です。ニキビは避けて照射してくれます。しっかりとカウンセリングもしてくれます。

まとめ:ニキビがあっても光脱毛は可能です!

脱毛したい箇所にニキビやニキビ跡があっても、数が少なければ脱毛可能です。ただしニキビやニキビ跡の上から光を当てることはできず、白いシールで保護したり、その部分を避けて照射するといった施術が行われます。

また、あまりにもニキビやニキビ跡の数が多いと、シールで保護できないため施術することは困難になってしまします。光脱毛は、ニキビやニキビ跡が増えたり減ったりする直接の原因にはなりません。

脱毛することで毛がなくなり肌の清潔さが増すため、一般的に脱毛はニキビに効果的と言えます。

また、ニキビ跡にも効果がある施術をおこなっているエステサロンもあります。しかし、脱毛後の乾燥対策を怠るとニキビやニキビ跡の原因になるので注意しなくてはなりません。

ニキビやニキビ跡がひどい場合や不安が大きい場合は、お医者さんに相談できるレーザー脱毛に一度カウンセリングに行くことをおすすめします。

-不安・疑問, 背中, 顔脱毛
-, ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.