不安・疑問

キッズ脱毛はいつから可能?小学生も出来る?子共脱毛の流行の理由や安全に脱毛出来るところは?

更新日:

近年、子ども脱毛・キッズ脱毛が流行中でテレビ含む各メディアで子どもの脱毛が話題にあがっています。

需要が多くなってきているため、サロンやクリニックでも専用のコースが設けられていて、子どもの脱毛はかなり広まってきていると感じられます。

女の子のお子さんをお持ちの方で、子どもの脱毛はするべきなの?子ども脱毛ってどんなものなの?と疑問を感じている方も多いでしょう。

今回のテーマ

  • キッズ脱毛流行の理由
  • キッズ脱毛は何歳から出来るのか
  • キッズ脱毛の気になる危険性や注意点
  • サロンとクリニック、どちらでキッズ脱毛するべきか
  • キッズ脱毛が出来る脱毛機関について

今回は上記のテーマに沿ってキッズ脱毛について詳しくご紹介していきます。

Contents

キッズ脱毛が流行している?!

キッズ脱毛の流行は今、テレビでも取り上げられるほどです。脱毛は大人がするものであり、子どもの脱毛というのは考えられない、という驚きの声も多数みられます。

今なぜキッズ脱毛が流行しているのか、その理由について調査してみました。

様々な理由で脱毛をしたいと考えるキッズが増えている

キッズ脱毛を希望する子どもが多い理由には以下のようなことが挙げられます。

キッズ脱毛を希望する理由

  • スイミングやバレエなどの習い事
  • 学校のプールでムダ毛が気になる
  • キッズモデルを目指している
  • 周囲が脱毛しているから
  • SNSで見た目が気になり始める

中には海外留学や海外の文化に触れることで脱毛に興味を持つという子供たちもいるようです。

毛深いことで周囲にからかわれるという経験も…

テレビなどのメディアの中では「イマドキ女子小学生の身だしなみ」「JSの女の子は脱毛が当たり前!」といった形で紹介されることが多く、オシャレや美容の一環で小学生から脱毛をしている子どもが多いように見えます。

そのため、早くから脱毛をすべきではない。子どもは子どもらしく…といった意見もあります。

しかし実際には、キッズ脱毛を希望する子どもの多くが「毛深いことをからかわれてしまった」「毛深いことを理由にいじめにあった」「どうしても周囲の目が気になる」といったデリケートな悩みが理由で脱毛を決断しています。

キッズ脱毛はコンプレックスを改善するといった「治療」目的で脱毛するケースの方が多く、美容目的で脱毛をするケースは少ないです。

脱毛の低価格化がキッズ脱毛流行の理由になっている

脱毛は数年前まではかなり高額のケアであり、100万円かかるということもよくありました。

しかし現在では100万円もかかってしまうということはほとんどありません。大人の脱毛でさえ30万~40万程度が相場と言われているため、かなり低価格で脱毛が出来るようになってきています。

脱毛そのもののハードルが下がってきているため、子供が悩んでいるなら脱毛してあげてもいいかな…と考える親が増えているのでしょう。

実際にお試しコースなどは1,000円以下という低価格で体験することが可能なサロンが増えているので、一度子どもに試してみてあげたいと考える親はかなり増えているようです。

キッズ脱毛は賛否両論?

上記でも触れたように、キッズ脱毛はメディアでの取り上げられ方も関係しているのか、賛否両論の意見があります。

上記のように「子供には早い」「高額の脱毛を早くからさせるなんて親が甘い」といった意見も少なくはありません。確かに、美容目的での脱毛は小学生には少し早いでしょう。

しかし本人がムダ毛に関して悩みを持っていて、脱毛することで悩みが改善されるのなら脱毛はしたほうが良いと考えます。

何故なら、ムダ毛の自己処理はアフターケアや正しい方法での処理をしないと、肌を傷つけてしまうからです。

多くのムダ毛が気になっている子供たちは自分で処理をしているようですが、カミソリ負けをしてしまったり、頻繁にカミソリで処理をすることで色素沈着を起こしてしまったり、埋没毛になってしまう…といったトラブルを経験しています。

ムダ毛が一番気になる年代は10代だというアンケート結果も出ています。一番ムダ毛が気になる時期に脱毛しておくのは、悩みを解消できるという点でもメリットが非常に大きいと考えられます。

「脱毛はコンプレックスの解消のために行うもの」と考えている方の多くは以下のように、肯定的な意見をもっています。

メリットデメリットの比較

賛否両論の意見があることを踏まえて、キッズ脱毛のメリットとデメリットを比較してみました。

比較 内容
メリット 自己処理によるトラブルを防ぐことができる
自己処理で肌を傷つけず、キレイに保つことができる
悩みを解消できる
周囲の目を気にしなくて済む
デメリット お金がかかる
脱毛に通う時間がかかる
アフターケアを怠るとトラブルが起きる可能性がある
一度脱毛してもまた生えてくる可能性がある

お金がかかることはもちろん、大人でもやけどなどが起きる可能性があるのである程度のリスクはあります。

しかしキッズ脱毛では弱い力のレーザーを使ったり、痛みを感じない方法での脱毛になります。

レーザーの力を把握するために保護者にも同じ出力のレーザーを一度試してもらうというサロンもあります。痛みが無いということはやけどなどのリスクもその分小さくなるので、安全面での問題が起きる可能性は低いと思っておいていでしょう。

ある程度のリスクが起きる可能性は0%は言えないものの、ムダ毛で悩んでいてそれが解消できるのなら、キッズ脱毛はとてもメリットが大きいと言えるでしょう。

何歳からキッズ脱毛ができる?小学生でもOK?

そもそもキッズ脱毛は何歳からできるのか、小学生でも脱毛はできるのか…キッズ脱毛を行っている各サロンやクリニックでは何歳から脱毛可能になっているのかを調査しました。

最年少は2歳!小学生向けのキッズ脱毛は増えている

サロンによっては年齢の制限を設けておらず、最年少の顧客が2歳だというところもあります。キッズ脱毛の需要が多く、小学生向けに専用のプランを打ち出しているサロンも増えてきています。

脱毛大手の年齢制限一覧

大手サロン・クリニックの中では上記の3つが子供向けプランを用意しています。その他のサロンでは基本的に生理が順調に来始めてからの脱毛を推奨しています。

ディオーネは非常に低年齢でもOKとなっていますが、実際のところ3歳で脱毛に通うのはかなり大変です。相当毛深くない限りは、ちゃんと脱毛の施術が受けられる小学生くらいになってからの脱毛がオススメです。

キッズ脱毛で人気の部位は?

大人の場合は全身脱毛が人気ですが、キッズ脱毛では特に露出が多い部位が人気です。美容目的ではなく悩みの解消を目的として脱毛する子どもが多いので、全身ではなく気になる部位だけを脱毛するというケースがほとんどです。

子供脱毛で人気の部位

  • ワキ
  • 鼻下
  • ひざ下・ひじ下

ワキ

年齢が上がってくると気になる部分です。プールはもちろん、夏場薄着になると気になってきますし、バレエなどの習い事をしている子どもは特に気になる部分です。

自己処理をすると埋没毛となってぽつぽつと目立って逆効果になってしまったり、色素沈着をしてワキが黒ずんでしまうといったトラブルが起きることもあります。

鼻下

顔の中でも特に目立つ部分で、「ヒゲ」と言われてからかわれる…という子どもも少なくないと言われています。

ひざ下・ひじ下

服を着ていてもひざ下やひじ下は露出した状態でいることがほとんどです。プールなどの時に限らず、体操服などで半そで半ズボンになると見えますし、習い事の服装で常に露出する部分なので気になってしまうという子どもも多いです。

「すね毛」「腕毛」といってからかわれてしまい、悩んでいるという子もいます。

キッズ脱毛の流れや詳細

キッズ脱毛はどのように行って、何回通う必要があるのか…キッズ脱毛の基本的な情報をまとめました。

流れ:大人の脱毛と基本は同じ

キッズ脱毛も大人の脱毛とほとんど同じ流れになります。

①カウンセリングを受ける
②着替えてジェルを塗る(機器によってはジェルが不要なケースもあります)
③脱毛の施術を行う
④アフターケアをする

この一連の流れが基本です。

回数:キッズ脱毛は6回以上が目安

キッズ脱毛専用のプランを用意しているサロンやクリニックの場合は、6回のコースプランを用意しているところが多いです。大人の場合はサロンで12回以上、クリニックで6回以上の脱毛をしなければ満足のいく結果にはならないと言われています。

子どもも同様の回数脱毛しなければツルツルになるということはほとんどないでしょう。

しかし、「毛が目立たなくなればいい」「ツルツルにする必要はない」「自己処理が楽になる程度で良い」と考えている方が多いため、サロンでも6回程度で満足できる結果になるケースが多いです。

同伴:15歳までは親が同伴する

サロンやクリニックによって細かい違いはありますが、基本的に15歳までは親が同伴しなければ脱毛できません。トラブルが起きる可能性もありますし、低年齢のうちは一緒に行くことが条件だと考えておきましょう。

15歳以上になると、初回のカウンセリングだけ同伴すればあとは1人で通うことができる場合や、同意書があれば親の同伴が不要だというケースも多いです。

自己処理での脱毛方法との比較

ムダ毛を処理する方法には他にも様々なものがあります。本当にサロンやクリニックでの脱毛が子どもに適しているのか…と気になる方も多いでしょう。

そこまでムダ毛で悩んでいるわけではない…という場合は、脱毛サロンやクリニックではなくムダ毛ケアアイテムの使用で改善できる場合もあります。まだ少し迷っているという方はチェックしておきましょう。

抑毛ローション・抑毛クリーム

子どもにもおすすめ出来る脱毛方法としてよく挙げられるのが抑毛ローションや抑毛クリームの使用です。毛が生えてくる力を弱くする作用があるので、徐々に効果が出てきて、毛が細く・薄くなるというものです。

劇的な効果はなく、大体「薄くなってきたかな?」と実感するのに2ヶ月~3ヶ月かかると言われています。この期間も確実なものではありませんし、3ヶ月経って効果が出てきたとしてもサロンやクリニックでの脱毛と比較すると「ムダ毛が全く気にならなくなる」というレベルにまで抑毛することは難しいでしょう。

「少しムダ毛が気になっているが、カミソリでのケアだと肌を傷つけてしまう。肌を傷つけずにムダ毛のケアをしたい」といった場合にはオススメですが、ムダ毛に悩んでいて一刻も早く改善したいと考えている方にはあまりオススメできません。

そこまで深刻でない場合はまず抑毛ローションから試してみてもいいかもしれません。

カミソリ

ハッキリと言ってしまうと、カミソリでの処理は子どもにはできるだけ避けて欲しい処理方法です。重要すぐにムダ毛が目立たなくなりますが、デメリットがかなり多くオススメできません。

カミソリ処理のデメリット

埋没毛ができて黒いぽつぽつが目立ってしまう

肌が傷ついてしまう

その他

  • かぶれ等トラブルが起きることがある
  • カミソリ負けすると傷ができてしまう
  • 繰り返し処理をすると色素沈着してしまう

カミソリを使用する前にクリームやローションなどを使えばある程度肌へのダメージは抑えられますが、それでも肌をかなり傷つけてしまいます。

すぐにでもムダ毛を目立たなくしたい、明日は発表会だから剃っておきたい、といったケースの場合はできるだけ肌を傷つけないようにカミソリで処理してもいいでしょう。ですが、日常的な処理方法としてはオススメできません。

毛抜き

毛抜き

肌を擦ることが無いのであまり肌へのダメージは無いのでは?と思われる方も多いのですが、毛の根っこを包んでいる「毛包」という部分がかなり大きなダメージを受けてしまい、埋没毛になったり短く毛が切れて黒ずんで見えるといったデメリットがあります。

抜くと毛周期が乱れることにもつながるので一番オススメできない処理方法です。

電気シェーバー

カミソリに比べると肌への刺激は弱いのですが、やはりデメリットが多くオススメできる処理方法ではありません。

  • 浅く剃るため毛が残ってポツポツと目立ってしまうことがある
  • 浅く剃るから毛が目立ち始めるのが早く、処理の頻度が増える

今すぐムダ毛を処理したいという特別な理由(プールの授業前や習い事の発表会前など)がある場合は使用してもいいと思いますが、日常的なムダ毛処理方法として利用するのは避けたほうがいいでしょう。

悩んでいるならサロン・クリニックでの脱毛がオススメ

子どもにとってムダ毛の自己処理はとても面倒ですし、十分にケアをするように促したとしてもやはり大人と比べると上手く処理できない可能性が高いです。

親がやってあげるとしても週に何度も電気シェーバーで剃るなんてことは大変ですよね。

抑毛ローションなら塗るだけなので負担をかけずにケアできますが、ムダ毛が濃い場合は効果が出づらいです。

また効果が出るまでにかなりの時間がかかってしまうことや使用を止めると元通りになってしまうというデメリットが気になってしまいます。

もし効果が出なければ意味がありませんし、使ってみないと効果が出るかどうかわからないというのは大きな欠点です。

ちょっと人より濃い、なんとなく気になるといった程度なら抑毛ローションでも十分に効果が出ると思いますが、「すぐにムダ毛を改善したい」「かなり悩んでいる」「お金がかかってもちゃんと効果が出る方法で脱毛したい」と考えているならサロン・クリニックでの脱毛の方が適しています。

危険性はないの?キッズ脱毛の注意点

キッズ脱毛を受けさせたいと考えている方が一番気になるのは子どもが脱毛することに危険性はないかどうか、という点です。

結論から言えば危険が及ぶということはまずありません。しかしいくつか注意しておかなければならない点があるので、脱毛をする前に必ず確認しておきましょう。

ホルモンの関係でまた生えてくることがある

子供のうちに脱毛したからと言って、大人になっても毛が生えてこないというわけではありません。大人になるにつれてまた別の毛穴から毛が生えてくることがあります。

脱毛が一度完了しても「永久脱毛」できたというわけにはいきません。成長するにしたがって毛はまた生えてくると思っておきましょう。

ですが、一度脱毛が完了した毛からはもう毛は生えてこないので、まったく脱毛していない人と比べると生えてくる毛の量はかなり少なくなっていると言えます。大人になってからも処理がかなり楽になるので肌を不用意に傷つける心配も少なくなるでしょう。

皮膚がデリケートなため、やけどのリスクがある

脱毛をするとやけどや赤みといったリスクが出ることがありますが、子供の場合は大人に比べて皮膚がデリケートであるため、そのリスクが高まると考えられます。

しかし子供向けの脱毛プランを用意している大手サロンやクリニックの場合は痛みがほとんどなくやけどなどのリスクが限りなく低い脱毛機器を使って施術を行います。そのためやけどなどの副作用の心配はかなり少ないと思っておいていいでしょう。

念のため、アフターケアや設備が充実している大手の脱毛機関での施術をオススメします。

日焼け対策が大変

脱毛後の肌はデリケートになっているので日焼けをしてはいけません。脱毛直後に日焼けをしてしまうと皮膚が赤くなったり発疹が出るといったトラブルが起きる可能性があります。

大人の場合はこまめに日焼け止めを塗ったり、紫外線対策をすることでトラブルを防ぎますが、小さい子供の場合は日常的に日焼け対策に気を使うのは大変です。

学校によっては日焼け止めクリームを持ち込んで使用することができないといったケースもありますし、野外で遊ぶ機会の多い子どもは、たくさん汗をかいて日焼け止めがすぐに落ちてしまうこともあります。

子供自身が日焼け対策をしっかりできる年齢であり、本人が強い意志を持っているなら特に問題はないでしょう。親がしっかりサポートしてあげてトラブルが起きないように注意してあげることも大切です。

また、脱毛を夏の時期を避けて行うというのも1つの方法です。どうしても夏は他の季節よりもしっかり紫外線対策をしないと日焼けをしてしまうので、秋~梅雨ぐらいにかけて通って脱毛が完了するようにスケジュールを組めば必要以上に日焼けに気を使わなくてもよくなります。

月経を迎えると毛が薄くなることがある

ホルモンバランスの関係で、月経を迎えると毛が薄くなることがあります。初潮は一般的に10歳~13歳。このあたりの年齢でまだ月経が来ていないという場合は、少し様子を見て月経が来てから毛が薄くなるかどうかをチェックしてもいいでしょう。

しかし、月経がくるまで待てない、すぐにでも改善したいと考えているという場合は脱毛を早めに行うことをオススメします。

キッズ脱毛はサロン?クリニック?どちらがいいの?

キッズ脱毛を受けさせたいけど、どこで受けさせた方がいいのか…。できるだけ安心できるサロンやクリニックで脱毛をしたいですよね。

脱毛をする機関は大きく分けるとエステサロンか美容皮膚科などの医療機関の2種類があります。キッズ脱毛をするならどちらの方が適しているのか比較してみました。

サロンとクリニックのメリット・デメリットの比較

サロン脱毛 クリニック脱毛
メリット 店舗が多く通いやすい

価格が安い

気軽に試すことができる

医師による施術が受けられる

軟膏などを処方してもらえる

サロンよりも早く脱毛が完了する

デメリット 効果が薄いことがある

長く通う必要がある

価格が高い

地方には院が無い場合もある 

サロンとクリニックにはいろいろな特徴がありますが、大人の脱毛の場合は、以下の基準でサロンかクリニックかを選択することをオススメしています。

  • 時間がかかっても安く脱毛したい・・サロン脱毛
  • お金がかかっても早く脱毛したい・・クリニックでの脱毛

子どもの場合も同じで、安さや手軽さ、通える範囲にサロンがあるかどうかといった点を重視するのであればサロン脱毛がオススメ。

金額が高くても、医師による施術をうけたい。できるだけ早く効果を実感したい。という場合はクリニックでの脱毛がオススメです。

こんな人にはサロンがオススメ

サロンが適しているケース

  • あまり高額のお金は出せない
  • 近くに子どもの脱毛が出来るクリニックが無い
  • まずは手軽にお試しコースから始めてみたい
  • とりあえずムダ毛が目立たなくなればいい

子どもの場合はホルモンの関係でまた生えてくることがありますし、「完全にツルツル」という状態ではなく「ムダ毛が目立たない」レベルにまで脱毛出来ればOKだと考えている方が多いです。

そのためレーザー脱毛より効果が薄いと言われているサロン脱毛でも十分に満足できる結果を得られるでしょう。

こんな人にはクリニックがオススメ

クリニックが適しているケース

  • もしもトラブルが起きたときのことを考えると心配
  • サロンよりも医療機関の方が安心できる
  • とにかく早く、確実に効果のある脱毛を希望している
  • 金額はあまり気にしていない

クリニックでの脱毛はより強い出力のレーザーを使用できるため、効果も高く、早く満足のいく結果を出すことができます。

大人には強い出力で脱毛する場合であっても、子どもに施術する場合は痛みを感じない程度まで出力を下げてくれるので危険性はありません。

やけどを抑える薬の処方や医師による施術はかなり安心できます。予算がある程度用意できるならクリニックがオススメです。

サロンを選ぶ人の方が多い

小学生~中学生くらいの年齢の子どもが脱毛できる医療機関はかなり少なく、現在のところはサロン脱毛を選ぶ人の方が多いです。

「ムダ毛が目立たない程度の効果が出ればOK」という考えを持っている方が多いキッズ脱毛の場合はサロン脱毛の方が低価格で手軽に試すことが可能なので、より多くの親に支持されています。

小学生向けプランがあるサロン・クリニックのコース内容や価格

小学生向けプラン・コースのある大手サロン・クリニックの詳しいコース内容や価格についてご紹介します。

ディオーネ

ディオーネの子供向けプラン

  • 体験プラン
    30分間好きな部位を脱毛し放題 7,560円
    ※中3までの女の子または小3までの男の子が対象
  • 部位別のプラン
6回
12回
ワキ
15,000円 24,000円
鼻下
15,000円 24,000円
ひじ下
36,000円 60,000円
ひざ下
42,000円 72,000円

ハイパースキン脱毛という痛みが無く、肌ダメージが無い機器で脱毛を行います。実際にどのくらい痛みが無いのか保護者も体験して安全性を確認出来ます。お手入れの際には必ずサロンへ同伴して送り迎えをする必要があります。

3歳から脱毛可能なサロンなので大丈夫なの?!という声も多いのですが、ディオーネではすでに400人以上の子どもが脱毛していて実績があること、子どもの気持ちに寄り添っていてジェルを温める・特別な美容液を使う・保護者が安心できるカウンセリングの実施といったサービスを行っています。

より実績のあるキッズ脱毛をしているサロンで脱毛したいと考えている方にオススメです。

エピレ

エピレの子供向けプラン

  • 体験プラン
    19部位から選べる2ヶ所脱毛プラン 980円
    両脇脱毛6回プラン 500円
  • 部位別のプラン
6回
12回
ワキ
13,500円 26,400円
鼻下
13,500円 26,400円
ひじ下
26,400円 49,800円
ひざ下
26,400円 49,800円

※鼻下とワキは12回コースならSパーツが1回無料でついてきます。ひじ下・ひざ下は6回コースはSパーツ1回無料・12回コースはSパーツ3回無料がついてきます。

大手サロンTBCの姉妹店であるエピレ。低価格の体験コースがあるので、一度試してみようかな?と思える手軽さが魅力です。

使用している機器はエピレ独自のものです。日本エステティック振興協議会の認証儲けている機器なので安心して脱毛できます。

ムダ毛に悩んでいるものの、なかなか脱毛サロンに行く勇気が出ない、やっぱり不安がある…。という方でもこの初回限定の体験プランなら「一度試してみようかな」と思える価格なのでオススメ。

1回の施術もワキなら8分と短時間で終わるので負担なく脱毛体験ができます。

新宿クレアクリニック

クレアクリニック子供向けプラン

  • 独自のプラン
    ベストチョイス3部位 6回 106,725円
    子どものための痛くない脱毛脇6回コース 18,100円
  • 部位別のプラン
    6回
    鼻下
    25,466円
    ひじ下
    53,266円
    ひざ下
    68,429円

    ※部位別のプランは大人のプランの10%OFFの価格です

サロンと比べると価格は高いのですが、その分効果も高いのが医療脱毛の魅力です。新宿クレアクリニックはほぼ無痛の脱毛が行えるメディオスターNextという脱毛機器を利用しています。
参考メディオスターNeXTはどんな脱毛機器?

クリニックの雰囲気も落ち着いていて「病院」という雰囲気はありません。アフターケアなどもしっかりしていてクリニックなのでもしトラブルがあってもすぐに対処してもらえます。施術するのも資格を持った医療従事者なので子供も安心して脱毛できます。

まとめ

賛否両論となっているキッズ脱毛ですが、実際には美容目的ではなく治療目的での脱毛をしている子どもたちがほとんどだとご紹介しました。

思春期に差し掛かろうとしている子どもにとってムダ毛の悩みはとても深刻なモノ。たった1人に指摘されただけでも深く傷ついてしまうものです。

ムダ毛に悩んでいるものの親に相談できず、不確かな情報で間違った自己処理をして肌を傷つけてしまう子どもたちは少なくありません。

自分も若いころ、無茶な処理ををして肌が赤くなったり埋没毛になった経験があるというご両親も多いのではないでしょうか。

親が正しいケア方法を教えてあげて、子どもがコンプレックスを解消できるように支援してあげられるのなら、それは否定されることではありません。

子供自身が希望していて、親との意見が一致しているならキッズ脱毛はオススメです。最近はママと子どもが一緒に脱毛に通っているというケースも増えています。

自身も脱毛に興味があるなら親子での脱毛を検討してみてもいいかもしれませんね。

ただしリスクなどもあるため、そのリスクがあることを理解したうえで行うことを忘れないようにしましょう。サロンでもクリニックでも脱毛は最初に必ず無料カウンセリングを行います。

肌質をチェックしたり、脱毛に関する詳しい内容を教えてもらうことが可能なので、まずは一度カウンセリングを親子で受けてみるところから始めてみましょう。

今回のまとめ

子供が悩んでいるなら脱毛してみよう!

  • ムダ毛に悩んでいるならキッズ脱毛はメリットが多い
  • 自己処理で傷つけるよりも脱毛したほうが皮膚にとっても良い
  • 低価格で試せるサロン脱毛が人気
  • 子どもでも痛みを感じず、危険もなく脱毛できる
  • 親子で話しあってカウンセリングを一度受けて脱毛を検討してみよう

-不安・疑問
-, , , , ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.