不安・疑問

シミやそばかすがあってもレーザー脱毛できる?増えたり濃くなるってホント?

更新日:

レーザー脱毛とシミやそばかすに関するトラブルについて疑問を持っている方は多いようです。カウンセリングを受けて「脱毛できません」と言われてしまうのは辛いですよね。また、もしレーザー脱毛をしてシミやそばかすが増えたり濃くなってしまうのなら、脱毛はしたくないと考えている方も多いでしょう。

しかし、実際にはシミやそばかすがあっても脱毛できたという方もいたり、できなかったという方もいます。また、シミが増えたり濃くなったという方もいれば、その逆でシミが消えたり薄くなったという方もいます。

今回のテーマ

  • 肌にシミやそばかすがあるとレーザー脱毛ができないと聞いたけど、本当なの?
  • シミが増えたり濃くなったという体験談を見たけど、大丈夫?

本当のところはどちらなのか。これからレーザー脱毛をしようと考えている方のためにレーザーとシミ・そばかすの関係や仕組みについて詳しく解説します。脱毛の口コミサイトや体験談などでウワサされているレーザー脱毛とシミ・そばかすについて疑問を持っている方は、本ページの情報を参考にを脱毛をするかどうか検討してみて下さい。

シミやそばかすがある場合はレーザー脱毛できない?!

結論から言えば、ほとんどの場合はシミやそばかすがあっても問題なくレーザー脱毛が行えます。基本的にはシミやそばかすがあっても各クリニックで対処法が考えられているのでシミやそばかすがあっても大丈夫です。

ただし、シミやそばかすの「濃さ」「多さ」によっては施術するとやけどなどのトラブルが起きる可能性があり、そのままの状態ではレーザー脱毛ができない場合があります。その場合はクリニック側から対応策の提案や説明があるのでそれに従い、脱毛を進めていけば問題ありません。

まずはシミやそばかすがやけどをの原因になる可能性について見ていきましょう。

メラニンとレーザー脱毛の関係性

レーザー脱毛の仕組み

レーザー脱毛に使われるレーザーは毛の黒い色に反応してムダ毛処理を行います。毛と同様に黒い色をしているメラニン色素にも反応するという特徴があります。薄いシミなら「黒」だとは認識されませんが、色黒だったり日焼けによってメラニンが大量に皮膚にある場合は毛ではない部分を「黒」と誤認識してレーザーが反応し、やけどをしてしまう可能性があります。
参考世界で1番わかりやすく、レーザー脱毛の原理・メカニズムを徹底解説!

シミやそばかすの種類によって変わる

レーザーがメラニンに反応してやけどをする可能性があることから、シミやそばかすが濃い場合や多い場合はそのままではレーザー脱毛ができないと判断されることもあります。

レーザー脱毛ができるかどうかの判断はカウンセリングの際にシミやそばかすの状態をチェックして診断されます。クリニックによってもその判断の仕方が違うので不安な方はカウンセリングの際にきちんと聞いておきましょう。

ホクロ・アザでも施術ができないことがある

またシミと同様のケースで、レーザーが毛と間違えてホクロやアザに反応してしまう可能性があります。特に色が濃いホクロやアザの場合は、そのままではレーザー脱毛の施術が受けられないことがあります。
参考ホクロがあったらレーザー脱毛は出来ない?レーザーがホクロに与える影響とは?

シミ・そばかすがある場合の脱毛方法

そばかす

シミ・そばかすがあり、そのままの状態ではレーザー脱毛ができないと判断された場合でも、クリニックでは以下のような対応策を用いて脱毛を行います。シミ・そばかすの大きさや種類によって対応策は違います。どのような対応策があるのか知っておきましょう。

1. シミやホクロを避けてレーザーを照射する

シミやそばかす、ホクロを避けてレーザーを照射すれば特に問題はありません。ただしこの方法は大きなシミや目立ったホクロが数箇所ある場合にとられる対処法です。

シミが小さい場合や背中や腕などに小さくてたくさんの量のシミが広がっている場合は、その部分を避けてレーザーを照射することが難しくなります。その場合は他の対処法によりレーザー脱毛を行います。

2. シールを貼ってシミなどを隠す

脱毛時にホクロにシールを貼る

シミを隠してしまえばレーザーによりやけどをする危険性はなくなります。そのため多くのクリニックではシミやホクロを隠すために白いシールを貼って施術しています。スタッフが必要に応じてシールを貼ってくれるだけなので自分では何もする必要はありません。

3. シミやホクロを除去してから脱毛する

クリニックによってはシミやホクロを先に取り除く方法をオススメされることがあります。
参考ホクロがあったらレーザー脱毛は出来ない?レーザーがホクロに与える影響とは?

元々その部分のシミやそばかす、ホクロが気になっていて取りたいと思っていたという方は先に除去してから脱毛に移行する方法をとっている場合が多いようです。

この方法であればシミやホクロの除去もできますし、やけどの心配をすることなく安心してレーザー脱毛の施術が受けられます。

湘南美容外科クリニックでは2mm以下のシミであれば2,430円でシミ取りを行うことが可能です。脱毛前に確認しておくと良いでしょう。

レーザー脱毛が出来ないときに、どうしても脱毛したい場合の対処法

基本的には上記のような方法で対策を行い、脱毛をしていきます。しかしクリニックの規定により脱毛ができないと診断される場合や、レーザーの出力が高くシミ・そばかすに反応してやけどが起きる可能性があると判断された場合は、施術を断られることが稀にあります。その場合レーザー以外の方法での脱毛を行うといいでしょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛
ニードル脱毛は毛穴に細い針を差し込み、電流を流して脱毛をします。レーザーのようにメラニンに反応することがないため、やけどが起きることはありません。しかし激しい痛みが伴う・料金が高い・施術に時間がかかるデメリットもあるので注意しておきましょう。

出力の弱い光脱毛やハイパースキン脱毛

クリニックではなくサロンで行われている光脱毛やハイパースキン脱毛は出力される光が弱く、シミやそばかすに反応する可能性が少ないためやけどの心配がありません。

しかし出力される光が弱い分、脱毛効果が低いことがデメリットとなります。実際に施述したユーザーからは「後から毛が生えてきた」「脱毛効果を実感できなかった」という声も多いことが挙げられます。

レーザー脱毛で「シミ・そばかす」は出来たり増えたりするのか

薄いシミやそばかすならそのままレーザー脱毛ができます。またはシールを貼るなど上記でご紹介した対処法を行えば脱毛そのものは可能です。しかし一部のレーザー脱毛経験者の体験談で「脱毛後にシミが増えた」「今までなかったシミが現れた」というものがありました。レーザー脱毛がシミやそばかすの原因になることはあるのか、その可能性について解説します。

レーザー脱毛でシミが出来たり増えたりする3つの原因

レーザー脱毛でシミが出来ることや、増えたり濃くなったりすることは稀ですが実際に起きていることでもあります。シミが出来たり増える原因は大きく分けると3つあると考えられています。この3つの原因についてご紹介します。

1. 軽いやけどに伴う色素沈着が起きる

レーザー脱毛では肌に軽いやけどが起きることがあります。そのやけどをした部分が色素沈着を起こしてしまい、シミのような状態になることがあります。肌が弱い方だとこのやけどによる色素沈着が起きる可能性が高くなると言われています。
参考レーザー脱毛で色素沈着はできる!?気になる予防と対処法を大公開

2. ターンオーバーが促進されて隠れていたシミが現れる

やけどが起きなくてもシミが出てくることがあります。それはレーザーにより肌のターンオーバーが促進されることが原因だと考えられます。

ターンオーバーが促進されると肌の表面の層が剥がれて隠れていた部分が表面化します。その際に肌の奥に隠れていたシミが表面に出てくることがあります。

3. 脱毛後の日焼けによりシミが出来やすくなる

脱毛後の肌は非常に敏感で紫外線によるダメージを受けやすくなっています。通常の状態であっても日焼けをするとメラニンが発生してシミが出来ることがありますが、脱毛後は特にシミが出来やすい状態になっているので十分に注意しなければなりません。

特に脱毛後に日焼け対策をせずに強い紫外線を浴びてしまうと、できたシミが色素沈着をして残ってしまう可能性があります。
参考レーザー脱毛の前後は日焼けに注意!日焼けしてはいけない理由や対処法とは?

シミやそばかすができてしまった場合の対処法

やけどによる色素沈着やターンオーバーによるシミの発生が起こる可能性はありますが、そのどちらも専門家ですら予測することは難しいと言われています。しかし、クリニックで施術を受けて医師の指示に従ってアフターケアや対策を行えばきちんとシミを改善することが可能です。

どのクリニックでもシミが出てきてしまった場合の対処法を用意しているので必要以上に不安になることはないでしょう。

アフターケアをちゃんとしていればシミは消える

レーザー脱毛をした後は、施術後にスタッフが行うアフターケアの他に、自分でも以下のようなアフターケアを行う必要があります。

脱毛後必須のアフターケア

  • 日焼けをしないように日焼け止めを塗るなどの紫外線対策
  • 冷水でのシャワーや保冷剤を使用した肌の冷却
  • クリームやジェルなどによる保湿

これらのアフターケアはレーザー脱毛後の敏感になっている肌を守るために行うケアとなります。このケアをしっかり行っていればやけどによる色素沈着を防ぐことが可能です。逆に怠ると肌が炎症を起こして色素沈着しやすくなったり、紫外線によるダメージを受けてシミが出来てしまう可能性があります。

ターンオーバーによるものなら皮膚が生まれ変われば消える

ターンオーバーにより奥に隠れていたシミが現れてしまった場合は、皮膚が生まれ変わればシミが付着している皮膚が剥がれるため改善されます。ターンオーバーは通常28日~56日程度周期で起こります。

次のターンオーバーが起きるまでの間、周期が乱れないようにしっかりとスキンケアを行います。生活習慣を乱すことが無いように気を付けていれば現れたシミは沈着することなく薄くなっていく可能性が高いでしょう。

やけどを治す薬が処方される

やけどをしてその部分が色素沈着してシミとなる可能性がある場合は、炎症を抑える塗り薬が処方されることがあります。

リンデロンやデルモゾールといったステロイドの軟膏が処方されるケースが多いです。ステロイドと聞くと強い薬だというイメージがありますが、ほとんどの人に対して悪影響が起きることは無く、比較的ポピュラーな軟膏なので安心して使用できます。

使用することでやけどによる色素沈着を抑えることができるので医師から処方されたら必ず使用するようにしましょう。

ただしアレルギーがある方やステロイドの薬が合わない方は要相談。非ステロイドの薬など他の方法で色素沈着を予防できないか確認してみましょう。

また、施術後にシミが出てきてしまったという場合はクリニックに相談すると皮膚科で処方されるような「シミ取り薬」が処方されることもあります。

レーザーの種類によってはシミが改善することもある!

脱毛レーザーの施術を受ける前に、クリニックでのカウンセリングで「もし消したくないホクロがあるなら申告してください」と言われることがあります。これはレーザー脱毛によりホクロが消えてしまう可能性があるからです。
参考ホクロがあったらレーザー脱毛は出来ない?レーザーがホクロに与える影響とは?

また、実際にシミやそばかすが改善されたという体験談を投稿している方も多くなっています。

シミができた・増えたという方がいる一方で、シミが消える、薄くなるという方がいるのは何故なのか。その原因についてご紹介します。

シミ改善が期待できる2種類のレーザー

レーザー脱毛に使用されるレーザーにはいくつかの種類がありますが、その中には脱毛だけでなくシミやそばかす、ホクロの除去にも利用されているレーザーがあります。シミやそばかすを除去する美容目的の施術と脱毛目的の施術では同じレーザーを使っていても出力数が違うため、必ずしもシミ改善が見込めるわけではありません。

しかしこの2種類のレーザーはシミを除去する仕組みも、脱毛をする仕組みも基本的には同じです。実際にシミが薄くなった方や消えた方も多いのでレーザー脱毛を受ける際は、レーザーの種類もチェックしておくといいでしょう。

1. アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーはシミの治療はもちろん、タトゥーやアートメイクの除去にも利用されているレーザーです。このレーザーはメラニンが含まれている色素細胞に反応して破壊する作用があります。

色素細胞が破壊されるとメラニンは皮膚から排出され、シミが消えるという仕組みになっています。この作用により脱毛だけでなくシミやホクロの除去にも効果があると言われています。

実際にアレキサンドライトレーザーで脱毛し、シミが消えたという方や黒いホクロが茶色く薄くなったという方は多いです。

2. ダイオードレーザー

ダイオードレーザー

基本的にはアレキサンドライトレーザーと同じくメラニンが含まれる色素に反応して細胞を破壊し、メラニンを排出させる作用があります。

ホクロの除去にも使用されているレーザーで、脱毛する部分にホクロがあった場合はホクロがかさぶた状になり取れてしまうこともあると言われています。消えても構わないホクロであればそのまま施術することが多いですが、消えてほしくないホクロの場合はシールで保護してから脱毛の施術をします。

シミやそばかすがあっても安心して脱毛できるオススメのクリニック

ご紹介したように、シミやそばかすがあっても脱毛をすることは可能です。どのクリニックでも大手なら安心して脱毛ができますが、中でもアフターケアなどが充実しており、安心して脱毛ができるオススメのクリニックをご紹介します。

おすすめの脱毛クリニック

  • リゼクリニック・・・脱毛専門サロンで、アフターケアなどのサービスが充実していると話題のクリニック
  • アリシアクリニック・・・脱毛に力を入れており、人気も高いので信頼性が高いクリニック
  • 湘南美容外科クリニック・・・脱毛を含め症例数が日本内でもトップクラスの美容外科。最大手なので安心できる

シミ・そばかすがあってもレーザー脱毛は出来る

シミやそばかすあっても、よほど濃いシミや施術したい部分全体にシミが広がっていなければ、レーザー脱毛はできます。もし問題があってもクリニックでは医師の指示のもとに適切な対応策が用いられ、問題なくレーザー脱毛ができるので安心です。

また、レーザー脱毛ではシミやそばかすが出来てしまう可能性も、消えたり薄くなる可能性もどちらも考えられます。これは元々あるシミやそばかすの濃さ・施術を受ける方の肌質・照射するレーザーの種類や出力数などによって変わります。

実際にやってみないと解らない部分もありますが、どのクリニックでもきちんとシミの状態や肌質をチェックをしてからレーザー脱毛を行ってくれます。その都度最適な対処法を取ってくれるので安心していいでしょう。

もしシミやそばかすについて何も聞かれなかった場合は、カウンセリングの際にきちんとシミやそばかす、ホクロなどの気になる部分があることを伝えるように心がけておくとトラブルを防ぐことができます。

今回のまとめ

シミ・そばかすがあってもレーザー脱毛は出来るから、悩んでないでまずは相談すること

  • シミそばかすがあっても基本的に脱毛は出来る
  • ほくろにはシールを貼って脱毛することでやけどしないようにする
  • 脱毛することでシミが出来ることが稀にあるし改善することもある
  • 脱毛後はアフターケアは絶対にすること

-不安・疑問
-, , , ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.