不安・疑問 脱毛サロンの基礎知識

エステでは白髪を脱毛できない!?白髪を光脱毛でキレイにする方法とは?

更新日:

現在脱毛の主流は脱毛サロンの光脱毛とクリニックの医療レーザー脱毛です。その中で、痛みが少なく、費用も手頃で人気なのが光脱毛です。ところがこの光脱毛にも弱点があります。

それは光脱毛では白髪を脱毛することができない白髪を脱毛しづらいということです。ではなぜ白髪があると光脱毛できないしづらいのでしょうか。

その原因などを踏まえつつ、白髪があっても光脱毛で綺麗にする方法を詳しく解説していきます。

白髪が光脱毛できない理由とは

従来の光脱毛では白髪を脱毛することができませんでしたそれは光脱毛のメカニズムによるものです。まずは光脱毛の原理から見ていきましょう。

光脱毛のメカニズム

光脱毛では「レーザーの光が黒い色に反応する」という原理を使って脱毛が行われます。レーザーの光を照射し、毛の中のメラニンという黒い色素に熱を持たせて毛根にダメージを与えることでムダ毛を処理していきます。

ところが白髪にはこのメラニンという黒い色素が存在せず、レーザー光を照射しても毛根が反応せず処理することができません。このため光脱毛では白髪を脱毛することができないのです。

またこの原理は医療レーザー脱毛においても同じなので、光脱毛よりも強い光を照射する医療レーザー脱毛であっても白髪を脱毛することはできません。

黒く染めたら脱毛できる?

では白髪を黒く染めてしまえば脱毛できるようになるのでしょうか?残念ながら答えはノーです。

たとえ白髪を黒く染めても、実際に染まっているのは皮膚の表面に出ている目に見える部分だけで肝心の毛根は白いままです。また脱毛前には皮膚がやけどを負うのを防ぐために表面に出ているムダ毛を剃ってしまうため、結局残るのは皮膚の下の白い部分だけに。

これではせっかく白髪を黒く染めたとしても全く意味がなくなってしまいます。

白髪について考える

多少の個人差が見られるものの年齢を重ねるとともに白髪が生えてくるのは自然なことです。そして頭髪の次に白髪になりやすいのがVIOゾーンと言われています。

白髪が生えてくるのはどうしてなのか?アンダーヘアに白髪が生えてきたらどうしたらいいのかについて考えます。

なぜ白髪になってしまうのか

体毛は毛根の中の毛母細胞というところで作られ、もともとは白い色をしているのですが、ここにメラニン色素が入ることで黒い毛になります。

ところがこのメラニン色素を生成する「メラノサイト」と呼ばれる細胞の働きが低下したり、メラニンの生成を助けるチロシナーゼという酵素の働きが低下したりすると、メラニン色素がうまく生成されなくなってしまい、体毛が黒くならず白いままで残り白髪になってしまうのです。

このメラノサイトとチロシナーゼの働きが低下する原因としては老化・栄養不足・生活習慣の乱れ・ストレス・遺伝・病気や薬の副作用などがあげられます。

このうち老化が原因の場合は残念ながらもとには戻せませんが、老化のスピードを緩めることによって白髪の増えるスピードを遅くすることはできます。

また原因が食事や生活習慣にある場合は、それを改善すればまたメラノサイトやチロシナーゼの働きを活発化することができ、白髪を減らすことができます。

髪に必要な栄養素を含むバランスの取れた食事を摂る、また質の良い睡眠を心がける・ストレスをため込まない・喫煙やアルコールの過剰摂取に注意するといった生活習慣の見直しによって白髪を改善することが可能になるのです。

早いうちに白髪に気づいて改善することができれば脱毛方法に悩まなくてもいいかもしれません。

白髪をどう処理するか

ではアンダーヘアに白髪が生えてきたらどうやって処理したらいいのでしょう? 根元でカットして目立たなくする・染める・毛抜きで抜くなども考えられますが、デリケートな部分だけに細心の注意が必要です。

VIOゾーンは皮膚が薄く、痛みを感じやすい部分です。また色素沈着しやすいといったこともあるので頭髪用の白髪染めは使えません。また毛抜きで白髪を抜いてしまうと、抜いた後が炎症を起こしたり、生えてきた毛が埋没毛になってしまったりする可能性が高いため毛抜きで抜いて処理するのは絶対にNGです。

いちばんキレイに処理できるのはやはり脱毛ということになりますが、白髪を脱毛する場合はきちんと白髪に効果の出る脱毛法を選ぶ必要があります。

先述のようにレーザーの光を照射してメラニンに熱を持たせるという光脱毛や医療レーザー脱毛方式では白髪を処理することができません。そこでオススメなのがニードル脱毛とハイパースキン脱毛という手法です。

白髪でもできる脱毛とは?

現在白髪を脱毛できる方法は、ニードル脱毛だけとなっています。と最新のハイパースキン脱毛の2種類があります。この2つの脱毛方法、ニードル脱毛とハイパースキン脱毛の特徴と、

白髪を脱毛する場合は、ニードル脱毛と光脱毛を組み合わせた併用法がオススメです。詳しく見ていきましょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛とはその名のとおり毛穴に針を差し込み、電気を通すことで毛根を処理する方法です。この方式ならば毛が黒くても白くても関係がなく、確実に白髪を処理することができます。

また電気で毛根を焼いてしまうため、毛が新たに生えることはありません。いちど処理してしまえば永久に効果が持続します。

ですがこのニードル脱毛にはいくつか難点があります。最大の難点は痛みが強いということです。

毛穴に針を差し込むのですから仕方ありませんが、痛みに耐えられず途中で断念してしまう人も少なからずいるようです。また施術者の技術によるところも大きく、内出血や皮膚の赤み、肌の炎症、かさぶたといったトラブルも聞かれます。

また1本1本処理していくため時間がかかる、費用がかさむのも難点です。

光脱毛とニードル脱毛の併用

このニードル脱毛の難点を補う方法として、光脱毛との併用法があります。黒い毛は従来の光脱毛で処理し、白髪だけをニードル脱毛で処理する方法です。

この併用法であれば、すべてをニードル脱毛で処理する場合に比べて痛みもかなり軽減され、脱毛期間もより短く、費用についても抑えられるという利点があります。

ハイパースキン脱毛

最新のハイパースキン脱毛と呼ばれる脱毛法は、毛根を処理するのではなく、皮膚の下の「バルジ領域」と呼ばれるところにある「発毛因子」に36~38℃の熱を当てて処理することで、これから生えてくる毛を無くすという脱毛方法です。毛根が黒くても白くても関係がないので、白髪でも脱毛することができます。

この脱毛法の最大の利点は痛みが少ないことです。低温で処理できるためやけどの心配もありません。また毛周期に合わせて脱毛する必要がないので短期間で脱毛でき、費用も光脱毛と変わらないという利点があります。

ただしこのハイパースキン脱毛は、今生えている毛を処理するのではなくこれから生える毛を無くすという脱毛法なので、効果が目に見えるまでに時間がかかります。そのため今すぐキレイにしたいという方には不向きな面もあります。

ただ、白髪をキレイに脱毛するという点では、ハイパースキンが最も痛みがなく、確実に処理できるという点ではおすすめの脱毛法です。

ハイパースキン脱毛はエステサロンでも行える脱毛方法です。取り扱っている脱毛サロンにはカレン・ディオーネがあります。共に白髪の脱毛もOKとなっています。

ただし、前述時多様に黒いムダ毛に比べて脱毛に時間や回数がかかることが多く、脱毛後に白髪が再び生える可能性もあるということを理解しておきましょう。
※ハイパースキン脱毛は白髪脱毛に適しておりません。2017.09.06に上記内容を大幅に修正

白髪で悩まないために

頭髪が白髪になっても染めて目立たなくすることができますが、ムダ毛はそういうわけにはいきません。脱毛という観点から考えると、白髪になる前からの準備も大切なのです。

アンダーヘアも白髪になりやすいことを知っておく

頭髪の次に白髪になりやすいのはアンダーヘアだという事実はあまり知られていないようで、実際にアンダーヘアが白髪になったのを見てショックを受けるという方が多いようです。

「頭髪の次にアンダーヘアが白髪になりやすい」このことを心にとめて、その時に備えてしっかり考えてくことが大切ですね。

毛が黒いうちに脱毛してしまう

「アンダーヘアが白髪になりやすい」「白髪を脱毛するには脱毛方法が限られる」ということをふまえて、白髪になる前に脱毛を完了させておくのも一つの手です。

毛が黒いうちなら、痛みの比較的少ない、費用の手頃な光脱毛で十分に処理することができます。

白髪になる前にデリケートなVIOゾーンの脱毛を完了しておけば、白髪になってから処理に困る・悩むということはありませんね。

白髪でも脱毛できるサロン

サロンで白髪を脱毛したいのなら、選択肢としてはニードル脱毛を行っているサロンに通うという方法があります。

ハイパースキン脱毛が最も現実的です。数が少ない場合はニードル脱毛も検討してみるといいでしょう。

この2つの脱毛方法を行っている脱毛サロンをご紹介します。

ニードル脱毛

1本1本を確実に脱毛することができる方法。現在では白髪を脱毛できる唯一の方法となっています。

白髪の脱毛には最も適しています。

エステティックTBC

TBCスーパー脱毛

確実に白髪を脱毛したい場合は、エステティックTBCの「スーパー脱毛」という電気脱毛がオススメです。現在のところ大手サロンでニードル脱毛を取り扱っているのはエステティックTBCのみです。1本ずつ確実に脱毛していくので、白髪の本数が少ない場合は高いコスパでしっかり脱毛ができます。ただし痛みは少し強いというデメリットがあります。

ハイパースキン脱毛

ニードル脱毛と比べると白髪が脱毛できない可能性や時間がかかり過ぎることもあるので、「確実に白髪を脱毛できる」とは言えません。しかし低価格で白髪が脱毛できることもある方法としてオススメです。まずはこちらから試してみて、脱毛できなかった場合はニードル脱毛を検討するというのも1つの方法になります。

ディオーネ

痛くない脱毛として高い人気のある脱毛サロン。全国120店舗があり通いやすいというメリットがあります。

エステサロンカレン

子供でも脱毛できるほど安心・安全な脱毛サロン。脱毛器メーカー直営のサロンで予約が取りやすく人気があります。
※2017.09.06に上記内容を大幅に修正

ハイパースキン脱毛では白髪は脱毛できない

以前はディオーネやエステサロンカレンなどメラニンに反応するのではなく、毛のバルジ領域という部分に反応する「ハイパースキン脱毛」という方法なら白髪に効果があると言われていました。

実際にサロンのHPなどに「白髪も脱毛できる」と記載されていたこともあったようです。

しかし実際には白髪への効果は実証されておらず、現在は「白髪も脱毛できる」という記載は削除されています。

理論上は白髪でも黒髪でも関係なく脱毛ができると思われますが、効果はほとんどないものだと考えておいた方がいいでしょう。

光脱毛で白髪のある部分を脱毛する唯一の方法はニードルとの併用

ご紹介してきたことをまとめると、白髪の脱毛に効果があるのは現在のところニードル脱毛のみです。

光脱毛ではどの機器でも白髪を効果的に脱毛することはできません。

白髪のある部分を光脱毛で処理したいという場合は、

光脱毛でお手入れが不用意なるまでしっかりと処理をして残った白髪をニードル脱毛で処理するという方法が唯一の方法となります。

白髪がある人にもオススメの光脱毛

後で残った白髪をニードル脱毛で処理するということを考えると、白髪以外の部分はできるだけスピーディかつ低価格に脱毛をしておきたいですよね。そこでオススメの脱毛サロンをご紹介します。

  • 脱毛ラボ…光脱毛の中でも最もハイスピードで脱毛が完了するサロンです。ハイペースで通えるという方には最適です。
  • 銀座カラー脱毛し放題コースがあり、コスパが高いサロンです。ニードル脱毛をしながら同時に通うという方法もオススメです。
  • キレイモ…全身脱毛専門のサロン。コスパが高く、全身をしっかり処理したい方にオススメです。月額制プランでは2ヶ月に1回通うことができます。

まとめ

残念ながら白髪になってしまうと光脱毛で脱毛することが難しくなります。前もって白髪にならないよう生活習慣等に気をつける、白髪が出る前に脱毛を完了させるといった対策を取っておくことも大事です。ただ白髪になったとしてもニードル脱毛やハイパースキン脱毛ならキレイに脱毛することができます。

光脱毛をしながらニードル脱毛で白髪だけを処理したり、先に光脱毛で白髪ではない部分をしっかり処理してから残った白髪をニードル脱毛するといった方法を取りましょう。

VIOは意外に白髪になりやすい部分ですが、通常の脱毛でも痛みを感じやすい部分なのでニードル脱毛をすると負担が大きくなってしまいます。まだ白髪がない、白髪が少ないという方は今のうちにVIOを脱毛しておくことをオススメします。

最新・高性能のハイパースキン脱毛なら白髪の有無や量にかかわらず処理が可能なうえ、痛みが少ない状態で脱毛が可能です。ニードルの場合は費用が高く痛みも激しいので、ハイパースキンで脱毛するのが良いでしょう。白髪だからと言って諦めことなく、ハイパースキンを導入しているエステサロンなどに相談してみましょう!

-不安・疑問, 脱毛サロンの基礎知識
-, ,

Copyright© 脱毛の教科書 , 2018 All Rights Reserved.